渡辺篤史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わたなべ あつし
渡辺 篤史
本名 渡辺 篤史(同じ)
生年月日 1947年11月28日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 茨城県下妻市
国籍 日本
血液型 AB
職業 俳優タレントナレーター神戸芸術工科大学環境・建築デザイン学科客員教授
ジャンル ナレーターリポーターテレビドラマ映画
活動期間 1960年 - 現在
活動内容 1958年劇団若草入団
1960年:ドラマ『にあんちゃん』でデビュー
1968年:若草退団
1970年代 - :多数のテレビドラマ・映画に脇役として出演
1989年 - :『渡辺篤史の建もの探訪
配偶者 あり(1982年 - 現在)
著名な家族 長女、二女
事務所 I・T企画
主な作品
テレビドラマ
必殺仕置屋稼業
必殺仕業人
必殺渡し人
暴れん坊将軍IV
映画
幕末
がんばれ!若大将
ビルマの竪琴
丹下左膳 百万両の壷
情報番組
渡辺篤史の建もの探訪

渡辺 篤史(わたなべ あつし、1947年11月28日 - )は、日本俳優タレントナレーター。本名、同じ。所属事務所劇団若草→グループ71→ぷろだくしょん「道」→フリーポート→バーンズ→I・T企画

来歴・人物[ソースを編集]

茨城県下妻市生まれ。幼少時代に両親が離婚、母方に引き取られて育つ。小学3年のときに上京、5年のとき茨城なまりを矯正するため、劇団若草に入団。1960年フジテレビのドラマ『にあんちゃん』でデビュー。翌1961年、同じくフジテレビ『三太物語』に主演、子役として人気を獲得。以降、多数のテレビドラマ、映画に出演、地味な印象ながらも個性的な脇役として多彩なジャンルの作品で活躍した。日本大学文理学部国文学科中退。既婚、二女あり。

近年はテレビの情報番組旅番組ドキュメンタリー番組、テレビCMのナレーター、リポーターとしての活躍が多く、1989年テレビ朝日系列でスタートした『渡辺篤史の建もの探訪』は、毎週ユニークな一戸建てを紹介する住宅情報番組で、2009年3月には20周年を迎えて長寿番組の仲間入りとなった。彼自身はこの番組で出会ったユニークな家を参考に自宅を建てている。

2010年4月から2014年3月まで、神戸芸術工科大学の環境・建築デザイン学科の客員教授を務めた。

趣味はオーディオ陶芸建築。得意なスポーツは、ボクシングテニス。特にテニスの腕前はプロ級といわれるほどである。 小説家の長塚節は親戚である。

エピソード[ソースを編集]

  • 大学2年のときに当時としては巨額である数千万円の借金を抱えている。母親がある占い師を信じ、株式を購入していくうちに借金が雪だるま式に増えてしまい、さらに渡辺本人も連帯保証人を引き受けてしまった。これにより、彼の自宅は差押えされてしまう。しかし、脚本家佐々木守の助言もあり、上記のとおり、テレビドラマのレギュラー出演を掛け持ちしながら借金を返済。35歳で完済するまで15年かかった[1]
  • 芸能界に大変感謝していると振り返っているが、同時に本人にとっては非常に苦い思い出でもあり、「俳優・渡辺篤史」はあくまで過去のものと決めており、現在の仕事は『建もの探訪』にほぼ一本化している。しかし、『お荷物小荷物』の出演者が2005年神戸で同窓会を開いたときには参加している[2]
  • 渡辺のトレードマークとなっている口髭は、もともと20歳代の半ばにコミカルな演技を強調するためにたくわえたものであるが、『ぶらり信兵衛 道場破り』で「髭の威を借りなくても大丈夫だろう」と剃り落としたら、周囲から反対されたこともあった。このため、付け髭で代用した[3]
  • やはりトレードマークである左ほくろは、新聞や雑誌の広告によっては消えて写っていることもあった。
  • 「建もの探訪」でのリポートの様子は、しばしばモノマネのネタにされる(訪問先の家を褒める決まり文句の「いいですね~」や次の部屋を見せて欲しいという意味の「わかりました」という言葉が使われることが多い[4])。
  • 2007年2月28日に放送された水曜どうでしょう ヨーロッパ20カ国完全制覇~完結編~第7夜において、大泉洋が渡辺のモノマネで「小林製薬の糸ようじ」と連呼するシーンが放送された。このシーンは視聴者から好評を博し[5]、後日小林製薬から大量の糸ようじが水曜どうでしょうの放送局である北海道テレビに届けられたほか、渡辺本人も大泉にビデオレターを送っている。また放送当時、渡辺は小林製薬のCMに出演してはいたが、糸ようじのCMに出演したことはなかった(これについてはモノマネをした大泉自身も放送中に「絶対に渡辺篤史さんは言いませんけど」と発言していた)。しかし放送から3年後の2010年に、渡辺が出演する糸ようじのCMが放送された。このCMの最後では渡辺による「小林製薬の糸ようじ」というナレーションが入っている。

主な出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

※量が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

バラエティ・情報番組・ドキュメンタリー[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

※彼が“建もの探訪”風に悪魔の家を解説する。

著作物[ソースを編集]

音楽[ソースを編集]

  • 海はいつでも(『ゲンコツの海』主題歌・ビクターレコード、1973年)
  • オレについてこい!(『パン屋のケンちゃん』イメージソング、1977年)

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 週刊文春2001年10月11日号「『家』の履歴書」
  2. ^ 志賀信夫著「テレビ番組事始-創世記のテレビ番組25年史-」(日本放送出版協会<NHK出版>、2008年2月 ISBN 414081277X
  3. ^ 朝日新聞1974年7月25日夕刊ラ・テ欄
  4. ^ http://www.zakzak.co.jp/gei/200904/g2009042729_all.html
  5. ^ 「水曜どうでしょう祭 UNITE2013 in Sapporo Makomanai Arena & Stadium」でファン投票によるどうでミー賞名ゼリフ部門第2位に「糸ようじ」が選ばれた。

外部リンク[ソースを編集]