運命峠 (1974年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
運命峠
ジャンル 時代劇
脚本 結束信二
石森史郎
高岩肇
高橋稔
監督 河野寿一
井沢雅彦
斎藤武市
鳥居元宏
井上昭
出演者 田村正和
大谷直子
渡辺篤史
戸浦六宏
渡辺やよい
伊吹吾郎
音楽 宮川泰
製作
プロデューサー 野添泰男、杉井進、田邊孫太郎
制作 関西テレビ、東映
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年10月2日 - 1975年2月26日
放送時間 水曜22:00 - 22:55
放送枠 関西テレビ制作・水曜夜10時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 21

運命峠』(うんめいとうげ)は、東映関西テレビが制作し、1974年(昭和49年)10月2日から1975年2月26日にかけて毎週水曜日22時のから放映された連続テレビ時代劇田村正和主演、全21回。

概要[編集]

柴田錬三郎の原作を映像化。徳川家康の死後、その遺志を受け継いで柳生但馬守は朝比奈源右衛門に、豊臣秀頼の遺児・秀也とその母・桂宮蓮子の捜索を命じた。家康の子として生まれながら、3代将軍・家光と双生児であったため、さすらいの旅を続ける秋月六郎太(田村正和)が、秀也と蓮子を守り、事件の渦中に身を投じていく[1][2]

KTV制作水曜22:00ドラマ最後の作品で、この後フジ水曜22:00ドラマは1991年10月16日開始の『なんだらまんだら』まで16年7ヶ月中断する。

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
  • 浪人・郷原猪十郎:中山仁
  • 南蛮屋宗兵衛:浜田寅彦
  • フローレン神父:エベール
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話


スタッフ[編集]

放映リスト(サブタイトルリスト)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1974年10月2日 天を斬る剣 結束信二 河野寿一
2 10月9日 月明地獄嶽
3 10月16日 血染ケ原の夕陽剣 石森史郎 井沢雅彦
4 10月23日 殺風西に奔る 高岩肇
5 10月30日 華麗なる非情剣 斎藤武市
6 11月6日 みだれ雲、愛と剣 河野寿一
7 11月13日 仇討ち兄妹 石森史郎
8 11月20日 暁の決闘 高橋稔 斎藤武市
9 11月27日 南海の怒涛剣 鳥居元宏
10 12月4日 一殺多生剣
11 12月11日 武蔵野非情 結束信二 河野寿一
12 12月18日 夜霧の江戸
13 12月25日 百万両の遺産 高橋稔 井上昭
14 1975年1月8日 春待つ大奥 高岩肇 井沢雅彦
15 1月15日 母恋い無心剣 井上昭
16 1月22日 姫宮の最期 高橋稔 河野寿一
17 1月29日 地獄むみょうの剣 結束信二 井沢雅彦
18 2月5日 斬風・闇を裂く 高岩肇 河野寿一
19 2月12日 千姫御殿を斬る 高橋稔
20 2月19日 さらば忍者 井上昭
21 2月26日 葵の血の色 結束信二 河野寿一

エピソードなど[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 運命峠”. 東映チャンネル. 2018年9月24日閲覧。
  2. ^ 徳川家康の子でありながら孤高に生きる男 田村正和にしかできないクールな存在感。”.  時代劇専門チャンネル (2015年8月7日). 2018年9月24日閲覧。
  3. ^ 第11話にて、前話から3年が経過したということになり交替。

関連項目[編集]

関西テレビ制作・フジテレビ系列 水曜22時ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
運命峠
(廃枠)
関西テレビ制作・フジテレビ系列 水曜22時枠
特捜記者

特捜記者・犯罪を追え!
運命峠