高岩肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高岩 肇(たかいわ はじめ、1910年11月9日 - 2000年1月28日)は、日本脚本家

東京生まれ。慶應義塾大学卒。在学中から小説『季節の展望』『素質』『新三田派』を発表した。1939年の映画『若き日の感激』で脚本を担当。以後シナリオ作家として活動し、1951年から東映大映を中心に映画脚本を執筆した。

2000年1月28日、腎不全のため死去[1]

脚本[編集]

※は共同執筆

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊シナリオ 2000年4月号

参考[編集]

外部リンク[編集]