紫頭巾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紫頭巾』(むらさきずきん)は、寿々喜多呂九平原作による日本の時代劇作品である。

概要[編集]

紫頭巾は1923年大正12年)7月、マキノ映画製作所製作・牧野省三金森万象共同監督、市川幡谷主演による映画『浮世絵師 紫頭巾』が最初であり、この作品の脚本がこれがデビュー作となる寿々喜多呂九平であったため、以後も紫頭巾各作品は「原作:寿々喜多呂九平」となっている。

舞台は江戸時代天明期、老中田沼意次が幕政を主導していたいわゆる田沼時代。市民を困らせる金権政治を展開し、意次は息子の意知と共に悪徳老中親子としてその名は江戸市中に轟いていた。その汚れた世の中を正さんと、秘剣術『修羅八双』を以ってして悪人たちを成敗する正義の味方『紫頭巾』が現れ、その活躍ぶりは庶民の間で評判になり、紫頭巾は浮世絵師・狩田秀麿と人気を二分する存在となった。その秀麿こそ、紫頭巾の仮の姿だった[1]

映画[編集]

紫頭巾の映画作品は『浮世絵師 紫頭巾』(1923年)、『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾』(1926年)、『佐平次捕物帳 紫頭巾』(1949年)、『紫頭巾』(1958年)、『変幻紫頭巾』(1963年)が製作されている。

1923年版 『浮世絵師 紫頭巾』[編集]

1923年7月9日公開。寿々喜多呂九平脚本,金森万象監督,市川幡谷主演。製作はマキノ・プロダクション(等持院撮影所)[2]。画面展開のスピード感,物語の怪奇ロマン的魅力,虚無的な人物像の生々しさ、真剣を用いた立回りの迫真性などあらゆる点で新鮮さに満ち、大ヒットとなった[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1958年版『紫頭巾』[編集]

紫頭巾
監督 大西秀明
脚本 西川清之
高岩肇
製作 玉木潤一郎
出演者 片岡千恵蔵
片岡栄二郎
山村聰
石井一雄
月形龍之介
里見浩太朗
大河内傳次郎
音楽 高橋半
撮影 三木滋人
編集 宮本信太郎
配給 東映
公開 日本の旗 1958年10月29日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1958年10月29日公開。配給は東映

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

1961年版[編集]

1961年9月21日 - 同年12月28日関西テレビ系列・フジテレビ系列の毎週木曜18:15 - 18:45で放送。全15回。モノクロ放送。任天堂一社提供。唯一の在阪準キー局制作で、児童向け作品として製作された。

本作では紫頭巾は、危機一髪のシーンに尺八を持った謎の虚無僧として現れ、その尺八の音を前ぶれとして紫頭巾に変わり、痛快な活躍を見せるという内容。

なお主演の夏目俊二は、後述の1972年版でも第23話でゲスト出演している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 怪盗まだら頭巾 (1961年9月21日)
  2. 狙われた壱万両 (1961年9月28日)
  3. 渦巻城 (1961年10月5日)
  4. 赤い金将 (1961年10月12日)
  5. 黒い宿場 (1961年10月19日)
  6. 破れた罠 (1961年10月26日)
  7. 謎の挑戦状 (1961年11月2日)
  8. 恐怖の谷 (1961年11月9日)
  9. 江戸の狼 (1961年11月16日)
  10. 爆殺陰謀団 (1961年11月23日)
  11. 飴売り兄妹 (1961年11月30日)
  12. 二人の若者 (1961年12月7日)
  13. 邪剣必殺流 (1961年12月14日)
  14. 忍者の怪盗 (1961年12月21日)
  15. 謎の挑戦状(再放送) (1961年12月28日)
フジテレビ 木曜18:15 - 18:45枠
前番組 番組名 次番組
紫頭巾
(1961年版)

1972年版[編集]

紫頭巾
紫頭巾事件帖
ジャンル テレビ時代劇
放送時間 木曜日20:00〜20:56(56分)
放送期間 1972年4月6日~1972年9月28日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東京12チャンネル(現・テレビ東京)
監督 田中徳三安田公義松野宏軌的井邦雄西山正輝
脚本 鳴滝珊平宮川一郎鈴木兵吾森田新吉田哲郎
プロデューサー 東陽、白石吉之助、藤川忠勝
出演者 浜畑賢吉
和田浩治
東八郎
三谷昇
田坂都
ほか
テンプレートを表示

毎週木曜日20:00~20:56の枠で放送。全26話、カラー放送。主人公の仮の姿の絵師の名前は狩田秀麿であるが、もう一つの名前は「扇喬之介」となっている。

第14話から本作のタイトルが『紫頭巾事件帖』(むらさきずきんじけんちょう)と改題。これと共に、狩田秀麿の役設定が「瓦版屋お抱えの挿絵描き」という形に若干変更されている[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演者
1 1972年4月6日 人肌京人形 鳴滝珊平 田中徳三 的場弥十郎:宮部昭夫荒木雅子
2 1972年4月13日 御用船炎上 浅香伝七郎:村井国夫、的場弥十郎:宮部昭夫、藤沢薫日高久出水憲司重久剛、鳥居丹波守:北原将光後藤三右衛門沢田トモ、飯飼五郎太夫:中林章
3 1972年4月20日 しぐれ早縄夜空を走る 宮川一郎 安田公義 熱田洋子、和田正信
4 1972年4月27日 必剣朝焼けの空に斬る 鳴滝珊平 高森玄伊吹新吾桃山みつる桑原悦子永野達雄近江輝子伴勇太郎三木昭八郎北野拓也藤田恵美子、日高久
5 1972年5月4日 仇討ち恋歌 宮川一郎 田中徳三 おそで:土田早苗剣持伴紀五味竜太郎小柳圭子阿木五郎北見唯一
6 1972年5月11日 危機一髪 松野宏軌 ジュディ・オング神太郎寺島雄作筒井浩二大竹修造石川健芝本正吉田聖一小泉一郎、小柳圭子
7 1972年5月18日 暗殺の赤い矢 鳴滝珊平 戸浦六宏、岡本健、山村弘三牧野児朗徳川家治浜田雄史
8 1972年5月25日 名刀は深夜に消えた 鈴木兵吾 的井邦雄 世阿弥河野秋武宮口二郎小川ひろみ鈴木金哉柳川清
9 1972年6月1日 機密暴露作戦 宮川一郎 水沢新十郎:里見浩太朗、湊屋:永田光男梅津栄香月京子千代田進一尾張大納言(徳川宗睦)高崎継義
10 1972年6月8日 怪談・あじさいの女 西山正輝 お雪・おみね:野川由美子山岡徹也伊原幹雄中村信子村井京之輔、的場弥十郎:宮部昭夫
11 1972年6月15日 女スリ緋牡丹お島 森田新 お島:桑原幸子太田博之丹羽又三郎浜田ゆうこ斉藤信也高田次郎堀北幸夫徳田実西崎健丸尾好弘、吉田聖一、大河内善兵衛:黛康太郎
12 1972年6月22日 この女一万両なり 吉田哲郎 松野宏軌 ちさと:御影京子、真鍋玄斎:佐々木孝丸、曲九五郎:早川研吉、相模屋重兵衛:松宮五郎大丸二郎井上三千男西山辰夫千葉敏郎伝法三千男長良俊二池田道春
13 1972年6月29日 必殺剣! 破れ蛇の目 鳴滝珊平 安田公義 中村仲蔵片岡秀六四条公彦丘夏子那智映美山下富美代、伴勇太郎、三木昭八郎、北野拓也、出水憲司、村井京之輔、飯飼五郎太夫:中林章、大河内善兵衛:黛康太郎
14 1972年7月6日 火事と喧嘩と恋と 宮川一郎 松野宏軌 お小夜:尾崎奈々、好太郎:大和田伸也黒木進松本幸男守田学哉唐沢民賢古川ロック宮川龍児
15 1972年7月13日 お化け屋敷の秘密 森田新 安田公義 お美代:麻田ルミ、源次:長沢純、正次:加賀爪芳和、三吉:香川雅人、義助:加賀邦男川合伸旺立岡晃不破潤神戸瓢介玉生司郎
16 1972年7月20日 地獄の祭礼 吉田哲郎 お文:江夏夕子、伝九郎:郷鍈治、庄吉:長谷川明男、おつる:押田美香、八百蔵:山本一郎山下千栄田村保
17 1972年7月27日 岡っ引き殺人事件 西山正輝 武原英子亀石征一郎高松しげお水島弘大橋一元杉山光宏松岡与志雄小谷悦子佐藤允
18 1972年8月3日 追跡!!三千万両の謎 森田新 さすらいの吉:佐藤允、お京:珠めぐみ小林勝彦深田鉄、入江慎也、大河内善兵衛:黛康太郎
19 1972年8月10日 殴り込み女仁義 宮川一郎 松野宏軌 おせい:中尾ミエ、政吉:森次晃嗣、三次:西田良藤岡重慶富田浩太郎石浜祐次郎三上左京小沢文也浜伸二
20 1972年8月17日 じゃじゃ馬つむじ風 吉田哲郎 お春:榊原るみ、松前屋兵助:河原崎長一郎、泉州屋甚右衛門:高品格、難波屋幸兵衛:天草四郎上野山功一笹吾郎下元年世
21 1972年8月24日 芋侍罷り通る 森田新 的井邦雄 猫田彦左衛門:長門勇、お栄:ビーバー、高井宗全:天王寺虎之助西山恵子原聖四郎瀬下和久高橋ヨシコ大林隆介
22 1972年8月31日 恋の包丁殺人事件 宮川一郎 お俊:丘みつ子、伸太郎:平井昌一、小田甚三郎:睦五郎、伝次:穂積隆信、文字春:谷口香錦とも子藤尾純
23 1972年9月7日 血を呼ぶ祝言 森田新 安田公義 お静:吉沢京子、おみね:吉行和子、長谷彦四郎:夏目俊二、佐吉:矢野間啓治、長一郎:大竹修造、お豊:三浅徳子
24 1972年9月14日 尼寺に? 宮川一郎 お光:ピーター、春日尼:川崎あかね、蓮月尼:瞳麗子、貞仙尼:京春上、妙法尼:松木聖、田所清次郎:斉隆寺忠雄、長崎屋五兵衛:永田光男
25 1972年9月21日 ドロボー大作戦 吉田哲郎 松野宏軌 お照:東三千、駒造:桜井センリ、金次:犬塚弘、スーザン:スーザン・ノザキ牧冬吉
26 1972年9月28日 さらば江戸よ 森田新 仙造:清川新吾、小畑登之助:中村章、お梅:沢井桂子、絹:松山紀子、稲葉屋:小柴幹治柴俊夫長沢良治、中野淳、五味竜太郎  

ネット局[編集]

  • 毎日放送 - 木曜日20:00〜20:56(1972年4月6日~1972年9月28日、同時ネット)
  • 中京テレビ - 木曜日21:30〜22:26(1972年4月13日~1972年10月5日)
  • 北海道文化放送 - 水曜日22:00〜22:56(1972年4月12日~1972年10月4日)
  • 仙台放送 - 土曜日17:00〜17:56
  • 新潟放送 - 金曜日9:45〜10:35(1972年6月23日~1972年12月15日)
  • 静岡放送 - 月曜日16:00〜16:55(1972年10月2日~1973年4月16日)
  • 富山テレビ - 火曜日22:00〜22:56(1972年4月25日~1972年10月17日)
  • 石川テレビ - 火曜日23:15〜24:11(1972年5月9日~1972年10月17日)
  • 中国放送 - 金曜日16:00〜16:56(1972年6月23日~1972年12月15日)
  • 西日本放送 - 日曜日22:30〜23:26(1972年4月22日~1972年10月14日)
  • テレビ愛媛 - 水曜日22:00〜22:56(1972年5月3日~1972年10月25日)
  • RKB毎日放送 - 土曜日14:00〜14:56(1972年6月4日~1972年11月25日)
東京12チャンネル 木曜20:00〜20:56枠
前番組 番組名 次番組
紫頭巾

紫頭巾事件帖

1982年版[編集]

フジテレビの『時代劇スペシャル』の枠で、1982年2月19日に『紫頭巾 黄金の秘密』(むらさきずきん おうごんのひみつ)、1982年11月5日に『紫頭巾 京洛の大粛清』(むらさきずきん きょうらくのだいしゅくせい)のそれぞれのタイトルで、2作放映された。

紫頭巾 黄金の秘密[編集]

紫頭巾 黄金の秘密
ジャンル テレビ時代劇
放送時間 金曜日20:02〜21:48(106分)
放送期間 1982年2月19日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 山下耕作
脚本 志村正浩
出演者 高橋英樹
長谷直美
池波志乃
山本みどり
宮内洋
川合伸旺
大木実
中尾彬
ほか
テンプレートを表示
キャスト[編集]
スタッフ[編集]

紫頭巾 京洛の大粛清[編集]

紫頭巾 京洛の大粛清
ジャンル テレビ時代劇
放送時間 金曜日20:02〜21:48(106分)
放送期間 1982年11月5日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 工藤栄一
脚本 志村正浩
出演者 高橋英樹
荒木由美子
鮎川いずみ
北見唯一
遠藤太津朗
石橋蓮司
ほか
テンプレートを表示

本作では、それまで江戸で現れていた紫頭巾が大阪に現れるという物語。大阪では豪商の浪花屋が、公家の姉小路、大阪城代の出雲守と組み、市中で権力を振るっていた。年貢米の代わりに高利で金を借りるなどしていたため、破産寸前の大名も出ていた。そんな世の中を正すため、紫頭巾が乗り込んだ。

本作では主人公の名前は「響竜太郎」、仮の姿の絵師の名前は「尾形梅雪」となっている。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]
フジテレビ 時代劇スペシャル
前番組 番組名 次番組
姫四郎流れ旅
(1982年2月12日)
紫頭巾 黄金の秘密
(1982年2月19日)
新吾十番勝負
第二話

(1982年2月26日)
紫頭巾 京洛の大粛正
(1982年11月5日)
地獄の掟
(1982年11月12日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1972年4月6日朝日新聞毎日新聞読売新聞京都新聞 各縮刷版(テレビ欄)での本作の紹介記事より。
  2. ^ 浮世絵師 紫頭巾日本映画情報システム、文化庁
  3. ^ 時代劇映画世界大百科事典
  4. ^ 1972年7月6日朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・京都新聞 各縮刷版(テレビ欄)での本作の紹介記事より。