ポパイ (任天堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポパイ
ジャンル 固定画面アクション
対応機種 アーケード
開発元 任天堂開発第一部
発売元 任天堂レジャーシステム
デザイナー 竹田玄洋
宮本茂
人数 1人
メディア 業務用基板
(68.81キロバイト
稼働時期 日本 1982121982年12月
デバイス 4方向レバー
1ボタン
CPU Z80 (@ 4 MHz)
サウンド AY8910 (@ 2 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
512×448ピクセル
パレット288色
テンプレートを表示

ポパイ』 (POPEYE) は、任天堂から発売されたゲームソフトおよびアーケードゲーム。アメリカの漫画『ポパイ』(1929年)を題材としている。

1981年ゲーム&ウオッチとして発売され、翌1982年には内容を異にしたアクションゲームがアーケードゲームとして発売された。本項ではアーケードゲーム版を記述し、ゲーム&ウオッチ版は後述する。

概要[編集]

1982年にアーケードゲームで登場し、その後1983年7月15日ファミリーコンピュータ同時発売ソフトとして発売された(その他のソフトは『ドンキーコング』と『ドンキーコングJR.』)。このバージョンは、コレコビジョンコモドール64にも移植されている。

2007年秋に海外でバンダイナムコゲームスが携帯電話用アプリケーションとしてグラフィックを一新したアーケード版のリメイクを発売している。

ゲーム内容[編集]

ここではアーケード版について述べ、移植版との相違点についてはアーケード版との比較という形でまとめてある。

全1画面、4段構成のステージでポパイを操り、ポパイの宿敵ブルートの妨害をかわしながら、恋人オリーブの投げるハートや音符、アルファベットを全て取ればクリアとなる。画面の上の方で取るほど高得点。1段目だと500点、2段目以降は300点、100点、50点の順。階段等を降りている最中は前にいた段の得点。ハート等を1つでも取り逃す(画面下の水面に落ちて一定時間経つと沈む)か、ブルート・ビン・髑髏・バーナード(禿鷹)に直接当たるとポパイを1人失う。人数が無くなればゲームオーバー。なお、面のクリア条件は、1面はハート24個、2面は音符16個、3面は「H」「E」「L」「P」のアルファベット4個を計6セット(24個)[1]と、それぞれの面で1つも漏らさず取る事である。なお、取る事さえできれば良く、取る順番は問わない。

ポパイはAボタンでパンチを使えるがブルートに直接攻撃はできず、通常状態では触れるとミスとなる。ブルートは基本的にはうろうろと移動を繰り返すだけだが、時折ビンを投げつけてきたり、上段へアッパーカットをしたり、下段に腕をもぞもぞと伸ばしたりダイブしてきたりと多彩な行動でポパイの妨害をする(ビンはパンチで壊せる。1個100点)。ブルート以外にも、ハゲタカのバーナード(3面のみ登場。パンチで倒すと1000点)、髑髏(パンチで壊せる。1個破壊すると100点)を投げてくるいじわる魔女シーハッグ[2]が敵として登場。

1面目の最上段の中央には桶とパンチングボール(1回叩くと30点)がある。パンチングボールはタイミングよくパンチすると桶にぶつかり、桶が下に落ちてきてブルートの頭にはまって邪魔をする事ができる。これも被せた時の段によって点数が異なり、下の方で被せるほど高得点。

ステージは全3面で1面はドック、2面は街[3]、3面は船上。ステージによって仕掛けが異なり、1面は桶を使ってブルートを攻撃できる。2面はジャンプ台がありジャンプ台の上に浮かぶ赤ん坊(スィーピー)にタッチすると500点。3面はスライドする台がある。3面をクリアすると難易度が上がった1面に戻るループ制。アーケード版では2週目以降は3面まで行かず2面で次ループに移行するバグが存在する。

原作同様、各ステージに出てくるほうれん草[4]を食べれば音楽が変わり、ポパイが赤(アーケード版。コレコビジョン版は緑)くなってパワーアップし無敵となり、ブルートを体当たりで倒せる様になる(3000点)他、投げられたハート等も停止し取りやすくなる。さらには、無敵状態の最中は得点が2倍になる。難易度が高くなるにつれて無敵時間は短くなり、オリーブの投げるパーツとブルートの動きも早くなり、ビンや骸骨を投げてくる率が多くなる。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1Popeye
アメリカ合衆国 1982年
ヨーロッパ 1982年
オデッセイ2パーカー・ブラザーズパーカー・ブラザーズ内蔵ゲーム--
2ポパイ
日本 198307151983年7月15日
アメリカ合衆国 1986061986年6月
ヨーロッパ 198609011986年9月1日
ファミリーコンピュータ任天堂任天堂192キロビットロムカセット[5]日本 HVC-PP
アメリカ合衆国 NES-PP-USA
ヨーロッパ NES-PP
日本 約45万本
アメリカ合衆国 約51万本
世界 約110万本
3Popeye
アメリカ合衆国 1983年
Atari 2600
Atari 5200
Atari 800
インテレビジョン
コレコビジョン
パーカー・ブラザーズパーカー・ブラザーズロムカセットPB5370
1150
1150
6370
9810
-
4Popeye
アメリカ合衆国 1984年
ヨーロッパ 1984年
コモドール64
TI-99/4A
パーカー・ブラザーズパーカー・ブラザーズフロッピーディスクPB1560
PB1650
-
5Popeye
アメリカ合衆国 2007年
携帯アプリバンナムバンナムダウンロード--

ゲーム&ウオッチ版[編集]

1981年ゲーム&ウオッチのワイドスクリーンで発売。同シリーズの『パラシュート』に似たゲーム構成となっている。

1983年8月には日本国外で、ゲーム&ウオッチのカラースクリーン テーブルトップとして発売。こちらもワイドスクリーン版、アーケード版、ファミコン版とは全く異なった内容となっている。このバージョンは日本国内でも同月にパノラマスクリーンで再発売された。

ワイドスクリーン版[編集]

海の上でボートに乗っているポパイを左右に操り、画面左上のオリーブが投げてくるビン、パイナップル、缶詰をキャッチするゲーム。途中でブルートがポパイを邪魔し、「GAME A」では左端からハンマーで、「GAME B」ではハンマーに加えて右端からパンチで攻撃していくる。オリーブが投げたものを2つ海に落とすか、ブルートの攻撃にあたるとミスとなる。3回ミスでゲームオーバー。

時計機能のアラームは、オリーブが担当している。

テーブルトップ版[編集]

桟橋のフィールド上で、画面右側にいるポパイを左右に操り、パンチボタンを用いて画面左側にいるブルートと殴りあうゲーム。攻撃を受けると後退し、その攻撃でブルートを桟橋の左端から落とすのが目的である。ブルートを2回海に落とすと、次の対戦では画面上にいるオリーブがホウレンソウ缶詰を蹴飛ばしてくる。これをキャッチしてブルートを攻撃すれば、ブルートが吹っ飛ばされてクリアとなる。以後は繰り返し。「GAME B」では、桟橋の下にカジキが登場し、下からポパイを攻撃してくる。カジキの攻撃を受けると2つ分後退してしまう。

なお、パノラマスクリーンも同内容である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コモドール64版はHELPという字が一塊になって落ちてくる。
  2. ^ アーケード版は階段の片隅(1〜3面全部)とオリーブの家(2周目以降の1、2面)。FC版はゲームAの2周目以降とゲームBにオリーブの家に出現(1、2面のみ)。コレコビジョン/コモドール64版は階段の片隅のみ(1〜3面)。
  3. ^ ファミコン版以外はどれも、ダミーであるが太ったおじさんウィンピーがジャンプ台横に立っている。
  4. ^ アーケード版及びコレコビジョン版は一度使用したほうれん草はそのステージ中に復活することはないが、ファミコン版はミスをした後の再スタート時にもほうれん草が復活する。
  5. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 90頁。

外部リンク[編集]