ファイア (ゲーム&ウオッチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファイア』 (FIRE) は、任天堂が製造販売していた携帯型液晶ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」シリーズの1つ。1980年7月31日に発売されたシルバーシリーズ版と、1981年12月4日に発売されたワイドスクリーン版の2種類がある。

内容[編集]

火災が発生した左側のビルから飛び降りてくる人々をその直下で待ち受け、クッション(担架)でバウンドさせて右で待機している救急車まで運ぶゲーム。人は右に弾んでいき、救急車に到達するまでに3回バウンドさせなければならず、左右のボタンで救助員を所定の位置に移動させて受け止める。受け損なうとミスとなり、3回ミスでゲーム終了となる。

シルバーシリーズ版は3回バウンドさせて救急車に搬入した時点で1点が加算されるが、ワイドスクリーン版ではバウンドさせるたびに1点が加算される。最高得点はいずれも999点。

GAME AとGAME Bの2種類があり、落下してくる人数と落下速度が異なる。

その他、ワイドスクリーン版で追加された要素として、200点または500点に達するとミスが帳消しになる。またGAME Aでは人々は4階からのみ飛び降りてくるが、GAME Bでは3階からも飛び降りてくる。

シルバーシリーズ版とワイドスクリーン版とでは、建物ならびに救急車のデザインが大きく異なる。

開発途中では画面構成が左右逆になっており(ビルが右側、左向きに人が弾んでいく)、そのまま発売される予定であった。しかし液晶パターンを反対に作成してしまい、テストプレイしたところ特に問題は無かったので反対のまま発売されたのが現在のファイアになっている。

オリジナルとその他の差異[編集]

当ゲームは、他ハードでも移植またはおまけの形で販売されているが、若干の変更が見られる。

大乱闘スマッシュブラザーズ[編集]

2001年発売の『大乱闘スマッシュブラザーズDX』にて、ビルから飛び降りる人が「Mr.ゲーム&ウォッチ」という名称でプレイヤーキャラクターとして参戦。また、クッションを持つ救助員も必殺技「ファイア」として登場する。3人揃ってフィギュア化もされている。

2008年発売の『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも引き続きMr.ゲーム&ウォッチの技として登場し、「ファイア」を元にしたステージも登場する。

出典[編集]