ピンボール (任天堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピンボール
ジャンル コンピュータピンボール
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 HAL研究所
発売元 任天堂
プロデューサー 上村雅之
ディレクター 三木研次
プログラマー 松岡聡
岩田聡
音楽 兼岡行男
美術 杉山直
人数 1 - 2人用(交互プレイ)
メディア 192キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198402021984年2月2日
アメリカ合衆国 198510181985年10月18日
ヨーロッパ 198609011986年9月1日
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI3
その他 型式:日本 HVC-PN
アメリカ合衆国 NES-PN-USA
テンプレートを表示

ピンボール』 (Pinball) は、1984年2月2日ファミリーコンピュータ(FC)用ゲームとして、任天堂より発売されたピンボールゲームである。アーケード版(任天堂VS.システム)も存在した。FC版は2006年12月よりWiiバーチャルコンソールで、2013年10月よりWii Uのバーチャルコンソールで配信している。

また、本作発売以前にゲーム&ウオッチとしても発売されている(後述)。

ゲーム内容[編集]

上下2画面(フリッパーは各画面に1対ずつ)に分割されたシンプルなピンボールゲームで、ボールの挙動や不可視になるフリッパー(10万点から15万点までの間)など、シミュレーターよりもゲーム性に重点を置いたつくりになっている。また、アップポストやストッパーによる救済措置など、初心者への配慮も見られる。

ボーナスステージにはマリオレディ(ポリーン)が登場。(板のような)床を掲げてブロックくずし風にボールを操作、ボールがビンゴランプの上を通過するたびにランプの色が変化、ランプの色の列が揃うにつれて上に幽閉されているレディ(ポリーン)の足場が失われていき、最終的には落ちてきたレディ(ポリーン)を受け止めて脱出させ、ボーナス得点となる。逆に受け止められないとミスになってしまう。

ちなみに、スタートボタンを押しながら電源を入れるといきなりゲームが始まる。ゲームオーバーになると画面がバグるが、特に問題はない。また、ROMカセット版はRAMにコピーして実行するとフリッパーがランダムに動いてプレイできなくなるというコピー保護機構があった。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 VS.ピンボール
日本 1984081984年8月
アーケード HAL研究所 任天堂レジャーシステム 業務用基板 - -
任天堂VS.システム対応
2 ピンボール
日本 198905301989年5月30日
ディスクシステム HAL研究所 任天堂 ディスクカード片面 FMC-PND -
書き換え専用
3 どうぶつの森
日本 200104142001年4月14日
NINTENDO64 任天堂情報開発部 任天堂 128メガビットロムカセット NUS-NAFJ-JPN 約26万本
FC版がミニゲームとして収録。ゲーム内のアイテム「ファミコン家具」でプレイ可能。
4 Pinball-e
カードe
アメリカ合衆国 200209162002年9月16日
ゲームボーイアドバンス 任天堂 任天堂 ロムカセット - -
5 ピンボール
バーチャルコンソール
アメリカ合衆国 200611192006年11月19日
日本 200612022006年12月2日
ヨーロッパ 200612152006年12月15日
Wii HAL研究所 任天堂 ダウンロード - -
6 ピンボール
バーチャルコンソール
日本 201310232013年10月23日
アメリカ合衆国 201310242013年10月24日
Wii U HAL研究所 任天堂 ダウンロード - -

アーケード版[編集]

任天堂VS.システムにて「VS.ピンボール」としてリリース。ゲーム中に音楽が流れる等一部変更点がある。

開発[編集]

プログラミングは現東工大教授の松岡聡と、後の任天堂社長岩田聡らが担当[2]。松岡聡が全体の制御ロジックと物理シミュレーション、岩田聡がグラフィックス関係を担当した。

スタッフ[編集]

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 8/10点 (FC)[3]
Eurogamer 1/5stars (Wii)[4]
IGN 5/10点 (Wii)[4]
NintendoLife 6/10stars (Wii)[4]

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「テーブルゲームソフトの元祖」、「誰でも遊べる反面、BGMがなく、何となく暗いといった感じはするが、初期のゲームの1つなのでそれはしかたがないであろう」と紹介されている[1]

ゲーム&ウオッチ版[編集]

ピンボール
ジャンル コンピュータピンボール
対応機種 ゲーム&ウオッチ
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人
メディア 内蔵ゲーム
発売日 日本 198312051983年12月5日
テンプレートを表示

1983年12月5日1983年12月にゲーム&ウオッチのマルチスクリーンとして、任天堂より発売された。

マルチスクリーンによる、上下2画面に分割されたシンプルなピンボールゲーム。他のゲーム&ウオッチのゲームと異なり、最高得点は99万9900点である。

「GAME A」では、最初から3つのボールでプレーする。「GAME B」では、最初は1つのボールでスタートするが、スコアが1万点になるとボールが1つ増えて(以降、3万点、5万点というように、1万点×奇数になるたびボールが増える)、最大3つのボールを同時に操作することが可能となる。

関連項目[編集]

  • ローラーボール - HAL研究所が1984年に発売した、MSX用ピンボールゲーム。1988年にはファミコン版も発売された。2画面スクロールなどの共通点がある。このピンボールのエンジンを移植するところから開発されたもの。こちらには松岡聡を始めとするHAL研のスタッフおよびKimuchi Brothersのクレジットがタイトル画面にある。
  • まわるメイド イン ワリオ2004年) - FC版のボーナスステージをモチーフにしたプチゲーム「ピンボール」。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 330頁。
  2. ^ 「メトロイドプライム ピンボール」開発スタッフインタビュー”. Nintendo Online Magazine (2006年2月). 2012年2月5日閲覧。
  3. ^ Pinball for NES (1984) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c Pinball for Wii (2006) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]