64DD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NINTENDO64 > 64DD
64DD
64DD logo (1999).svg
64DD-Attached.png
NINTENDO64と接続した様子
メーカー ランドネットディディ
種別 ゲーム機周辺機器
世代 第5世代
発売日 日本の旗 1999年12月11日
対応メディア ZIP
対応ストレージ 磁気ディスク
オンラインサービス ランドネット
売上台数 日本の旗 1万5,000台(出荷台数は10万台)
テンプレートを表示
64DD

64DD(ロクヨンディーディー)は、任天堂アルプス電気の共同開発によるゲーム機NINTENDO64周辺機器。本体の下に取り付けて使用する磁気ディスクドライブである。

歴史[編集]

任天堂のゲームソフト開発者の中に、外から新しいゲームのキャラクターデータやコースデータ等のプログラムを追加・変更してゲームを動的に変化させたいという希望があり、「ロムカセットに見られるデータ容量の制限を克服した上で、CD-ROMでは実現できない大容量の書き換え領域を活用することにより、ユーザーに新しい遊びを提供する周辺機器」として開発が始まった。そのためにかつてのファミコンディスクシステムのようにディスクライターを店頭に設置する予定だった。

NINTENDO64発表当初から情報を公開しており、任天堂スペースワールドでソフトが出展される[1][2]など、ユーザーの間では長らく発売が待たれていた。スクウェアは、任天堂とジャストシステムとで合弁会社を設立し、64DD向けソフト開発を行っており、通信ネットワーク事業も運用する予定だった[3]が、スクウェアが64DDから撤退するなど、ソフト開発の遅れやNINTENDO64自体の普及が進まなかったことなどにより発売の延期が繰り返されていた。

その後、ドリームキャストPlayStation 2といった第6世代ゲーム機に今後の注目が移っていた1999年初夏に、任天堂とリクルートが合弁会社「株式会社ランドネットディディ」を通じて提供するネットワークサービス、ランドネット[注 1]専用の通信端末としての発売が決定する[4]

ランドネットディディを設立する事になる香山哲[注 2]が関わる前までは、任天堂から発売される予定だったが、ランドネットディディが64DDの販売に関する権利を買い取った上、64DD向けゲームソフトの販売権も有していた[4]ため、ハード・ソフトとも任天堂やソフトメーカーが小売店等で販売する事ができず、流通経路が制約された。また、香山はランドネットディディ、マリーガル・マネジメント時代に任天堂に不義理をしており、任天堂の怒りを買うことになる[5][注 3]

当初64DD用として開発されていたソフトのほとんどが64DDの商用化の遅れにより計画変更され64カセットでの発売となったこと、更にはNINTENDO64の次世代機となるドルフィン[注 4]の開発着手が1999年春に公表されていた事で、将来性を疑問視されたことも普及を鈍らせた。また、発表時には北米での展開も示唆されていたものの、最終的に実現しなかった。

こうして、販売台数はわずか15,000台に留まった。

ハードウェア[編集]

本体のカセット差込口を塞がない設計となっており、カセット型の周辺機器やカセットソフトをディスクで拡張するといった遊びに対応している。実際にカセットで発売されたソフトの一部(『ゼルダの伝説 時のオカリナ』、『マリオパーティ』など)には、64DDを用いてステージなどを追加する予定があった。その名残か、本体に64DDを接続してこれらのソフトを起動すると、64DDの拡張パックについてのメッセージが表示され、64DDにディスクを挿入したまま起動すると「ディスクが間違っています。」という旨のエラーメッセージが表示される(そもそも64DDに対応していないソフトを起動した場合、エラーメッセージは表示されない)。

また、本体上面には更なる付属機器を追加出来るようにコードを通すS字の溝があるが、使用する必然性のある周辺機器が発売されることは無かった。発表当時のイラストによると、モデムとして実際に発売されたカートリッジ型のものではなくコントローラーポートにつなぐケーブル接続型のものが検討されていたため、それを後ろ側へ逃がすための溝であったとみられる。

名称
当初「NINTENDO64 DISK DRIVE」の略称だったが、発売時には正式名称になった[注 5]
磁気ディスク
「64DDディスク」は過去のディスクシステム用のそれよりも大型で分厚く、裏表非対象のデザインとなった。側面にはタイトルラベル用のスペースがあり、ドライブにセットした状態でもタイトルを確認できる。
容量は64MBであり、CD-ROMの540MBには及ばない。この点について開発責任者の竹田玄洋は「容量は多いのは少ないよりもいい」「しかし64DDというのは、書き換えられるというのが基本にあるわけです。そこでは、やっぱり読み出し専用のものと同じくらいの容量はありえない」「そういうふうにコストとかをいろいろ考えた上でそう決まった(中略)折り合いのついたところがそのへんだった[6]」と述べている。
ランドネットサービス
2000年2月に開始されたネットワークサービス。当初は1999年12月1日にサービス開始予定だった[7]2001年2月28日にサービスを終了した。

仕様[編集]

  • 型名:NUS-010(JPN)
  • 記録方式:両面磁気記録
  • フォーマット容量:約64.45Mバイト(64,458,560バイト)
  • データ転送レート:約1.0Mバイト/秒(最大)
  • 電源:NINTENDO64より供給
  • 時計機能:内蔵

かつてのファミリーコンピュータ用のディスクシステム、セガメガドライブ用のメガCDスーパーファミコン用のサテラビューと同様の本体下部設置型の周辺機器であるが、専用のACアダプタ又は単2電池6本が必要だったディスクシステム、専用のACアダプタが必要だったセガのメガCD、専用のACアダプタと電源中継ボックスが必要だったサテラビューと比べて、NINTENDO64本体から追加機器を使わずに電源を供給できる[注 6]という部分が進歩点。両面読み込みに対応し手動でディスクを裏返す必要もなくなったため、ディスクと差込口の形状も裏表非対称となり、表を上向きにする差し込み方以外は物理的にできなくなっている。

周辺機器[編集]

型番 名称 備考
NUS-007 メモリー
拡張パック
旧称は「ハイレゾパック」。
4.5MBの増設メモリで、本体上部手前の36Pinメモリー拡張コネクタに接続する。
本体のメモリも4.5MBであるため、メモリー拡張パックを使うことで容量を一気に倍加できる。
本体に同梱。
NUS-010 64DD 詳細は「仕様」を参照。
NUS-011 64DDディスク 64DDのゲームプログラムを格納した専用メディア。
データ容量は約64MBだが、その内約38MBは追記用の領域になっている。
仕組みとしてはZipに近い磁気ディスクとなっている。
ダイナミックデータディスク」(DDD)という呼称もあった。
NUS-017 マウス ボール式の2ボタンマウス
コントローラポートに接続して使用する。
対応ソフトは『マリオアーティストシリーズ』と『デザエモン3D』。
マリオアーティスト ペイントスタジオ』に同梱。
NUS-021 マイク 単一指向性のモノラルマイク
キャプチャーカセットに接続して使用する。
NINTENDO64音声認識システム[注 7]に使用されていたものと同一である。
マリオアーティスト タレントスタジオ』に同梱。
NUS-026 マイクカバー 球状の黄色いスポンジで、マイクのセンサー部分にかぶせ、息や風の音を軽減する。
NINTENDO64音声認識システム[注 7]に使用されていたものと同一である。
マイクに同梱。
NUS-028 キャプチャーカセット RCAジャック(映像、音声L、音声R)とマイク用ミニジャックがついたカセットで、映像や音声を取り込むことができる。
プラグインパワー方式[8][9]で電源を供給している為、専用マイク等のコンデンサマイク以外は絶対にミニジャックに接続してはいけない。
『マリオアーティスト タレントスタジオ』に同梱。
NUS-029 モデム 本体のカセット挿入口に接続して使用する専用モデム
通信速度は28.8kbps。
本体に同梱。
HVC-053 モジュラーケーブル モデムに接続する長さ4mの電話線。
元々はファミリーコンピュータの周辺機器「通信アダプタセット」に付属していた物で、ニンテンドーゲームキューブのモデムアダプタにも付属している。
本体に同梱。
RND-001 キーボード 専用キーボード
対応ソフトは『ランドネットディスク』のみ。
不明 64GBケーブル N64のコントローラ端子とつなぎ、ゲームボーイカラーを画面付きコントローラとして使用するためのケーブル。『DT』や『ダービースタリオンDD』で使用する予定だったが、発売する事なくランドネットのサービスが終了してしまった。

専用ソフト[編集]

64DD専用ソフトには以下の10タイトルが存在する。この内、『ランドネットディスク』と『マリオアーティスト コミュニケーションキット』の通信機能はランドネットのサービスが終了した現在は使用することができない。

ランドネットセットに含まれていたソフト[編集]

これらのソフトは会費以外の代金を別途支払う必要は無く、ランドネット入会後に順次配布された。

別売りとして販売されたソフト[編集]

これらのソフトはランドネットのショッピングサービス[注 9]にて販売が行われた。

発売中止になった64DDソフト[編集]

発売中止になったソフトはNINTENDO64や他機種で発売されたものもあれば、ソフトは企画されたものの発売中止になったものもある。

移行して発売されたソフト[編集]

磁気ディスクの大容量を活かし、ムービーシーンを多用した『ファイナルファンタジーVII』や、書き換え領域を活用した『ドラゴンクエストVII』等のゲームが製作される予定だった。

発売中止になったソフト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 発表当初の「エンターネットサービス」から改称
  2. ^ 後にセガ代表取締役最高執行責任者
  3. ^ 関連性は不明だが、香山のセガ特別顧問就任(2000年11月1日)と同時期に、ランドネットのサービス終了発表(2000年11月22日)がなされている。
  4. ^ 後のニンテンドーゲームキューブ
  5. ^ 旧称の名残として、ソフト挿入口横のN64ロゴ(Nキューブ)に「DISK」の文字が見られる。
  6. ^ NINTENDO64本体に付属している専用のACアダプタがそのまま使える。
  7. ^ a b NINTENDO64音声認識システムは『ピカチュウげんきでちゅう』および『電車でGO!64』に同梱されている。
  8. ^ 後にキーボードの不具合に対応するための改良版が希望者に配布された。
  9. ^ GETモール』と呼ばれていた。
  10. ^ 当時の『コロコロコミック』の記事で開発中の画面が確認できる。
  11. ^ 2008年7月10日にWii用ソフトとして移植された。

出典[編集]

  1. ^ SPACEWORLD'97 NINTENDO64 DD 出展ソフト - ウェイバックマシン(1998年2月24日アーカイブ分)
  2. ^ SPACEWORLD'99 64DD 出展ソフト一覧 - ウェイバックマシン(2012年11月11日アーカイブ分)
  3. ^ スクウェアが64ビット機 ディスク用ソフト開発へ 任天堂、ジャストシステムと合弁会社」『ゲームマシン』第506号(アミューズメント通信社)、1995年11月1日、2面。
  4. ^ a b “報道資料 新規事業開始のお知らせ” (プレスリリース), 任天堂, (1999年6月11日), https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/1997-99/990611a.html 2021年5月25日閲覧。 
  5. ^ 佐藤秀樹『元社長が語る! セガ家庭用ゲーム機 開発秘史 ~SG-1000、メガドライブ、サターンからドリームキャストまで~』徳間書店、2019年9月20日、[要ページ番号]ISBN 978-4198649845
  6. ^ 武田亨『It's The Nintendo』ティーツー出版、2000年2月1日、[要ページ番号]ISBN 978-4887497160
  7. ^ “12月1日サービス開始、11月11日より会員募集開始 ゲーム業界初の月会費制で大幅価格ダウン” (プレスリリース), ランドネットディディ, (1999年10月20日), https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/1997-99/991020a.html 2021年9月19日閲覧。 
  8. ^ 1119 :ファンタムパワーとプラグインパワーは全く違いますよ|ShinさんのPA工作室
  9. ^ プラグイン・パワーとは

関連項目[編集]

外部リンク[編集]