清武博二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清武 博二(きよたけ ひろじ、Hiroji Kiyotake、1960年12月21日[1] - )は日本のゲームクリエイター鹿児島県出身。

任天堂株式会社製造本部開発第一部、製品技術部を経て、現在は同社企画開発本部企画開発部所属。

略歴[編集]

学生時代にはラグビー部所属。京都精華大学デザイン学科卒業後、1983年に任天堂入社[1]

処女作は『ゲーム&ウオッチ』の『ピンボール』のデザイン。

メトロイド』シリーズの主人公である「サムス・アラン」や、マリオシリーズの悪役キャラクター「ワリオ」の生みの親。

ワリオについては、清武自身がモデルという噂があるが、本人は否定している[1]。しかし『ワリオランド』公式ガイドブックにて「あなたの身近にワリオに似ている人はいますか?」の質問に対し清武自身は「いません」と答えている一方、他のスタッフはみな口を揃えて「清武さん」と回答している。また同書にて行われた「ワリオに相応しい職業は?」という質問に対し清武氏はと答えている。

作品[編集]

その他、マリオパーティシリーズマリオゴルフシリーズ、マリオテニスシリーズ、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズメイド イン ワリオシリーズなど、ワリオが登場するゲームのキャラクター監修も行っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニンテンドードリーム2008年9月号インタビューより
  2. ^ ゲーム中のサムスデザインは山根友美
  3. ^ 北米版ファミリーコンピュータ及びスーパーファミコンのことである
  4. ^ ゲーム中のサムスデザインは佐野伸也

外部リンク[編集]