光神話 パルテナの鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
光神話 パルテナの鏡
Kid Icarus
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 日本 ディスクシステム
ヨーロッパ NES
アメリカ合衆国 NES
開発元 任天堂開発第一部
トーセ
発売元 任天堂
プロデューサー 横井軍平
ディレクター 岡田智
シナリオ 大澤徹
プログラマー BAN BAN
YOSHIKAWA
TOGAWA
音楽 田中宏和
美術 大澤徹
MR.HAIGO
加納誠
シリーズ パルテナの鏡シリーズ
人数 1人
メディア 日本 ディスクカード両面
ヨーロッパ ロムカセット
アメリカ合衆国 ロムカセット
発売日 日本 198612191986年12月19日
ヨーロッパ 198702151987年2月15日
アメリカ合衆国 1987071987年7月
対象年齢 日本の旗CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国の旗ESRBE(6歳以上)
欧州連合の旗PEGI7
オーストラリアの旗OFLC:G(全年齢対象)
売上本数 日本の旗 約109万本
販売:55万本[1]
書き換え:52万回[1]
その他 型式:日本 FMC-PTM
アメリカ合衆国 NES-KI-USA
テンプレートを表示

光神話 パルテナの鏡』(ひかりしんわ パルテナのかがみ)は、1986年12月19日任天堂から発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステムコンピュータゲームソフトである。

日本国外では『Kid Icarus』(キッド・イカロス)のタイトルで発売された。

概要[編集]

任天堂が手がけたファミリーコンピュータのディスクシステム用ゲームで、同ハード用ソフトの第4作となる(海外の「NES」ではディスクシステム未発売のため、ロムカセットとして発売)。アクションゲームであるが、ステージによって縦スクロールや横スクロール、探索アクションやシューティングなど目まぐるしく内容が変わるのが特徴。

海外でも大きな人気を得た作品であり、後述のように海外のみ発売の続編が登場し、その後も続編の要望が頻繁にあったとされる[注釈 1]

ディスクライターでの累計書き換え回数は第6位を記録する[2]

2004年8月10日にはファミコンミニ ディスクシステム セレクションとしてゲームボーイアドバンスに移植発売された。2007年1月23日にはWiiバーチャルコンソールで配信され、2013年8月14日にはWii Uのバーチャルコンソールでも配信された。2011年12月19日にはニンテンドー3DS3Dクラシックスとして、「ちょっとマリオなニンテンドー3DS」キャンペーン応募者に先行無料配信された(キャンペーン終了後、通常販売もされている)[3]。この3Dクラシックスは、3D映像に対応しているだけでなく、矢の連射などが可能な「アレンジ」操作が新たに追加されている。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 200408102004年8月10日
ゲームボーイアドバンス ファミコンミニ24 ディスクシステムセレクション
光神話 パルテナの鏡
任天堂開発第一部 任天堂 ロムカセット AGB-P-FPTJ-JPN - -
2 日本 200701122007年1月12日
アメリカ合衆国 200702122007年2月12日
Wii
バーチャルコンソール
光神話 パルテナの鏡 任天堂開発第一部 任天堂 ダウンロード - - -
3 日本 201201182012年1月18日
ヨーロッパ 201202022012年2月2日
アメリカ合衆国 201204192012年4月19日
ニンテンドー3DS
3Dクラシックス
光神話 パルテナの鏡 アリカ 任天堂 ダウンロード - - -
4 アメリカ合衆国 201307252013年7月25日
日本 201308142013年8月14日
Wii U
(バーチャルコンソール)
光神話 パルテナの鏡 任天堂開発第一部 任天堂 ダウンロード - - -

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

主人公ピットは左右の移動とジャンプ、弓矢の使用が可能。

残機の概念はなく、体力が無くなるか画面外に落下した時点で即ゲームオーバーとなる。

ゲームオーバーになると「コンティニュー スル」か「セーブ スル」が選べる。「コンティニュー スル」を選択するとゲームオーバーになったエリアのスタート地点から体力1メモリの状態で再開し、「セーブ スル」を選択するとこれまでの状況をセーブしてゲーム終了となる。セーブして再開した場合はコンティニュー時と同じ状態での再開となる。

ピットは敵を倒すとスコアとハートを入手できる。この世界でのハートは、お金に相当するものである。スコアは一定以上蓄積するとエリアクリア時に体力の上限が上がり(上限が上がっても、上限で増えた分の体力は回復しない)、また神様に弓矢の攻撃力をアップしてもらうときの条件にも影響している。全ての面をクリアしたときのスコアは、プレイヤーネームと共に上位5人までがプレイヤー選択画面に記録される。

ハートはお店[注釈 2]から各種のアイテムを購入するのに必要となり、また、神様の修行に耐えることでもアイテムは入手できる。アイテムには体力回復や落下からの回復、弓矢の飛距離アップや貫通力がつくもの、ピットの周りを旋回するバリアなどがある。

一定のスコアに達していれば、神様の部屋で貰える矢は攻撃力を最大5段階アップする矢であり、この矢をもっているかどうかで、その後の攻略に影響してくる。例えば、攻撃力が最高値である5に達していれば、地上界と天空界の砦のボスを倒すのに、40発で済むのに対して、攻撃力が初期値の1のままであれば、200発当てないと倒せない。また、ベストエンディングを見るためにも攻撃力5にあげておく必要がある。

ステージ構成[編集]

ゲームは冥府界、地上界、天空界、天空の神殿の4つのステージで構成される。冥府界から天空界までにはそれぞれ3つのエリアと砦があり、砦でボスを倒せばそのステージはクリアとなる。

冥府界と天空界のエリアは上へと進む縦スクロール、地上界では右へと進む横スクロールとなっており、ここで画面外に落ちるとミスになるが、縦スクロールの面では下にはスクロールしないため今まで進んで来た所に落ちてもミスになってしまう。エリアには各所に部屋が配置されており、中ではアイテムの入手、体力の回復、神様の修行、敵との戦闘などができる。

砦では固定された画面が縦横に繋がった迷路となっており、仲間の「イカロス」が石化されて置かれている。これをハンマーで叩いて元に戻しておくと、ボスと戦うときだけ応援に来てくれるが、後述のようにとても弱い。それぞれボスを倒すと三種の神器の一つを入手できるが、最終面まではこれといってメリットがない。

最後のステージである天空の神殿は右スクロールで、三種の神器を手に入れたピットは飛翔が可能になっているため落下の心配が無くなり、ここだけ別のシューティングゲームのように感じられる。ここをクリアするとエンディングとなり、プレイ内容によってピットに数段階の称号が与えられる。その後最初からやり直しになるが、2周目の特典などは何も無い。

その他[編集]

世界観は大まかにはギリシャ神話をモチーフにしている。しかしその一方、ギリシャ神話とは無関係なコミカルな演出が多いのも特徴である。代表的なものは以下の通り。

  • 「ナスビ使い」という敵が登場し、ナスビ使いが投げつけたナスビに当たると主人公ピットが「顔がナスビに変わる呪い」をかけられる。その呪いを解く場所が「病院」である[注釈 3]
  • 体力回復の場所が温泉である。温泉の色が黄色なのでナスの状態で温泉につかるとナスの天ぷらを作っているように見える。
  • 「クレジットカード」を手に入れるとツケで買い物ができるようになる。
  • メトロイドに似た敵「コメト」、2種類でコンビを組んで出現する「フィル」と「コリンズ」[注釈 4]、鼻眼鏡の姿をした化物「メガネハナーン」という敵(下記のように開発スタッフが外見のモデル)など、パロディ要素が強いデザインの敵の存在。
  • ゲームオーバー時、同時に流れる間の抜けたBGMとともに真っ黒な画面中央に白い小さな文字で「ヤラレチャッタ」と表示される(英語版では「I'M FINISHED」)。この点は続編でも意図的に引き継がれ、『大乱闘スマッシュブラザーズX』など後年の作品においても取り上げられている。
  • ゲーム中の音楽は田中宏和の作曲によるものである。彼の大きい鼻は、敵キャラクターの「メガネハナーン」のモチーフにもされている。

ストーリー[編集]

神様と人間が一緒に暮らしていた時代、エンジェランドは光の女神パルテナと闇の女神メデューサによって治められていたが、メデューサが人間に対し酷い仕打ちをするため、パルテナはメデューサを醜い姿に変え冥府界に追放した。

しかし、メデューサは冥府界の魔物達と手を結ぶと、エンジェランドに奇襲をかけ、パルテナ軍から三種の神器を奪って勝利し、エンジェランドを征服してしまった。兵士達は石に変えられ、エンジェランドは魔物の棲みつく闇の世界となった。

パルテナは最後の力をふりしぼり、冥府界に幽閉されていた親衛隊長のピットを脱出させて弓矢を与え、最後の望みを託した。

登場人物[編集]

ここでは主要なキャラクターのみを書く。

ピット
本作の主人公。パルテナ軍の親衛隊長である少年天使。メデューサたちとの戦いで敗北して冥府界の奥に捕らわれたが、パルテナが最後の希望として開放し、冥府界からの脱出、そしてメデューサたちとの戦いに再び向かうこととなる。
パルテナ
ピットの主人である天空界「エンジェランド」を統べる光の女神。人間を愛し恵みを与え、人間に悪事を行うメデューサに罰を与えたが、そのことでメデューサから憎まれ、怪物になったメデューサに捕らえられてしまう。だが、最後の力で捕らわれたピットを開放し、ピットはパルテナ救出とメデューサ撃退のために戦うこととなる。本人はエンディングに登場するのみである。
イカロス
ピットの部下であるパルテナ軍の兵士。呪いで石にされており、発見してハンマーで岩を砕くと復活し、ボス戦で弓矢による援護を行ってくれる。
だが、このイカロスたちは敵の攻撃を一撃でも受けるとやられてしまうという虚弱さを持ち、何もしないうちに倒されてしまうことも多い。このことは後年になって『大乱闘スマッシュブラザーズX』においても反映され、ピットの最後の切りふだ「パルテナ親衛隊」でピットの援軍として登場し突進攻撃を仕掛けるが、一発でも攻撃を受ける(あるいは敵を含めた何かに衝突する)だけで墜落するというひ弱なキャラクターとなっている。続編『新・光神話 パルテナの鏡』では「イカロスナイト」、「イカロスマッチョ」というキャラクターが登場し、イカロスは復活できる設定が追加されている。
ツインベロス
冥府界のボス。2つの首を持つ炎の番犬。
ヒュードラー
人間界のボス。フィールドを跳ね回るヘビの怪物。
続編『新・光神話 パルテナの鏡』では空を飛ぶ三つ首竜として登場している。
パンドーラ
天空界のボス。シャボン玉に顔が付いたような姿の怪物。地形を貫通移動でき、泡を飛ばして攻撃してくる。追い詰められると姿を透明にするが、影を消すことはできない。
続編『新・光神話 パルテナの鏡』では女性であるとされている。
メデューサ
本作の最終ボス。元々はパルテナと対なる力を持つ闇の女神で、二人で世界を統治していたのだが、人間嫌いだったため人々に酷い仕打ちをしてパルテナの怒りを買い、冥府界に追放される。そのことを逆恨みして、冥府界の怪物を部下にして「冥府軍[注釈 5]」を組織し、天空界を攻め落とした。
かつては美しい容姿だったらしいが、追放された際に怪物の姿へと変えられ、ヘビになった髪の毛と緑色の肌、巨大な一つ目の顔など醜い姿になってしまった。ゲーム中は、壁に巨大な顔が埋め込まれた姿で登場する(海外のNES版および3Dクラシックス版では、倒された後に目玉の部分から人間に近い女性の姿になる)。

音楽[編集]

サウンドトラック
  • 『ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックス VOL.1』
    2004年1月7日、サイトロン・デジタルコンテンツより発売されたCD内の一作品として収録されている。

スタッフ[編集]

  • ストーリー:INUSAWA(大澤徹)
  • キャラクター:TARO(大澤徹)
  • アート・デザイン:MR.HAIGO
  • タイトル・デザイン:MAKORIN(加納誠
  • メイン・プログラム:BAN BAN、YOSHIKAWA、TOGAWA
  • サウンド:HIP TANAKA(田中宏和
  • アシスタント:MASSAO.Y(山本雅央)、SHIKAO.S(坂本賀勇)、HATABO(成広通)、KENJI(西澤健治)、HYAKKAN、KEHIROJI(清武博二
  • ディレクター:岡田智
  • プロデューサー:横井軍平
  • エグゼクティブ・プロデューサー:山内溥

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 27/40点[4]
GameSpot 5.1点[5]
IGN 7.0点[6]
Official Nintendo Magazine 68%[7]
ファミリーコンピュータMagazine 17.51/25点[8]
ユーゲー 肯定的[9]
ゲームカタログ@Wiki バカゲー[10]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計27点(満40点)になっている[4]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.74 3.59 - 3.27 3.50 3.41 17.51
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「当時はやりの成長要素なんかも盛り込まれていて、先へ進むほど簡単になっていくあたりがなんとも惜しい」、「操作性も良く、FM音源を生かしたBGMも良曲ぞろい」と評している[9]
  • ゲーム情報サイト『ゲームカタログ@Wiki』では、「ヤラレチャッタ」の文字やナスビへの変化、敵キャラクターのデザインを取り上げた上、バカゲーと判定されている[10]

続編[編集]

2作目。北米および欧州でのみ発売、日本国内ではゲームボーイ用ソフトとしては発売されなかったが、2012年2月8日にニンテンドー3DSのバーチャルコンソールで配信が開始された。
シリーズ3作目で、海外版タイトルは“Kid Icarus:UPRISING”。2012年3月22日発売。日本においては初の続編で、実に約25年ぶりの新作となった。ピットのキャラクターデザイン・声優は『大乱闘スマッシュブラザーズX』を踏襲している。

関連作品[編集]

  • メイド イン ワリオシリーズ
    ゲーム中のプチゲーム(短ミニゲーム)として「パルテナのかがみ」が登場。主人公ピットを操作して、ナスビ使いが投げるナスや壷から出てくるシーマム(蛇)を回避し続けるという内容で、ミスすると前述した「ヤラレチャッタ」の画面が表示される。また、バラエティグッズ『ガチャコロン』の「レコード」の1つとして、タイトルBGMをほぼ原曲そのままで収録した「パルテナのかがみ」が存在する。
    プチゲーム「ファミコンえんそうかい」で演奏することとなるファミコンのGBMのバリエーションとして『パルテナの鏡』のタイトルBGMが存在し、演奏者の一人としてピットも登場している。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
    キャラクター図鑑「フィギュア名鑑」でピットが登場している(デザインは原作のパッケージイラストをモデルとしている)。また、プレイヤーの名前登録で「おまかせ」を選ぶとまれに「パルテナ」と出ることがある。
    ピットが新たなプレイヤーキャラクターとして登場。デザインや服装品が大幅にリファインされ、パルテナから授かったとされるオリジナル武器「パルテナの神弓」を装備している。声優は高山みなみが担当。やられたときにまれに「ヤラレチャッタ」と発したり、アイテムのハンマーを持つと動きがカクカクになったりと随所に原作ネタが盛り込まれている。詳しくはリンク先を参照。
    女神パルテナやイカロスもピットの技やムービーシーンなどで登場している。こちらは大幅にリアルになったものの、原作に近いデザインである。
    ステージとしては「天空界」が登場している。同ステージのBGMとしては、原作での冥府界や地上界のテーマ曲のアレンジが使われている。
    ピットが『X』に続き参戦し、パルテナも新しく参戦。ピットは一部のワザが『新・光神話』に登場する神器を基にしたものに変更されている。
    Wii U版では、ステージ「天空界」が前作に引き続き登場している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『新・光神話 パルテナの鏡』の制作理由について製作者の桜井政博がインタビューなどで頻繁に述べている。宮本茂も海外の記者から熱心に続編について聞かれて驚いたことがある(N-Wii.net 宮本さん、海外での「パルテナの鏡」人気に驚く参照。なお、このインタビューがあったのは『新・光神話 パルテナの鏡』開発開始より以前である)。
  2. ^ ヤミ屋と普通の店があり、ヤミ屋は商人口調でしゃべってくる。
  3. ^ 病院である理由として、『新・光神話 パルテナの鏡』にて「ナス」と「ナース(看護師)」をかけた駄洒落であったということが触れられている。
  4. ^ フィル・コリンズのパロディである。
  5. ^ 続編『新・光神話 パルテナの鏡』で付いた名称。

出典[編集]

  1. ^ a b 「ディスクライター 書き換えゲーム全カタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第5巻第12号、徳間書店1989年7月7日、 15頁。
  2. ^ M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』91ページ
  3. ^ ちょっとマリオなニンテンドー3DS”. 任天堂 (2011年10月21日). 2011年10月22日閲覧。
  4. ^ a b 光神話 パルテナの鏡 [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ Provo, Frank (2007年2月16日). “Kid Icarus Wii Review”. GameSpot. CBS Interactive Inc. 2009年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月7日閲覧。
  6. ^ Thomas, Lucas M. (2007年3月6日). “Kid Icarus Review”. IGN. IGN Entertainment, Inc. 2011年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月26日閲覧。
  7. ^ “8-Bit NES Game Index”. Nintendo Magazine System (EMAP Images Limited) (1): 106. (October 1992). 
  8. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 19頁。
  9. ^ a b 「総力特集 フォーエバー DISK SYSTEM」、『ユーゲー 2003 Vol.09』第7巻第18号、キルタイムコミュニケーション2003年10月1日、 7頁、 ISBN 雑誌17630-10
  10. ^ a b ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~ 光神話 パルテナの鏡” (日本語). 2016年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]