山口優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山口 優(やまぐち すぐる、1963年8月17日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー東京都出身。音楽制作会社 マニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ代表。

アニメ『トライガン』劇伴、井上陽水等のバッグバンドで知られるギタリスト、元ティポグラフィカ今堀恒雄は義弟にあたる。

人物[編集]

慶應義塾高等学校卒、慶應義塾大学経済学部中退。

1987年松前公高とのユニットEXPOで、アルファレコードのレーベル「G.M.O.レコード」より『エキスポの万国大戦略』をリリース。1990年から1993年まではハイポジにメンバーとして、また共同プロデューサーとして在籍。東芝EMIよりリリースされたアルバム2枚に参加ののち脱退。

80年代半ばより、映像作品、ゲーム音楽のための音楽制作を開始。特にゲームはプレイステーション以前より長く開発に関わっている。『がんばれ森川君2号』や自動作曲を取り入れた『くまうた』など、いわゆるゲーム音楽らしからぬ作風が特徴。

近年は中村勇吾らが手掛けるユニクロをはじめとするウェブサイトメディアアートソフトウェア、携帯電話、スマートフォン等プロダクト系サウンドなどを手がける。またNHK教育への楽曲提供も多い。EXPOとして、2007年夏にフランスマルセイユで行われたアヴァン・ポップ、レコメン系フェス「Festival MIMI」(元Etron Fou LeloublanのFerdinand Richard主宰)に出演。近作は EXPO名義で音楽を担当したアニメ『キルミーベイベー』、京都アニメーション製作の『たまこまーけっと』(作曲・音楽プロデュース)等。

90年初めより、アルトキスタジオ名義で作曲家数人で音楽プロダクションを始め、後年それを法人化したものが現在のマニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツである。同社では音楽制作以外に中古レコード店「マニュアル・オブ・エラーズ・ソノタ」を経営。他店では「その他」として括られるジャンル(宗教、医療用、企業ノベルティ等)からソフトロックイージーリスニングラウンジ等、幅広く中古レコードを扱っている。洋の東西を問わず、音痴のレコードには造詣が深い。2011年放映のタモリ倶楽部「勝ち抜き歌ヘタ合戦」では、音痴レコードの解説者として出演した。

主な活動[編集]

WEB[編集]

Media Art[編集]

Game[編集]

TV[編集]

TVCF・VP[編集]

その他[編集]

  • 今田耕司「KOJI 2000」エクストラトラック編曲
  • 映画「クリスマスにプレゼントを選ぶこともなく」
  • 東芝EX-PAD「えいごであそぼ」
  • スミ子(うるまでるび作品)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]