タルコンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タルコンガは、任天堂ゲーム機ニンテンドーゲームキューブ」の周辺機器である。

概要[編集]

タルコンガ

ドンキーコンガ専用として開発されたコントローラーでに2つのタルが隣同士にくっ付いたデザインをしている。見た目と大きさは楽器のボンゴに類似しているが、名称は大きさも形状も異なるコンガからとられている。

タルの間にスタートボタンがあり、この中間のところから伸びたコードの先端のプラグをコントローラコネクタに差し込んで使用する。

タルの上の部分にそれぞれ叩く面がある。軽く押すだけでゲームに反映するほど反応が早い。使用しているゲームは無いが、実は1つの面は2つの領域に分かれており、それぞれの領域を異なるボタンが担当している。

タルの下の部分には収納するときにプラグをはめ込むことのできるくぼみがある。

音に反応する機能もあり、拍手したりタルの横を叩いたりするとゲームに別の反映が起きる。このマイク機能を付けることを提案したのはマリオの生みの親として知られる宮本茂である。

対応ソフト[編集]

※『ドンキーコング たるジェットレース』も、GCで開発されていた頃はタルコンガ対応ソフトであったが、Wiiに移行になると同時にタルコンガ非対応となった。