バーコードボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バーコードボーイBarcode Boy)は、ソフエルが開発しナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が1992年に発売したゲームボーイ用周辺機器[1]日本でのみ発売。

概要[編集]

ICリーダーなどの製造を本業とし、自社で家庭用ゲームの開発も行っていた(現在は撤退)ソフエルが開発し、OEM製品としてナムコが発売した[2]エポック社1991年に発売してヒット商品となったバーコードバトラーと同様、商品のバーコードをリーダーで読み取るとゲーム中のキャラクターの能力が変化するなどの演出が為される仕様となっている[1]

なお、端子が初期型ハードのみに対応したものになっているためゲームボーイポケットゲームボーイカラースーパーゲームボーイ2スーパーファミコン周辺機器)・ゲームボーイプレーヤーゲームキューブ周辺機器)と接続する場合は別途、ゲームボーイポケット専用変換コネクタが必要になる。スーパーゲームボーイ(初期型)やゲームボーイアドバンスSPには接続不可。

ソフト一覧[編集]

全てナムコ発売。

専用ソフト[編集]

以下の2タイトルはバーコードボーイ本体との同梱セットも発売された。

対応ソフト[編集]

以下の3タイトルは専用ソフトではないため、バーコードボーイが無くてもプレイ自体は可能である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社QBQ編 『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117790 p115
  2. ^ 株式会社ソフエル・沿革

関連項目[編集]