小野浩 (ゲームクリエイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 浩(おの ひろし、1957年6月24日 - 2021年10月16日)は日本のゲームクリエイターデザイナー

「Mr.Dotman」「ドットの神様」の通称でも知られ[1][2]、2016年からは自身のブランド「Mr.Dotman」を立ち上げて活動。

来歴・人物[編集]

日本デザイナー学院を卒業し、1979年にナムコグラフィックデザイナーとして入社。『ギャラクシアン』『ラリーX』『ギャラガ』『ゼビウス』『マッピー』など数多くのタイトルのドット絵やCG、筐体デザインを担当した。2006年、バンダイナムコゲームスに転籍。

2013年に退職し、フリーランスで活動[3]。ゲーム制作のかたわら、ドット絵のワークショップを開いている[4]

ギャラクシアンのように上から見下ろした画面構成のゲームでは、トレスコ(トレス・スコープ)を用いていた。キャラクターが回転する絵を描く際は、回転する円盤を作り、その上に描こうとしているキャラクターの模型を取り付ける。それをトレスコの原稿台に固定して、手動で回転させるといった工夫をした[5]

2021年自己免疫性肝炎の疑いで入院していたが[6]、10月16日に死去[7][8][9]。64歳没。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f LaLaBit “『小野 Mr.Dotman 浩』に聴く「アイドルマスター ドット絵グッズ」の開発秘話”. LaLaBit. 2017年9月8日閲覧。
  2. ^ ファミ通App “ドットの神様Mr.Dotmanも登場!元ナムコのクリエイター陣に訊く『タッチ・ザ・マッピー』前編”. ファミ通App(2016年7月9日). 2017年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 鴫原盛之 “【あの開発者はここにいた!】 第3回:ナムコで数々の人気キャラクターを形にした「Mr.ドットマン」こと小野浩氏”. GameDeets(2016年7月19日). 2017年9月9日閲覧。
  4. ^ mr.dotmanの投稿(1829379493942230) - Facebook[リンク切れ]
  5. ^ とみさわ昭仁 “ドット絵の匠・インタービューシリーズ1 小野「Mr.ドットマン」浩編”. ファミ熱!!プロジェクト(2016年7月9日). 2017年9月9日閲覧。
  6. ^ 病と戦う伝説のドット絵師「Mr.ドットマン」小野浩の再起をドキュメンタリー映画に!『入魂 NEW/CONTINUE』”. MotionGallery. 2021年10月18日閲覧。
  7. ^ Mr.ドットマン [@MrDotman_info] (2021年10月18日). "#Mrドットマン #小野浩 #クラウドファンディング を応援していただいた皆様へご報告です。" (ツイート). Twitterより2021年10月18日閲覧
  8. ^ 岩瀬賢斗. “「ゼビウス」や「ギャラガ」のドット絵を手掛けた小野浩氏が逝去”. GAME Watch. インプレス. 2021年10月18日閲覧。
  9. ^ “ドット絵の神様” 小野浩氏が逝去。『ゼビウス』『ギャラガ』『マッピー』などナムコ作品のグラフィック制作に貢献”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2021年10月18日). 2021年10月18日閲覧。
  10. ^ キラキラスターナイトDX(FC/FC互換機用)”. コロンバスサークル. 2018年2月8日閲覧。
  11. ^ NEO平安京エイリアン(FC/FC互換機用)”. コロンバスサークル. 2018年2月8日閲覧。
  12. ^ ドットの拳 GIGA”. 2021年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]