デンジャラスシード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デンジャラスシード
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
ディレクター H.SHIMA
デザイナー S.SHIMIZU
篠崎雄一郎
プログラマー A.SAM
S.SHIMIZU
音楽 奈雲美徳
美術 篠崎雄一郎
佐々木茂雄
福岡充
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板(1.94メガバイト
稼働時期
  • 日本 1989年12月 (1989-12)
デバイス 8方向レバー
2ボタン
システム基板 SYSTEM I
CPU MC6809 (@ 1.536 MHz)×2
HD63701 (@ 1.536 MHz)
サウンド MC6809 (@ 1.536 MHz)
YM2151 (@ 3.580 MHz)
Namco CUS30 (@ 12.000 kHz)
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
288×224ピクセル
60.61Hz
パレット8192色
テンプレートを表示

デンジャラスシード』 (Dangerous Seed) とは、1989年ナムコ(後のバンダイナムコゲームス・ナムコレーベル名義)から発売されたアーケード用の縦画面・縦スクロールシューティングゲーム

翌年の1990年にはメガドライブに移植されたが、ゲームシステムはアレンジされており、アーケード版とは大きく異なる(#メガドライブ版を参照)。

以下、特記なき限りオリジナルであるアーケード版について解説する。

概要[ソースを編集]

1レバー2ボタンで自機を操作する。ボタンはそれぞれ、ショット、特殊武器(ボンバー)に用いる。

変則残機+ライフ性を採っている。α号、β号、γ号の三機がそれぞれ残機となっており、α号でスタート、α号でミスをするとβ号でリスタートとなり、β号でミスをするとγ号でリスタートとなる。5ステージ目に残った機体が合体。合体後はライフ0で即ゲームオーバーとなる。破壊され失った機体はコンティニューしない限りは復活することはない。

昆虫たちを模したメカが敵で、ボスは一定時間が経過すると逃げ出し、後半ステージでは次ステージのボスと合体して登場するフィーチャーがある。

難易度はかなり高い。敵弾が多いにもかかわらずハイパーボム以外の特殊武器では敵弾が消せないほか、一度被弾しても無敵にならないため弾幕の抜け方を失敗すると即死につながってしまうこともある。その上ライフを大きく減少させる、多くの場合即死となりえる攻撃も頻発する。また、5ステージ目以降は三機合体していないと話にならない難易度のため、1~4ステージをもっとも火力の低いα号だけでクリアしなければならない。

リリースされた時には、すでに同社の新基板システムIIで『ワルキューレの伝説』(1989年)などが発売されており、余ったシステムIを使うという点から出回りは比較的良かったようである。

ゲーム内容[ソースを編集]

自機[ソースを編集]

前述のように、自機はα号、β号、γ号の3機がある。これ以外に合体した機体もあり、プレイヤーが操作できる形態としてはβγとαβγが存在する。それぞれ敵機を破壊していくことにより徐々にメインウェポンがパワーアップしていく。

α号[ソースを編集]

  • メインウェポン:自機前方へ突き進むショット
  • 特殊武器:リングレーザー
  • ライフ:3

ゲームスタート時に操作する機体。メインウェポンは前方集中型で横方向の判定は狭いが、パワーアップで判定が広がっていく。リングレーザーは敵をある程度追尾する性能をもつ。他の機体と比べて連射力に優れるものの攻撃力は低く、ライフも3と少ない。

β号[ソースを編集]

  • メインウェポン:V字状に発射されるショット
  • 特殊武器:メルトミサイル
  • ライフ:4

α号が破壊された後に操作する機体。メインウェポンは前方方向へV字状にショットを放つ。敵を追尾し大きなダメージを与えるメルトミサイルが強力。

γ号[ソースを編集]

  • メインウェポン:自機前方へ突き進むショット+リング状ショット
  • 特殊武器:ハイパーボム
  • ライフ:5

β号が破壊された後に操作する機体。メインウェポンはα号のものに加えてリング状のショットを左右斜め前方へ発射する。ハイパーボムは強力で敵弾を消す効果もあるが、1発のみしか発射せず、その分効果発揮時間も短い。γ号が破壊されるとゲームオーバーとなる。

βγ合体形態[ソースを編集]

  • メインウェポン:自機前方へ突き進むショット+V字状に発射されるショット
  • 特殊武器:ハイパーボム
  • ライフ:9

β号とγ号が合体した形態。α号のみ破壊され、β号で前半ステージを終了するとこの形態になる。

αβγ合体形態[ソースを編集]

  • メインウェポン:自機前方へ突き進むショット+V字状に発射されるショット+リング状ショット
  • 特殊武器:ハイパーボム
  • ライフ:12

α号とβ号、γ号が合体した形態。α号で前半ステージをクリアするとこの形態になる。リング状ショットはγ号のそれとは違い、敵を追尾する性能をもつ。攻撃力は高いが、自機の当たり判定が最も広くなる。後半ステージでコンティニューをすると、無条件にこの形態でスタートする。

メインウェポンの性質変更[ソースを編集]

本作に用意されているオペレーター用設定モードには、自機が発射するショットの性質を変更できる機能が用意されており、以下の3種類から選択できるようになっている。プレイヤー自身が設定変更することはできない。

  • RAPID - 標準連射(出荷時設定)
  • MANUAL - 連射なし
  • FULL - 高速連射

アイテム[ソースを編集]

地上に鎮座する特定の敵機を破壊するとアイテムが出現する。この敵機の色は4種類あり、うち3種は特殊武器のストック追加、残りの1種はライフ回復アイテムを持っている。

  • 緑・青・赤
    特殊武器の追加アイテムを出現させる。取得すると特殊武器が1つ追加される。α号でプレイ中は緑、β号は青、それ以外は赤のみが出現する。それぞれは搭載する特殊兵器が異なるために表現が異なるのみで、取得した際の効果は同じ。特殊武器を4つ所持している状態で破壊すると星型のボーナスアイテムに変化する。N個目の星がN万点で、ライフも1回復するが、4面終了時に取った個数がリセットされる。(たとえば、4面までに6個星を取っていても、5面以降の星は1万点から)
  • ライフ回復アイテムを出現させる。取得するとライフが2つ回復する。このアイテムは橙「エネルギーカプセル」と青「ハイパーブースター」の2種類があり、青を取得した場合は橙のライフ回復効果に加えて無敵となり、ボス前まで高速で移動する。高速で移動している間は画面上に「EMEAGENT ESCAPE!! CHALLENGING AREA」と表示され、空中敵が出なくなり、地上敵を破壊した時の点数が通常時の10倍となる。青は2面と3面と4面にしか出ない。

ステージ構成[ソースを編集]

前半であるステージ1から4はチューブ編。後半のステージ5から8までは太陽系外惑星を巡り敵の本拠地を目指す。

STAGE ステージ名 自機の状態 内容 ボス
1 1ST TUBE 単独(3機) TRIPLE-EYE
2 2ND TUBE STRIKE-ANTS
3 3RD TUBE ROLLER-SNAIL
4 4TH TUBE HUNTER-MOTH
5 MARS(火星) 合体形態 MULTI-SQUID
6 JUPITER(木星) SHARK-MOUTH
SATURN(土星) ステージ5でボスを逃がした場合、ステージ6は木星ではなく土星になる。ボスはMULTI-SQUIDとSHARK-MOUTHが合体したもの。 MONSTER-HEAD
7 URANUS(天王星) TWIN-CLAW
PULTO(冥王星) ステージ6(木星)でボスを逃がした場合、ステージ7は天王星から冥王星になる。ボスはSHARK-MOUTHとTWIN-CLAWが合体したもの。 MONSTER-MOUTH
NEPTUNE(海王星) ステージ6(土星)でボスを逃がした場合、ステージ7は海王星になる。ボスはステージ5、6、7のボスが合体したものになる。 ULTIMATE-TIGER
8 FINAL 最終ステージ。ステージ1から4までのボスが再登場する。 DANGER-SEED

他機種版[ソースを編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 デンジャラスシード
  • 日本 1990年12月18日 (1990-12-18)
メガドライブ ナムコ ナムコ 4メガビットロムカセット[1] T-14033 -

メガドライブ版[ソースを編集]

家庭用に合わせた仕様変更と難易度調整がされている。オリジナルステージを含めてステージ数は12となった。BGMは、スローペースだった業務用のもののテンポを上げるアレンジがなされている。また、相対的に画面が広くなり弾よけが容易になっている。ボムの性能が上がり主に持続時間が長くなっているほか、残機制になった。

機体はミスするたびに交代する形式ではなく、ステージをクリアするごとに合流・合体する形式になった。合体後、ある程度ダメージを喰らうと、機体の一部が脱落する。この場合はその機体が欠けた状態でゲームを続行し、アイテムを拾うことで回復する場合がある。追い詰められると、最終的にはγ号1機で戦うこととなる。

また、スピードアップ、バリアのアイテム追加のほか、武装を変更するアイテムも登場し、3種類の武装を自由に選べる。その内訳は従来型の最も広域を攻撃できる緑タイプ、前方広域攻撃に特化した赤タイプ、前方に威力は弱いが敵を貫通するレーザーを発射する青タイプとなっている。

更に3ボタン操作となっており、追加されたボタンによって、合体時にフォーメーションを変更することが可能となった。メインになる機体がαタイプだと前方攻撃、βタイプなら側方攻撃、γタイプは後方攻撃が強力になる。

ステージ構成[ソースを編集]

STAGE ステージ名 自機の状態 内容 ボス
1 1ST TUBE 単独(α号のみ) TRIPLE-EYE
2 2ND TUBE アーケード版とは違いボスは1体のみ登場。 STRIKE-ANT
3 3RD TUBE 合体形態(α号とβ号) ROLLER-SNAIL
4 4TH TUBE HUNTER-MOTH
ステージ5から8まではアーケード版と同じ。
8 TARGET PLANET 合体形態 ステージ1から4までのボスが再登場する。 DANGER-SEED
9 IN DANGER-SEED 唯一の障害物のあるステージ。 ULTIMATE-TIGER
10 ボスはTRIPLE-EYEとSTRIKE-ANTが合体したもの。 STRIKE-MANTIS
11 ボスはROLLER-SNAILとHUNTER-MOTHのコアが合体したもの。 HUNTER-SNAIL
12 最終ステージ。 BRAIN OF DANGER

スタッフ[ソースを編集]

  • ゲーム・デザイナー:S.SHIMIZU、篠崎雄一郎
  • キャラクター・デザイナー:篠崎雄一郎、佐々木茂雄、福岡充
  • グラフィック・デザイナー:篠崎雄一郎、うすくらあきら
  • ビジュアル・デザイナー:篠崎雄一郎、佐々木茂雄、福岡充、M.ISHIDA
  • プログラマー:A.SAM、S.SHIMIZU
  • ミュージック・コンポーザー:奈雲美徳
  • ディレクター:H.SHIMA
  • アシスタント・ディレクター:S.SHIMIZU

評価[ソースを編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 26/40点 (MD)[2]
メガドライブFAN 17.61/30点 (MD)[1]
受賞
媒体 受賞
第4回ゲーメスト大賞 年間ヒットゲーム37位 (AC)[3]
アーケード版

ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第4回ゲーメスト大賞」(1990年度)において年間ヒットゲームで37位を獲得した[3]。また、1991年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』内の「ビデオゲームフルリスト」の紹介文では、「スペースシューティングとして連射が付いていたがちょっと高難度ゲーム」と評されている[4]

メガドライブ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計26点(満40点)[2]、『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.61点(満30点)となっている[1]。同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「アーケード版より簡単になった難易度には好感が持てる」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.98 3.13 3.06 2.87 2.74 2.83 17.61

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 62頁。
  2. ^ a b デンジャラスシード まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ a b 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 18 - 19頁、 ISBN 9784881994290
  4. ^ 「ビデオゲーム フルリスト」、『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社1991年7月1日、 175 - 216頁、 ISBN 雑誌03660-7