リッジレーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッジレーサー
Ridge Racer
ジャンル 3Dレーシングゲーム
対応機種 アーケード [AC]
プレイステーション [PS]
iアプリ [i]
EZアプリ (BREW) [EZ]
S!アプリ [S]
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
音楽 細江慎治
佐宗綾子
佐野信義
シリーズ リッジレーサーシリーズ
人数 1人
メディア PS:CD-ROM
i・EZ・S:ダウンロード販売
発売日 AC:
日本の旗 1993年
PS:
日本の旗 1994年12月3日
アメリカ合衆国の旗 1995年9月9日
欧州連合の旗 1995年9月29日
PS(廉価版):
日本の旗 1996年7月12日
EZ:
2005年8月11日
デバイス PS:ネジコン対応
アスペクト比 4:3
筐体 コクピット筐体
システム基板 SYSTEM22
テンプレートを表示

リッジレーサー』(Ridge Racer)は、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)より発売されたレースゲームである。本項では1作目を中心に記述する。

概要[編集]

1993年アーケードゲーム(以下、AC)として稼動開始し、後にコンシューマーゲーム携帯電話ゲームにも移植された。高速のままコーナーを速度をほとんど落とさず派手なドリフト走行で曲がり切ったり、高低差により大きくジャンプしたりと、リアリティを度外視した爽快感重視のゲーム性が特徴のレースゲーム。これらの要素は後のシリーズにも受け継がれている。

1994年発表されたセガの『デイトナUSA』と共にテクスチャマッピングを導入した最初期の3Dレースゲームである。ちなみにタイトルの『リッジレーサー』には「峠の走り屋」の意味がある。

AC版からほぼ1年後に登場したプレイステーション(以下、PS)版は、同ハードのローンチタイトルとして発売された。コンシューマー用のオリジナル要素として、ライバルカーの使用や、驚異の能力をもつデビルカーの出現、逆走モードなど、様々な追加要素が導入された。ゲーム起動時の読み込み中に『ギャラクシアン』で遊ぶことができ、以降のシリーズでも起動時ミニゲームで遊べるのが定番となった。

システム[編集]

ドリフト[編集]

次のような方法でドリフト走行をすることができる。

  • ステアリングを切り、マシンが曲がり始めたら1度アクセルを離して再び踏む。
  • ステアリングを切りつつ、ブレーキを一瞬踏む。
  • ステアリングを切ったら一瞬アクセルを離し、その瞬間にブレーキを踏む。

マシンを横滑りを始めさせ、横滑りが始まったらアクセルを踏みつつ逆にステアリングを切り(カウンターステア)走行ラインを調節する、という操作でドリフトとなる。ドリフト時はマシンの挙動に補正がかかり、きっかけの作り方さえわかれば簡単にドリフトが可能である。

シリーズ中では比較的ドリフト走行への補正がおとなしいAC版では、ドリフト状態にある間はそれなりのペースで減速していく。ドリフトしている間にシフトをニュートラル状態としてエンジン回転数を上げることにより、ドリフト状態終了後の速度回復を速くするという、熟練者でも成功率が8割を超えない非常に難易度が高い技が存在していた(SD筐体以外)。このため、ドリフトで抜けた方が速いカーブとグリップで抜けた方が速いカーブとの見極めが難しく、究極的なタイムを目指す場合の攻略難易度は非常に高かった。なお『リッジレーサー2』以降においてはドリフト中の減速自体が抑えられたため、この技を行う意味がない。

PS版オリジナル要素として、路面とほぼ並行にドリフトする「サイレントドリフト」と呼ばれる半バグ技が存在する。成功するとグリップ走行と同じように無音で曲がり始めるが、旋回性能はドリフト時のものとなり、それに加え本来の最高速度以上に加速し始める。この技を利用すると残タイムカウンタが99以上になってしまいカウンターストップしてしまったりする(カウンターストップ中はカウンターの色が青になり100秒以上残っていることを示す)。

タイム計測方法[編集]

タイムの計測方法はユニークで、スタート後コース上のフィニッシュラインを通過すると、そこからタイム計測が開始される、ただし制限時間はスタートから減り続ける。そのため、一定距離逆走し、スタートライン通過時の速度を稼いでタイムを伸ばすテクニックも存在した。ただし、本作以降のタイム制限がなくなった作品では、タイムアタックモードでそれを行うと失格となる。

モード・コース[編集]

(規定周回数はアーケード版デフォルト設定のもの)

初級
規定周回数は2周。開始時制限時間66秒、最高速度164km/h(コース選択時は160km/hと表示)。
中級
規定周回数は3周。開始時制限時間59秒、最高速度210km/h(コース選択時は200km/hと表示)。
上級
規定周回数は3周。開始時制限時間52秒、最高速度215km/h(コース選択時は200km/hと表示)。
T.T.(タイムトライアル)
規定周回数は3周。開始時制限時間47秒、最高速度230km/h(コース選択時は220km/hと表示)。このモードのみライバルと1対1でレースする。

モードは4つ用意されているが、初級と中級、上級とT.T.は同じルートを走ることになるため、コースとしては実質2種類。両方がルートの一部を共用しており、コース前半は同一ルートを走行するが、コース後半に分岐点がある。初級・中級では分岐を直進したあと、最終カーブを曲がってゴールに辿り着くが、上級・T.T.では曲がりくねった上にコース幅が狭い上級者向けコースを走行する。

PS版では全モードを1位でゴールすると、コースの逆走であるエクストラコースが使用可能になる。しかし単に逆走になったわけではなく、チェックポイント数の減少、走行中に真夜中になることによる視界の悪化等の効果が合わさるため、順走に比べて難易度は跳ね上がっている。

マシン[編集]

マシンの名称やステッカーなどには、ナムコが開発した過去のゲームが引用されている。

PS版[編集]

ノーマルカー[編集]

次の4車種が最初から使用可能。

  • #3 F/A RACING
のマシンカラーと小型なクーペスタイルが特徴の、本作の主役マシン。標準性能型で操作性はそれなりに良く、ドリフトがしやすい一台。最高速度がノーマルカーの中でRT RYUKYUに次いで遅いという欠点がある。
  • #4 RT RYUKYU
黄緑トリコロールカラーのマシン。F/A RACINGとボディが酷似しており、加速性・最高速は非常に劣る一方、旋回性能はノーマルカーの中でトップクラスを誇る、初心者向けマシン。
  • #2 RT YELLOW SOLVALOU
本作のライバルカー。加速性能が非常に高いマシンであるが、一方でハンドリングが劣っており操作性が非常に難しく、乗り手を選ぶマシンとなっている。なお、自車がこのマシンの場合は代わりにF/A RACINGがライバルカーとなる。
  • #12 RT BLUE SOLVALOU
ノーマルカーの中で最も最高速度が高い、RT YELLOW SOLVALOUとは色違いの上級者向けマシン。加速力・ハンドリングがやや劣るものの、ドリフトの立て直しがしやすい。上手く乗りこなすことが出来ればデビルカーにも負けないタイムを叩き出すことが出来る。

また、ゲーム起動時に遊ぶことが出来る『ギャラクシアン』でパーフェクトを達成すると、敵車として登場している以下の8台を使用できるようになる。

  • #15 RT PINK MAPPY
標準性能型で比較的おとなしめの性能のマシン。F/A RACINGよりも比較的小型のピンク色のマシンで、両サイドとボンネットにマッピーの絵柄がデザインされている。
  • #5 RT BLUE MAPPY
標準性能型のマシンで、RT PINK MAPPYの色違い。RT PINK MAPPYと比べると若干ハンドリング性能が高くなっている。
  • #16 GALAGA RT PLID'S
旋回性重視型のマシン。RT RYUKYUと比べるとややハンドリングは劣るものの、その分最高速度が高い。RT PINK MAPPYとほぼ同様の小型のボディに黄色系・オレンジ系の4色が塗り分けられており、マシンの両サイドにディグダグの絵柄がデザインされている。
  • #6 GALAGA RT CARROT
旋回性重視型のマシン。GALAGA RT PRID'Sの色違いで、オレンジ黄色紺色の4色に塗り分けられている。GALAGA RT PLID'Sと比べるとやや旋回性能が高く、初心者にとって扱いやすい一台。
  • #18 RT BOSCONIAN
黄色のF/A RACING同様のボディにのラインが入った標準性能型のマシン。加速性、最高速、ハンドリングのバランスがまとまっている一台。なお、次作『リッジレーサーレボリューション』ではフロントマスクとカラーリングが一部変更されている。
  • #8 RT NEBULASRAY
黄色のF/A RACING同様のボディにのラインが入った標準性能型のマシンであり、色違いであるRT BOSCONIANと比べるとハンドリングが若干劣っている。RT BOSCONIAN同様、次作『リッジレーサーレボリューション』ではフロントマスクとカラーリングが一部変更されている。また、AC版にはこのマシンは登場していない。
  • #7 RT XEVIOUS RED
加速性重視のマシン。RT YELLOW SOLVALOUと比べると加速性はやや劣るが、その分最高速・ハンドリング性能が高くなっている。マシンのボディはRT YELLOW SOLVALOU・RT BLUE SOLVALOUと酷似しているが、リアスポイラーが無い、ライトがリトラクタブル式になっているなどの違いがある。
  • #17 RT XEVIOUS GREEN
RT XEVIOUS REDの色違いで、最高速重視のマシン。RT BLUE SOLVALOUと比べると最高速はやや劣るが、その分加速性能・ハンドリング性能が高くなっている。なお、AC版ではこのマシンは登場せず、代わりに色違いで黄色のXEVIOUS系マシンが敵車として登場している。また、次作『リッジレーサーレボリューション』ではたまにライバルカー・RT YELLOW SOLVALOUを差し置いて1位でゴールすることがある。

デビルカー[編集]

ノーマルカーを遙かに上回る性能を持っている。一定条件を満たした後、T.T.に登場するデビルカーに勝利することで使用可能となる。

  • #13 13th RACING
黒を基調としたデビルカーで、RT YELLOW SOLVALOUよりもやや大きめのボディである。操縦性が非常に優れており、加速性を除く全性能が最高レベルに達している。但しグリップが高いことから、ドリフトがし辛くなっている。
  • #0 WHITE ANGEL
白を基調としたクーペスタイルのデビルカーであり、ハイスペックVer.のみ使用可能。基は次作『リッジレーサーレボリューション』の上級T.T.で登場したデビルカーである。接地性能を除く全性能が13th RACINGをも上回るレベルに達しているため、ドリフトがしやすく非常に速いタイムを叩き出し易いマシンとなっている。

AC版[編集]

AC版では全登場車種及び使用可能なマシンがPS版と大きく異なる。また、後にPS版に収録されたマシンについても、カーナンバーや貼られているステッカーがAC版とPS版で一部異なる。

プレイヤーカー[編集]

  • #76 F/A RACING
自車として使用できるのはこのマシンのみ。コース上赤色で表示される。PS版のF/A RACINGと比べると、「NAVIWAY」のステッカーの部分が「RAVE WAR」になっている等の違いがある。

敵車[編集]

  • #9 RT CYBER
本作のライバルカーで、PS版のRT YELLOW SOLVALOUで、「SOLVALOU」のステッカーの部分が「CYBER」になっている。コース上黄色で表示される。レースでは常に1位でゴールするが、ミスがなければ1位になる前に抜くことも可能である。
  • #1 RT RALLY-X
PS版のRT XEVIOUS REDで、「XEVIOUS」のステッカーの部分が「RALLY-X」になっている。レースでは3位でゴールすることが多い。
  • #2 RT RIDGE RACER
PS版のRT BLUE SOLVALOUで、「SOLVALOU」のステッカーの部分が「RIDGE RACER」になっている。レースではライバルカーに次ぐ2位でゴールすることが多い。
  • #5 RT PROJECT DRAGOON
PS版のRT BOSCONIAN。AC版の次作『リッジレーサー2』では登場していない。
  • #25 RT RACING
青のカラーリングでF/A RACINGと同様のボディタイプのマシン。PS版では登場していない。
  • #29 RT PINK MAPPY
PS版のRT PINK MAPPY。
  • #35 RT HOEHOE
PS版のRT RYUKYU。次作『リッジレーサー2』ではカラーリングが一部変更されている。
  • #49 RT DIG DUG
PS版のGALAGA RT PRID'Sで、「GALAGA」のステッカーの部分が「DIG DUG」になっている。
  • #54 RT BLUE MAPPY
PS版のRT BLUE MAPPY。
  • #62 RT DIG DUG2
PS版のGALAGA RT CARROTだが、PS版とはカラーリングが若干異なる。PS版での「GALAGA」のステッカーの部分が「DIG DUG2」になっている。
  • #77 RT GAPLUS
PS版に登場したRT XEVIOUS GREENの色違い。PS版での「XEVIOUS」のステッカーの部分が「GAPLUS」になっている。レースでは4位でゴールすることが多い。

なお、アザーカーの台数の設定 によっては、一部の敵車が複数台レースに登場することもある。 リッジレーサーレボリューションが2代目リッジレーサー

BGM[編集]

作曲は細江慎治(megaten)、佐宗綾子(AYA)、佐野信義(sanodg)の3名で、ゲーム中に使用できるBGMは6曲。同社同音楽スタッフによる『F/A』や『ニューマンアスレチックス』などの音楽路線を継承し、サンプリングを多用したテクノミュージックを採用している。本作を皮切りとして、『リッジレーサー』シリーズでは従来のゲーム音楽とは一線を画す多彩な音楽性の提示を続けており、リッジサウンドなどと呼ばれることもある。

RIDGE RACER(POWER REMIX)
細江慎治作曲。唯一のフュージョン
RARE HERO(Sanodigy mix)
佐野信義作曲。同社のゲーム『ニューラリーX』の主旋律の一部をアレンジしてヘビーローテーションさせた曲。
FEELING OVER(UNDERGROUND)
佐宗綾子作曲。
ROTTERDAM NATION(FOO MIX)
細江慎治作曲。当時の日本ではあまり知られていなかったロッテルダムテクノを取り入れた。
SPEEDSTER(I Like A.T mix)
細江慎治作曲。バブル期のいわゆる「ジュリアナ曲」であるALFA TEAMの『SPEED』が元になっている。
RHYTHM SHIFT(12"Version)
細江慎治作曲。

重役相手のお披露目時にランダムで選曲されるBGMに、最も異彩を放っていた『ROTTERDAM NATION』がかかってしまい、ディレクターが頭を抱えたことがある[1]。他にも『リッジレーサー』のイントロで、基板に実装されていた32和音中20和音(12和音はシステム音に利用)を使い切るなど、エピソードは非常に多い。

PS版ではサウンドテストを選択すると、BGMと共にアザーカーのフリーランのライブ映像が流される。コンシューマーでは以降のシリーズにも同様のモードが実装されるようになる。

また、『ハイスペックVer.』では収録曲が異なり、上記『RIDGE RACER / 細江慎治』と、AC版『リッジレーサー2』及びPS版『リッジレーサーレボリューション』に収録された『GRIP / 佐野信義』の2曲のみが収録されている。

アーケード筐体[編集]

SD筐体
ステアリングアクセルペダルブレーキペダル、シーケンシャルパターンのシフトレバーが付いている。
DX筐体
ステアリング、アクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダル、Hパターンの6速シフトレバーが付いており、ニュートラル状態が存在する。ステアリングはSD筐体より大きめである。クラッチペダルを踏むとニュートラル状態となる。クラッチペダルを踏むことなくシフト操作をすると「カシュッ」という音が鳴るが、攻略上のペナルティ(減速・硬直等)はないため、全く使わなくても問題なくプレイできる。シートの位置を調節可能。
この筐体構造は以前より関係の深かったアタリの「ハードドライビン」シリーズや当時三菱プレシジョンと共同開発した自動車教習用シミュレーターからの継承技術のアンチテーゼとも思われるが、世の自動車の一部スポーツ車種においてシーケンシャルシフト移行期に入っており、素人目での難度見劣りとコストの兼合もありシーケンシャル移行と解釈するゲームが主流となってしまったのとオペレーター先でのスペース確保の問題の為、現存機種は少ない。アーケードのシリーズにおいては基板及びROMコンバージョンにおいてこの筐体専用の設定が入っている。
3画面筐体
DX筐体を3画面にした筐体。画面以外は全てDX筐体と同じである。基板は1画面につき1セット必要とする為、計3組要する。
フルスケール筐体
ユーノス・ロードスターに乗って、大きいスクリーンでプレイする。中身の基本はDX筐体。筐体に使われているロードスターに装着された実物のスピードメーターとタコメーターが実際に連動し、ステアリング、シフトレバー、ペダル類もロードスターのものをそのまま使用し、本来6速に設定されていたトランスミッションも筐体に使われているロードスターに合わせて5速に変更され、ゴール後のリプレイに登場する自車のグラフィックもロードスターになっている。プレイ料金が高く(300-500円/1play)、筐体設置に必要なスペースが非常に大きいといった難点があったため、あまり出回らなかった。イオンモール鈴鹿ベルシティのナムコランドで2002年頃まで「現在全国で唯一」という触れ込みで稼動していたが現在では撤去されてしまっている。

リッジレーサー ハイスペックVer.[編集]

R4 -RIDGE RACER TYPE 4-』には『リッジレーサー ハイスペックVer.』が収録された。これは30FPSだったPS版『リッジレーサー』を60FPSにしたことによって[2]、より滑らかな動きとしたものである。しかし、そのためにCPU含む12台で走行することはできなくなってしまった。プレイヤー1人で走る「T.A.」モードとライバルカーの2台で走る「T.T.」モードが用意されている。ちなみにPS版リッジレーサーの60fps化はソニーがPS用の「ランタイムライブラリVer.3」を発表したとき、そのデモンストレーションとして既に実現していた。

なお、2002年にPS one Booksとして発売された『R4』の廉価版には『ハイスペックVer.』は付属されていない。

トリビア[編集]

リッジレーサーのコースをデザインするにあたり、開発者が以前携わっていた大手ゼネコンでのシミュレーションCG作成のノウハウが大いに役立ったという逸話が残っている[3]。また、リッジレーサーのプログラマーで「リッジレーサーが売れたら結婚してあげる」いう約束を取り付け、実際大当たりしたが、酒の席での話だったので、結局反故にされてしまったという悲惨な逸話も残っている[1]

プレイステーション版リッジレーサーでは、Car No.2, 5, 6, 7, 8の数字が右寄りになっているが、これはCar No.12, 15, 16, 17, 18と同じテクスチャの、10の位の「1」を消して使っているためである。また、Car No.2, 7, 12, 17のテクスチャが、他の車と比べて荒くなっているが、これは元のテクスチャが他の車の14の大きさしかないのを拡大して使用しているためである。

理由は不明だが、プレイステーション版はマスターアップ直前で車のテクスチャデザインが刷新されている(「RAVEWAR」→「NAVIWAY」など)。その為、出荷直前の雑誌の紹介記事では古いテクスチャと新しいテクスチャの画面写真が混在して使われている。また付属のマニュアルではテクスチャの部分が塗りつぶされて使用されている。

関連商品[編集]

ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレス Vol.11 リッジレーサー
本作のサウンドトラック。8曲収録。1994年1月21日にビクターエンタテインメントより12cmCDで発売。
リッジレーサー
オリジナルサウンドとアレンジャーによるフルアレンジバージョンを収録したコンビネーションアルバム。13曲収録。元々JVCがイギリスでクラブシーン用に発売していた物を逆輸入販売したもの。1996年9月28日にビクターエンタテインメントより12cmCDとLPで発売。
リッジレーサー(LD)
開発者自身によるリッジレーサーとリッジレーサー2のプレイ映像を収録したレーザーディスク。おまけでCG合成で作成したアクロバット走行の映像が収録されている。1994年12月16日にビクターエンタテインメントより発売。
リッジレーザー
リッジレーサー(LD)で使用されていたリミックス版のBGMをCD化したもの。1995年2月22日にビクターエンタテインメントより発売。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレス Vol.14 リッジレーサー2』のライナーノーツより。
  2. ^ 正確には、インターレース30FPS表示の、1フレーム中のフィールドとフィールドの間にも表示を更新したことによって。
  3. ^ 『ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレス Vol.11 リッジレーサー』のライナーノーツより。

関連項目[編集]

  • ナムコレクション - PS2用オムニバスソフト。5作品の1つとしてPS版をベースにした『リッジレーサー』が収録されているが、BGMがPS版から変更されている。
  • 太鼓の達人 - 業務用と家庭用に『リッジレーサー』のサウンドが多数収録されている。
  • viva nonno - 業務用『リッジレーサー』のエミュレータ

外部リンク[編集]