ネジコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネジコン(neGcon)とはナムコ(現・バンダイナムコゲームス)がレースゲーム向けに開発したプレイステーション (PS) 用の周辺機器である。

概要[編集]

ネジコン
ねじったネジコン
ネジコン内部

アナログコントローラの一種。PS版『リッジレーサー』(1994年12月3日発売)の後を追うように1995年1月1日に発売された。サイズは全幅160mm、全長90mm、回転部直径70mm、重量280グラム。中央部に回転軸が設けられ本体をねじることができるようになっており、これにより自動車ハンドル操作をアナログ入力できる。商品名称も、この「ねじる」操作と「コントローラ」からの造語。PS用に発売された多くのレースゲームがネジコンに対応していた。

ボタンの内3箇所(Iボタン、IIボタン、Lボタン)もアナログ入力に対応しており、アクセルブレーキの操作に用いられた。これは、PS2付属のDUAL SHOCK2のような感圧式ではなく、回転角を感知する素子にピニオンギアを、10mm程度ストロークするボタンにラックギアを配することで、ボタンの直線方向の移動量を素子の回転角で測定する方式であった。

アナログと称してはいるが「アナログ操作」の事でありデータはねじり角、ボタン共に8ビット256段階(0~255)のデジタルで管理されている。例えばリッジレーサーVの初期設定の場合、ハンドル左右128段階ずつに割れてしまうため真ん中をとるため数値1分だけ左にずれている。左128、中心1、右127で256段階(完全に左へ切った状態を0と数えて128を中心としている)この辺りの微妙な判定等はソフト開発側でどうにでも調整はできる。

実際の自動車でのハンドル操作時の間接の動きが似ており、直感的に操作できるのが特徴。微妙なハンドル操作も可能で、それでいて少ない力量で瞬発的にハンドルを切れる。尚、ねじれる角度は片側およそ170°とほぼひっくり返ってしまう程広く、特にレースゲームにおいては最大角まで使用すると非常に激しい動作となり手首を痛め易く、ほとんどはまともにプレイ出来なくなる。そのためゲーム内の設定は半分(またはそれ以下)程までねじり角を狭く設定するのが一般的である。ねじり設定がそもそも出来ないタイトルにおいてはこの程度に設定されている。これらの事によりプレイヤーが実際使用する範囲は半分の128段階も使用しない程度である。

ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) からも2本のアナログスティックを装備したアナログコントローラが発売されたが、レースゲームにおいては、左スティックでハンドル、右スティック上でアクセル、下でブレーキという操作体系をとること(あるいはアクセル、ブレーキはボタンによるデジタル入力)となり、操作性に問題があったため、PS2登場までネジコンの地位は不動のものであった。また、SCEのアナログコントローラ登場までは、レースゲーム以外のアナログ入力が望ましいソフト(3Dシューティングゲーム等)にも対応していた。

1998年4月29日にはモデルチェンジ版とも言うべきブラックネジコンが発売された。初代ネジコンより一回り小さく、人間工学に基づいた設計が採用されたもので、ねじる操作がより自然に行えるようになった。

1998年12月3日には同会社から反発力(フォースフィードバック)を備える中心ダイヤル式のジョグコンが発売される。

PS2以降、感圧式アナログ入力ボタンを搭載したDUAL SHOCK2の標準化、またステアリングコントローラGT FORCEの登場により、ネジコンは廃れていった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

バンダイナムコゲームス公式サイト