ファミリーサーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ファミリーサーキット
ジャンル レースゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ゲームスタジオ
発売元 ナムコ
プロデューサー 今成一雄
デザイナー 遠藤雅伸
プログラマー 遠藤雅伸
もろぼしはずれ
音楽 大野木宣幸
美術 遠藤雅伸
シリーズ ファミリーシリーズ
人数 1人
メディア 1.25メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 198801061988年1月6日
その他 型式:NAM-FC-3900
テンプレートを表示

ファミリーサーキット』は、1988年にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフト。またはその作品をはじめとしたシリーズ。デザイナーは遠藤雅伸

概要[編集]

F1などのカーレースを題材にした1人用のレースゲーム。車は自由にセッティングでき、設定をパスワードで保存しておける。

レース中は「他車との接触(当たり判定)」という概念がないのが特徴であった(コース外の障害物には「当たり判定」が存在し、高速で衝突するとクラッシュで即リタイアとなる)。

なおスタート/ゴールに設けられたコントロールタワーはナムコが鈴鹿サーキットに広告を出していた関係で、それを模したデザインが使われた。

ゲーム内容[編集]

ゲームモード[編集]

セッティング
6種類の基本車体があり、カラーリングの選定やセッティングを行うと、マシンコードが表示される。このマシンコードを入力することで、自分が作成した車体をいつでも呼び出せる。
「マシントラブル」の概念があるのが特徴で、ターボブースト(過給圧)を高くするとタービンブローが起こりやすく、障害物との接触ではウイングの破損でマシンの安定性が失われる。電気系統やラジエター、トランスミッションにも故障の概念があり、ピットインして修理しないとエンジン本体にも影響を及ぼし、ついにはエンスト(リタイヤを選択するしかない)してしまう。タイヤもハイグリップを選ぶと当然磨耗が速く、パンク・バーストするとマシンが蛇行してコントロールしにくい状態となってしまう。
フリー走行
セッティングで作成した車体を走らせることができる。コースは40種類用意されている。鈴鹿サーキットモンテカルロ市街地コース、奥多摩裏六甲大垂水峠など、実在のサーキットや峠を模したものもある。
スプリントレース
4つのカテゴリーに分かれている。いずれのカテゴリーにおいても予選および決勝レースがある。参加台数はプレイヤーを含めて8台。予選は1ラップアタックの方式をとっており、2004年のF1世界選手権で採用していた予選方式と似ている。予選落ちはない(タイムを出せなかった場合は最後尾スタートとなる)。決勝における周回数はカテゴリーおよびサーキットによって異なるが、上位のカテゴリーほど多くなる。レース中のタイヤ交換は無制限。給油はできない。
決勝の成績によってドライバーズポイントを得ることが出来る。1位・9点、2位・6点、3位・4点、4位・3点、5位・2点、6位・1点、7位以下は0点(当時のF1と同じポイントシステム)で、全戦有効。有効ポイント制は採用されていない。
各カテゴリーの詳細は以下の通りである。
ノービス
最下位に位置するカテゴリー。全4戦。ライバルの名前はナムコのゲームのキャラクターである。
Bクラス
ノービスの1つ上のカテゴリー。全6戦。
Aクラス
Bクラスの1つ上のカテゴリー。全10戦。主なライバルは以下の通り。
スーパーA
最上位のカテゴリー。全16戦。F1世界選手権を模したものと考えられる。基本的に1987年のF1シリーズと同じプログラムが組まれているが、後述にあるように、スペイングランプリであるヘレスが第2戦に組み込まれており(実際は第13戦開催)、またその年には未開催のサーキットが組まれる場合もある。主なライバルは以下の通り。
Nピケ
ウィリアムズFW11と同様のカラーリングをもつマシンを操る。最も速度が出るマシンに仕上がっており、高速サーキットに滅法強い。
マンセル
ウィリアムズFW11と同様のカラーリングをもつマシンを操る。Nピケのマシンよりも最高速では劣るが、コーナリングスピードは速い。
フロスト
マクラーレンMP4/3と同様のカラーリングを持つマシンを操る。コーナリングスピードが最も速く、テクニカルサーキットに滅法強い。
A.セナ
ロータス99Tと同様のカラーリングを持つマシンを操る。上記の3人より戦闘力は劣るが、選手権を通じて必ず上位に食い込んでくる。
サトルN
ロータス99Tと同様のカラーリングを持つマシンを操る。最高速はNピケと同じくらいのレベルまで達するため、高速サーキットでは上位に食い込んでくることがあるが、コーナリングスピードが遅く、テクニカルサーキットでは遅れをとる。
  スーパーAでの開催サーキット

(2つある場合はどちらかが自動で選択される)

1 ジャカレパグア
2 ヘレス キャラミ
3 イモラ
4 スパ フランコルシャン ゾルダー
5 モンテカルロ
6 デトロイト ロングビーチ
7 ポールリカール ディジョン プレノワ
8 シルバーストーン ブランズハッチ
9 ホッケンハイム ニューブルクリンク
10 ハンガロリンク ザンドボールト
11 オステルライヒリンク
12 モンツァ
13 エストリル
14 ロドリゲス モントリオール
15 すずか ふじ
16 アデレード
たいきゅうレース
距離をこなすものと規定時間走り続けるものがある。ほとんどのレースのモデルはプロトタイプレーシングカーで行われていたが、ゲーム上では全レースフォーミュラカーで行われる。レース中のタイヤ交換および給油は無制限である。
24時間耐久レース(ル・マン24時間など)は実際に24時間ゲームを行うわけではないが、約2時間は画面から離れることができない。その上、ライバル(コンピューター)車は総じて遅いため、トップを独走することになり、あとはひたすら集中力との戦いになる。
かんせん
レースを観戦できる。固定視点モードと、特定のドライバーを追っかけるモードがある。ストップウォッチを扱うことができ、ライバルの走りを研究することが可能である。

スタッフ[編集]

  • ゲームデザイン、キャラクターデザイン、マイカー走行プログラム:遠藤雅伸
  • ゲームプログラム:もろぼしはずれ
  • 音楽、サウンドプログラム:大野木宣幸
  • プロデュース:今成一雄
  • マネージメント:なかざとたかし、いしむらこうじ
  • テストドライバー:とおますナイト(内藤智)

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 32/40点[2]
(ゴールド殿堂)
ファミリーコンピュータMagazine 19.27/30点[1]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、8・8・8・8の合計32点(満40点)でゴールド殿堂入りを獲得[2]、レビュアーの意見としては、4人中3人が同時期に任天堂から発売された『ファミコングランプリ F1レース』(1987年)と比較した内容になっており、「敵車と当たってもクラッシュしないという考えかたも新しい」、「地面のスクロールとかも速くてスムーズだし、操作感そのものが楽しい」、「車好きにはたまらない魅力」、「なめらかなマシンの動きとピットクルーの動きには感心してしまった」などと評されている[3]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は19.27点(満30点)となっている[1]。同誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「本物のカーレースさながらのリアルなレース感覚が味わえる」などと評されている
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.17 3.01 3.10 3.35 3.40 3.24 19.27

関連作品[編集]

続編[編集]

ファミリーサーキット'91 (ファミリーコンピュータ版。1991年7月19日発売)
セッティングの詳細化やグラフィックなどが向上した。しかしグランプリモードでは予選が省略され、常にポールポジションからスタートするようになった。
スーパーファミリーサーキット (スーパーファミコン版。1994年10月21日発売)
ハードの画面回転機能を利用し、進行方向を上方向のみでなく現実のF1に近いコースを実現。

その他[編集]

F1道中記 (MSX2版、媒体:FD(要128KB VRAM)。1990年11月27日発売)
ナムコがMSXで最後に発売したゲーム。『ロードファイター』や『ジッピーレース』のように見下ろし型視点で、F1カーで高速道路を走り、日本を縦断するレースゲーム。
ワールドサーキット (PCエンジン版。1991年10月18日発売)
Huカード作品。モードはフリープラクティス、タイムアタック、スプリントレース、耐久レースの4つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 245頁。
  2. ^ a b ファミリーサーキット まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ 「6月16日増刊号特別付録 クロスレビュー優良ソフトパーフェクトカタログ 上巻」、『ファミ通』、エンターブレイン2005年6月16日、 10頁。

外部リンク[編集]