奥多摩周遊道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
東京都道206号標識
奥多摩周遊道路
東京都道206号川野上川乗線の一部
路線延長 19.7 km
制定年 1973年
開通年 1973年
廃止年 1990年4月1日(有料道路)
起点 東京都西多摩郡奥多摩町川野
終点 東京都西多摩郡檜原村数馬
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

奥多摩周遊道路(おくたましゅうゆうどうろ)は、東京都西多摩郡奥多摩町川野から檜原村数馬に至る一般道路である。

概要[編集]

東京都道206号川野上川乗線の一部で、起点は三頭橋[1]、終点は九頭竜橋[2]とする延長19.7kmの区間である[3]

1973年4月の開通時は有料自動車専用道路で名称も奥多摩有料道路であったが、1990年4月1日に無料開放され現在の名称となった。

解説[編集]

奥多摩周遊道路
奥多摩周遊道路
警告板数馬第一駐車場
警告板
数馬第一駐車場

異常気象制限対象区間でもあり連続雨量80mmを超えると通行止となるほか、冬期は積雪による通行止も多い。街灯山のふるさと村 - 都民の森間は設置されておらず、奥多摩町 - 檜原村間の相互生活道路としての必要性は決して高いものではない。

片側1車線通行ながらかつては有料道路だったことから、道幅が広く整備山道のため緩やかなワインディングが豊富に連続しており、道中に数ヶ所の駐車場も設置されていることもありツーリングドライブのスポットとして利用される。自転車ロードバイク)で登る人も多い。

このため自動車オートバイによる単独事故、対向車両同士の衝突、崖下への転落、などの交通事故も常に多数発生しており[4]、救急車が現場に到着するまで場所によるが早くて30分~1時間以上、あるいは消防ヘリの到着から病院搬送までに2時間はかかることから「けがをしますと病院に収容されるまで約2時間かかります」という看板もある。都境県境の高山ということもあり日本アルプス遭難なみに救急搬送の困難なスポットである。おなじ消防ヘリが付近の登山遭難者を救助することも多い。

また周遊道路内および周辺では、主に土日祝などの休日には各所でスピード測定器による取締りが行われる。周遊道路内も不定期にパトカーや白バイが巡回する。

通行可能時間帯[編集]

夜間通行止規制がありゲート閉鎖規制が実施され出入不可となるため、以下に示す時間帯のみ通行可能である[5]

川野ゲート - 都民の森
夏期(4月1日~9月30日)午前8時 - 午後7時
冬期(10月1日~3月31日) 午前9時 - 午後6時
都民の森 - 九頭竜橋
午前5時 - 午後9時(通年)

沿道施設[編集]

三頭橋(みとはし)
起点。
川野ゲート・川野駐車場
0.5km地点にある旧料金所ならびに駐車場。標高544m。トイレ・東屋のほか奥多摩湖ロープウェーの遺構が残存。旧料金所の施設は2012年に撤去された。
山のふるさと村
3.5km地点にある交差点からつながる都の施設。売店や食堂などがある。
北蓑緊急離着陸場
4km地点にある緊急用ヘリポート
月夜見第一駐車場
9.3km地点にある駐車場。標高933m。2006年10月に伐採作業が行われ奥多摩湖が小河内ダムから麦山橋まで眺望できるようになった。紅葉シーズンには出店もある。
月夜見第二駐車場
11.1km地点にある駐車場。標高1,089m。
風張駐車場
12.8km地点にある駐車場。標高1,146m。奥多摩周遊道路の最高地点で「東京都で一番高い道路」という標識が道路脇にある。
浅間尾根駐車場
14.2km地点にある駐車場。標高1,109m。読み方は「せんげんおね」。甲州中道と呼ばれた古街道が交わる。
数馬駐車場
15.0km地点にある駐車場。標高1,062m。上り下り車線の両側に駐車場がある。行楽シーズンには都民の森の臨時駐車場としても使用されるため都民の森まで歩道が用意されている。トイレが整備されている。
都民の森
16.1km地点にある都の施設。標高994m。トイレ・売店・バス停・公衆電話・森林館などの展示スペースをはじめ三頭大滝などのハイキングコース等が整備されている。
檜原ゲート
18.9km地点にあるゲート。有料道路時代に利用されていた檜原料金所が残存していたが、2012年に撤去された。
九頭竜橋
19.7km地点の終点。

沿道風景[編集]

沿革[編集]

二輪車通行規制[編集]

2009年12月15日 - 2011年3月31日の間に自動二輪車原付は山のふるさと村入口交差点 - 都民の森交差点間約12.6Kmが一方通行となり、奥多摩町側から檜原村方面への通行が禁止された。 2007年6月 - 2009年12月までに奥多摩町→檜原村への下り坂で二輪車による5件の単独死亡事故[6]が発生したほか、二輪車関与の重大事故が頻発していることと一部の二輪車による危険な走行が一般交通に危険・迷惑を及ぼしていることなどから実施された。

地理[編集]

東京都西部に位置する奥多摩は「東京の秘境」ともよばれ、山梨県境にほど近い奥多摩湖の南側の山深い地域を周遊する[7]。三頭橋から月夜見駐車場を過ぎ、最高地点の風張峠(かぜはりとうげ)まで登りのワインディングロードが続き、月夜見第一駐車場から数馬までは、三頭山東の尾根沿いを走る[7]。五日市側の沿道に檜原都民の森があり、三頭山の登山道に通じている[7]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青梅街道国道411号)の深山橋交差点から分岐する国道139号上の橋。
  2. ^ 檜原ゲートよりさらに麓側。
  3. ^ 東京都西多摩建設事務所 奥多摩周遊道路地理情報
  4. ^ ほとんどが、いわゆるローリング走行を目的とする一般人の暴走行為に因るもの。特に無料化してから増加。観光やドライブで来た一般車両等への衝突や、サルなどの野生動物が突然飛び出してきて避け切れなくて転倒する例もある。
  5. ^ 東京都西多摩建設事務所 奥多摩周遊道路交通情報
  6. ^ 2009年は双方向で合計2件の自動二輪死亡事故。
  7. ^ a b c 須藤英一 2013, pp. 70-71.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]