ロードファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロードファイター
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード (AC)
開発元 コナミ開発1課
発売元 コナミ
音楽 佐々木嘉則
シリーズ ロードファイターシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(136.53キロバイト
稼働時期 日本 1984121984年12月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MC6809 (@ 2.048 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.580 MHz)
DAC (@ 1.790 MHz)
SN76496 (@ 3.580 MHz)
VLM5030 (@ 3.580 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット32色
その他 型式:GX461
テンプレートを表示

ロードファイター』 (Road Fighter) は、1984年コナミアーケードゲームとして開発・販売したレースゲーム形式のアクションゲームである。当初の名称は『レッドカー』。ファミリーコンピュータMSX、携帯電話アプリに移植された。

概要[編集]

目的は自車シボレー・コルベットを操作して、障害物や敵車を避けながら燃料切れ前にゴールに到着させること(タイムや順位は問わない)。燃料は、燃料補給用の車(MSX版ではハート)に接触して補給する。燃料の残量が一定量以下(ファミコン版では10)になると警告音が鳴り、全ての燃料が無くなると徐々にスピードが落ち、最終的に停止してしまう。ゴールに到達できないとゲームオーバー

敵車や障害物は画面上方から出現し、接触するとスピンやクラッシュするので注意。減速中に接触した場合はクラッシュを回避できる可能性が高い。スピンをした場合はアクセルを離しカウンターステアを切ればクラッシュをせずにコースに復帰できる。クラッシュすると燃料や時間が減るがその場から再スタートできる。敵車には車線を変更しない車と変更する車がおり、AC版ではスピードの速い敵車を追い抜くと順位が上がる(スタート時点では40位)。FC版とMSX版には順位はない。

コースはニューヨークからサンフランシスコまでの全6コース(AC版、MSX版)/4コース(FC版)。各コースをクリアする毎に燃料は回復するが、AC版では一定量しか回復しない。全コースを走破すると全ステージクリアを示すイベントの後、やや難易度の上がった1コース目を繰り返す。

ゲーム中のBGMはない。コルベットのスペックはV型12気筒 DOHCエンジン、2,500馬力、最高速度: 400km/hとなっている。

ゲーム内容[編集]

障害物
  • 水溜り - 接触するとスピードが落ちる
  • オイル - 接触するとスリップする
  • 「工事中」の看板、トレーラー、トレーラーの落とすドラム缶(AC版のみ) - 接触するとクラッシュする
ボーナス

モグラ以外はクラッシュせずに走り続けることで出現。

  • 燃料補給車(MSX版以外)
  • "B"と書かれたハート形のオブジェクト(MSX版のみ)
  • 接触すると燃料補給と300点、以後クラッシュや逃すことなく接触し続けると得点が上昇していく。
  • モグラ
  • 条件を満たすとゴール後に出現し、3000点のボーナス。
ステージクリア時のボーナス
  • AC版
    • 順位ボーナス - 各ステージ終了時の順位に応じて加算される。完璧なプレイで理論的に可能な最上位に達していると1万点、以下順位が下がる毎に加算点数が減る。
    • 敵車ボーナス - 追い抜いた敵車の数に応じて1台につき50点が加算される。
    • 無接触ボーナス - 各ステージで敵車、障害物、壁に1度も接触しなかった場合、パーフェクトボーナス1万点が加算される。
  • FC版
    • 燃料ボーナス - ステージ終了時に残した燃料の量に応じて加算される。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 ロードファイター 日本 198507111985年7月11日
ヨーロッパ 199206181992年6月18日
ファミリーコンピュータ コナミ開発2課 コナミ 192キロビットロムカセット[1] 日本 RC801
ヨーロッパ NES-39-FRA
-
2 ロードファイター 日本 1985081985年8月
ヨーロッパ 1985年
MSX コナミ開発3課 コナミ ロムカセット 日本 RC730
-
3 コナミ80'sアーケードギャラリー INT 1998111998年11月
アーケード コナミ コナミ 業務用基板 - -
4 日本 コナミ80'sアーケードギャラリー
アメリカ合衆国 Konami Arcade Classics
日本 199905131999年5月13日
アメリカ合衆国 199911301999年11月30日
PlayStation コナミ コナミ CD-ROM 日本 SLPM-86228
アメリカ合衆国 SLUS-00945
- アーケード版の移植
5 ロードファイター 日本 2001年
iアプリ コナミ コナミ ダウンロード
(コナミデラックスパック)
- -
6 ロードファイター 日本 2002年12月2日[2]
J-スカイ
(Javaアプリ)
コナミ コナミ ダウンロード
(コナミ J-APPLI)
- -
7 ロードファイター 日本 2003年3月20日[3]
EZアプリ コナミ コナミ ダウンロード
(コナミアプリコレクション)
- -
8 ロードファイター 日本 2006年
Windows コナミ アイレボ ダウンロード
(i-revo)
- -
9 日本 コナミ アーケード コレクション
アメリカ合衆国 Konami Classic Series - Arcade Hits
ヨーロッパ Konami Arcade Classics
日本 200703152007年3月15日
アメリカ合衆国 200703272007年3月27日
ヨーロッパ 200710262007年10月26日
オーストラリア 200710292007年10月29日
ニンテンドーDS M2 コナミ DSカード 日本 NTR-A5KJ-JPN
アメリカ合衆国 NTR-ACXE-USA
ヨーロッパ NTR-ACXP-EUR
- アーケード版の移植
10 ロードファイター 日本 200911242009年11月24日
Wii KDE KDE ダウンロード
バーチャルコンソール
- - MSX版の移植
11 ロードファイター 日本 201406192014年6月19日
Wii U KDE KDE ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- - MSX版の移植
12 ロードファイター 日本 201907252019年7月25日
PlayStation 4
Nintendo Switch
コナミ ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
- - アーケード版の移植

続編[編集]

RF-2(1985年10月)
  • 正式タイトルは『Konami RF2 Red Fighter』、海外でのタイトルは『Konami GT』。『ツインビー』や『グラディウス』と同じくバブルシステム上で動作する。『ロードファイター』のトップビュー視点から運転席視点になり、また燃料補給アイテムが盾型に変更されたり、妨害してくる敵車にバイクが追加されたりしている。日本国内では『ポールポジション』の筺体に組み込まれる形で流通していた。
ミッドナイトラン:ロードファイター2(1995年
  • グラフィックが3D化された。首都高速道路をモチーフにしたコースにおいて、抜かした一般車の台数を競う。操作できる車は全て実在する大排気量のスポーツカーをモデルとしており(ただしメーカーや車の名前は出ない)、通常車と改造車の2種類から選ぶことができる。1997年プレイステーション用ソフトとしても移植されている。
ワインディングヒート1996年
  • 『ミッドナイトラン』の改良版。峠道やワインディングなどの一般道をモチーフにしたコースにおいて、前方の車や対向車を避けつつ1位を目指すルール。タイムアタックモードでは対向車は登場せずに、普通に1位を目指しながら走る。コースは、初級・中級・上級の三つで、制限時間内にゴールをするとスタッフロールが流れる。同じ年に発売された「サイドバイサイド」(タイトー)のように実在の車種が多数登場するが、対向車との衝突や派手なスピン(ただしタイムロスになるだけで破損はしない)等を再現した為、実名では登場しない。大雑把にではあるが車のセッティングをすることが可能。Optionおよびその姉妹誌の協力を受けている。
ロードファイターズ2010年
  • ワインディングヒート以来14年ぶりとなる新作。7月からロケテストを開始し、9月22日より稼働を開始した。緻密なカスタマイズやドレスアップが可能となり、「ロードファイターチャレンジ」や「全国対戦」など、モード数が増加したほか、スポーツカーを中心とした国内外の車両が実名で登場する。3D対応。また、ロードファイターシリーズでは初のe-AMUSEMENT PASS対応でもある。詳しくはそちらを参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコン ロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 274頁。
  2. ^ コナミ、J-SKY用サイトで『グラディウス体験版』を含む新アプリを大量に配信開始!” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2002年12月2日). 2019年3月16日閲覧。
  3. ^ EZにロードファイターなど懐かしゲーム大量追加” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2003年3月20日). 2019年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]