鈴木利男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 利男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 1955年3月10日(61歳)
F1での経歴
活動時期 1993
所属チーム ラルース
出走回数 2
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1993年オーストラリアGP
テンプレートを表示

鈴木 利男(すずき としお、1955年3月10日 - )は、日本レーシングドライバー実業家埼玉県出身。血液型B型

プロフィール[編集]

豊富な経験[編集]

1975年・1976年に全日本カート選手権シリーズチャンピオンとなり、1979年には日本F3チャレンジカップ(現・全日本F3選手権)の初代チャンピオンを獲得。その他、イギリスF3ル・マン24時間レース全日本ツーリングカー選手権全日本GT選手権全日本F2選手権全日本F3000選手権フォーミュラ・ニッポンと様々なレースで活躍した。

1992年、デイトナ24時間レースでは、林義正水野和敏が率いる日産自動車ワークスにて、星野一義長谷見昌弘と共に日本人ドライバーによる日本車初優勝を成し遂げた。

また1995年には、デビューイヤーながら3勝を挙げた高木虎之介を抑え全日本F3000選手権でチャンピオンを獲得した。全日本F3000はこの年限りで終了したため、鈴木が最後のチャンピオンとなった。

この他、1996年にはNASCARブッシュシリーズ、Meridian Advantage 200(ナザレス・スピードウェイ)にスポット参戦し、終盤にクラッシュしながらも33位でフィニッシュした[1]

F1[編集]

38歳となった1993年には、全日本F3000選手権・全日本ツーリングカー選手権で見せる円熟の走りに、資金難に陥っていたラルースチームが白羽の矢を立て、1993年のF1終盤2戦の日本GPオーストラリアGPにスポット参戦し、下位ながら2戦とも完走を果たした。

1994年には、日本人実業家と共同でパシフィックに資本参加する形で、ドライバーとして長期にわたってチームに関わる計画が、テストドライブの段階に来て頓挫し、ロータスとの鈴鹿スポット参戦としての交渉も合意には至らなかった[2]

現在[編集]

2006年9月には、ディレクシブのモータースポーツ界からの撤退に伴い、同チームを引き継ぐ形でSUPER GTに参戦するR&D SPORTの新チームのチーム監督に就任した。林義正との交流は現在でも続き、東海大学StudyCarのドライバーを務めている。また、同車により採取されたデータを元に製作される東海大学のプロトタイプレーシングカーのドライバーも兼務する。2008年、東海大学工学部動力機械学科のル・マンプロジェクトよりル・マン24時間レースに参戦した。

その他、2009年からは日産公認のGT-Rをはじめとする国内外のスポーツカーのメンテナンス・チューニング等を行うサービス工場、NordRing(ノルドリンク)の代表を務めている。

GT-R[編集]

2004年から水野和敏の下で開発が始まった日産・GT-Rのテストドライバーを務めていた。 2008年4月17日にドイツニュルブルクリンクにて7分29秒3という当時の市販車最速タイムを記録し、さらに2009年4月23日には7分26秒70まで記録を更新した。2010年10月1日は、2011年式GT-Rで7分24秒22を記録している。ただ2013年3月に水野が日産を退社したため、それに合わせる形で鈴木もテストドライバーを退いている[3]

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権,フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1987年 Heroes Racing Corp SUZ
3
FSW
Ret
MIN
1
SUZ
5
SUZ
6
SUG
8
FSW
2
SUZ
Ret
SUZ
5
5位 72
1989年 CABIN Racing Team with HEROES SUZ
7
FSW
Ret
MIN
12
SUZ
13
SUG
8
FSW
20
SUZ
17
SUZ
6
17位 1
1990年 SUPER EVOLUTION RACING TEAM SUZ
20
FSW MIN
14
SUZ
11
SUG
8
FSW
11
FSW
Ret
SUZ
22
FSW
11
SUZ
12
NC 0
1991年 UNIVERSAL RACING TEAM SUZ
11
AUT
DNS
FSW
8
MIN
5
SUZ
5
SUG
9
FSW
DNQ
SUZ
11
FSW
C
SUZ
12
FSW
11
15位 4
1992年 SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
7
AUT
Ret
SUG
2
FSW
2
FSW
1
SUZ
17
FSW
1
FSW
Ret
2位 30
1993年 SUZ
6
FSW
4
MIN
Ret
SUZ
Ret
AUT
C
SUG
4
FSW
C
FSW
1
SUZ
3
FSW
5
SUZ
Ret
5位 22
1994年 MIRAI CORPORATION SUZ
7
FSW
6
MIN SUZ SUG FSW SUZ FSW FSW SUZ 15位 1
1995年 HOSHINO RACING SUZ
5
FSW
C
MIN
2
SUZ
1
SUG
Ret
FSW
3
TOK
6
FSW
3
SUZ
1
1位 34(35)
1996年 かもめサービス RACING TEAM with IMPUL SUZ
18
MIN
Ret
FSW
12
TOK
11
SUZ
9
SUG
10
FSW
7
MIN
4
SUZ
3
FSW
Ret
12位 7
1997年 かもめサービス with MIRAI SUZ
8
MIN
5
FSW
7
SUZ
Ret
SUG
4
FSW
16
MIN
9
TRM
8
FSW
Ret
SUZ
9
13位 5

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1990年 TEAM IMPUL 日産・スカイラインGT-R JTC-1 SUG
1
SUZ
1
TSU
2
SEN
1
AUT
1
FSW
1
1位 230
1991年 JTC-1 SUG
1
SUZ
Ret
TSU
3
SEN
1
AUT
2
FSW
1
3位 174
1993年 NISMO JTC-1 MIN
5
AUT
5
SUG
3
SUZ
5
TAI
2
TSU
1
TOK
2
SEN
5
FSW
3
3位 106

F1[編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1993年 ラルース LH93 RSA BRA EUR SMR ESP MON CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR JPN
12
AUS
14
NC 0

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1994年 TEAM ZEXEL 日産・スカイラインGT-R GT1 FSW
Ret
SEN
6
FSW
6
SUG
2
MIN
Ret
10位 27
1995年 NISMO GT1 SUZ
2
FSW
4
SEN
6
FSW
2
SUG
5
MIN
7
3位 58
1996年 GT500 SUZ
6
FSW
Ret
SEN
17
FSW
5
SUG
3
MIN
10
11位 27
1997年 TOYOTA Castrol TEAM トヨタ・スープラ GT500 SUZ
3
FSW
6
SEN
3
FSW
3
MIN
3
SUG
4
3位 64
1998年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S GT500 SUZ
7
FSW
C
SEN
6
FSW
11
TRM
Ret
MIN
10
SUG
2
9位 26
1999年 GT500 SUZ
3
FSW
4
SUG
11
MIN
2
FSW
15
TAI
15
TRM
10
9位 38
2000年 GT500 TRM
9
FSW
Ret
SUG
8
FSW
14
TAI
12
MIN
9
SUZ
12
21位 7

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Toshio Suzuki - Stock Car Racing Wiki
  2. ^ オートスポーツNO.668 1994年12/1号 20頁「特集'94鈴鹿、日本人ドライバーの可能性」より。
  3. ^ 元日産GT-R開発責任者、水野和敏氏に聞く「日産GT-Rの真実」(前編) - CAR Watch・2013年7月4日

外部リンク[編集]