エリック・ベルナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリック・ベルナール
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・マルティーグ
生年月日 (1964-08-24) 1964年8月24日(53歳)
F1での経歴
活動時期 1989 -1991,1994
所属チーム '89-'91ラルース
'94リジェ
'94ロータス
出走回数 47(45 starts)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 10
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1989年フランスGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1994年ヨーロッパGP
テンプレートを表示

エリック・ベルナールÉric Bernard, 1964年8月24日 - )は、フランス出身の元F1ドライバー。

経歴[編集]

F1以前[編集]

ポール・リカールウィンフィールド・レーシングスクール出身。1983年にフォーミュラ・ルノーのスカラシップを獲得し、翌1984年から同シリーズに参戦。2年目の1985年にはチャンピオンとなり、1986年からはフランスF3にステップアップ。1987年までの2年間でそれぞれシリーズ5位・2位の成績を収めた。

ジャン・アレジエリック・コマスと共に、それぞれの頭文字を取って「フランスの若手有望株・ABC」と呼ばれた(ヤニック・ダルマスを加えて「ABCD」とされることもある)。

1988年からは国際F3000にステップアップし、2年間活動。しかし、あまり目立った活躍は残せなかった。

F1[編集]

ラルース時代[編集]

1989年の中盤、ヤニック・ダルマスの後任としてラルースのシートを獲得。デビュー戦となった地元のフランスGPでは、予選15位から11位完走を果たすが、続くイギリスGPではリタイヤ。そしてこの後、ミケーレ・アルボレートにシートを譲る結果となり、ベルナールの初年度は2レースのみの参戦となった。

1990年には再びラルースから参戦し、鈴木亜久里のチームメイトとなる。第4戦モナコGPで6位に入り、初入賞。その後は第8戦イギリスGPで4位、第10戦ハンガリーGPで6位と計3度入賞。亜久里と共に活躍し、チームをランキング6位に導いた。

しかしシーズン終了後、リジェチームからエントリー名に関してクレームが付き、ラルースチームとしては全ポイントを抹消される結果となる(ドライバーズポイントは抹消されず)。これによってFIAから支給されるはずだった資金がゼロになり、チームの資金難が深刻化してゆく。

そのような状況で迎えた1991年は亜久里共々苦しいシーズンを強いられ、完走は2回。第6戦メキシコGPでの6位入賞以後、第14戦スペインGPまで2度の予選落ちを含めて一度も完走することができなかった。第15戦日本GPではフリー走行中にヘアピンの立ち上がりでスピンし、コース内側のコンクリートウォールに深い角度で激突した。このクラッシュの衝撃で外れたペダルによりベルナールは左足を骨折し[1]、このレースと最終戦を欠場した。

休養期間[編集]

1992年は、左足のリハビリの最中に開幕戦を迎えた。そのため、この年はF1に参戦せず、ウィリアムズからテストドライバー、メナードからインディ500プジョーからル・マン24時間のオファーを受けた。その中でプジョー・905のテストに参加したが、怪我が完治していなかったのでマーク・ブランデルが選ばれた。ワーウィックダルマス・ブランデルはその年のル・マンを制覇した。[2]

リジェ、ロータス時代[編集]

1993年はリジェのテストドライバーとなる。リザーブドライバーとしても登録されていたが、レースへの出走機会は無かった。

1994年はレギュラードライバーとして3年ぶりにF1のレースシーンに復帰、第9戦ドイツGPでは、26台中18台がリタイヤする波乱のレースを生き残り、3位に入賞。最初で最後となる表彰台を獲得した。しかし、シーズンを通して速さ・安定感ともにルーキーのオリビエ・パニスに押され、予選ではパニスに3勝10敗、獲得ポイントでも差をつけられる格好となった。ベルナールが3位に入ったドイツGPでも、パニスはその前である2位に入っていた。

第14戦ヨーロッパGPにて、ジョニー・ハーバートとのトレードという形でロータスに移籍。しかし、ラスト2戦はミカ・サロにシートを奪われ、同チームからの参戦は1レースだけに留まった。

1995年は再びラルースに復帰するが、チーム自体が参戦することがなく、翌年以降ベルナールがF1でシートを獲得することは無かった。

F1以降[編集]

FIA-GT選手権アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)、ル・マン24時間耐久レースなどに参戦し、2002年にドライバーを引退した。その後はシャルル・ピック、その弟のアーサー・ピックのサポートをしていた。現在は、南プロバンスのルベロンでトリュフの栽培をしている[3]

人物[編集]

ラルース時代のチームメイトの鈴木亜久里は「速かったし、性格もすごく良かった」とインタビューの中で当時を述懐している。

また、同チームのエンジニアであるミッシェル・テツは、ドライバーとしてのベルナールを「技術に明るく、忍耐強くて、気分に左右されない安定感がある」と評した。

その人柄については、「礼儀正しく品があって、育ちの良さを感じさせた。困難な時でもいつも前向きだから、苦しいチーム事情の中で士気を維持するのにどれほど役立ってくれたか。」と評した。その一方で、「アグレッシブなレースをするが、根が優しくて物静かな男だったため、エンジニアに厳しく接することができない」とも指摘した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「オートスポーツ 1991年12月1日号 p.111」三栄書房
  2. ^ 「GP CAR STORY Vol.9 Lola LC90」三栄書房
  3. ^ 「GP CAR STORY Vol.9 Lola LC90」三栄書房
  4. ^ 「GP CAR STORY Vol.9 Lola LC90」三栄書房

関連項目[編集]