リジェ・JS17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タルボ=リジェ・JS17 / JS17B
1981年オランダGPにてジャック・ラフィットがドライブするJS17
1981年オランダGPにてジャック・ラフィットが
ドライブするJS17
カテゴリー F1
コンストラクター フランスの旗 リジェ
デザイナー フランスの旗 ジェラール・ドゥカルージュ
フランスの旗 ミッシェル・ポイジョン
先代 リジェ・JS11/15
後継 リジェ・JS19
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン マトラ MS81, 3.0リッター,
520馬力 60度 V12, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド製 FGB 400 5速
重量 585kg
燃料 エルフ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム エキップ・タルボ・ジタン
ドライバー フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ
フランスの旗 ジャック・ラフィット
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャブイーユ
フランスの旗 パトリック・タンベイ
アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー
初戦 アメリカ合衆国の旗 1981年アメリカ西グランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
21 2 1 1
テンプレートを表示

リジェ・JS17は、リジェチームが1981年シーズン1982年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラカーである。

エンジンを前年のフォードDFVから再びマトラV12へ変える。1981年ジャック・ラフィットオーストリアカナダで2勝を挙げ、ドライバーズチャンピオン争いに加わった。25番車はジャン=ピエール・ジャリエジャン=ピエール・ジャブイーユパトリック・タンベイの3名がドライブしたが、ジャリエがブラジルで7位に入ったのみであった。

1982年は前半6戦に投入され、エディ・チーバーがJS17でベルギーで3位、アメリカで2位に入賞、ラフィットはJS17Bでベルギー9位、アメリカ6位という結果であった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1981年 JS17 マトラ MS81
3.0 V12
M USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
44 4位
25 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ Ret 7
26 フランスの旗 ジャック・ラフィット Ret 6 Ret Ret 2 3 2 Ret 3 3 1 Ret Ret 1 6
25 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャブイーユ DNQ DNQ NC Ret DNQ Ret
25 フランスの旗 パトリック・タンベイ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret
1982年 JS17
JS17B
マトラ MS81
3.0 V12
M RSA
南アフリカ共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
SMR
サンマリノの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
NED
オランダの旗
GBR
イギリスの旗
FRA
フランスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
SUI
スイスの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
20[1] 8位
25 アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー Ret Ret Ret 3 2 10
26 フランスの旗 ジャック・ラフィット Ret Ret Ret 9 6 Ret
  • リジェ・JS17Bでのポイント

参照[編集]

  1. ^ JS19でのポイントを含む。

外部リンク[編集]