野田英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野田 英樹
Hideki Noda 2009 1000km of Okayama.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1969-03-07) 1969年3月7日(50歳)
F1での経歴
活動時期 1994
所属チーム ラルース
出走回数 3
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初勝利
最終勝利
最終戦 1994年オーストラリアGP
テンプレートを表示

野田 英樹(のだ ひでき、1969年3月7日 - )は、日本レーシングドライバーで元フォーミュラ1ドライバー。大阪府出身。NODAレーシングアカデミー高等学院校長、NPO法人青少年少女モータースポーツ振興会代表理事。

経歴[編集]

1982年にカートレースでデビュー。1987年よりフォーミュラカーでのレースを始め、1988年より中嶋悟率いる中嶋企画に加入し全日本F3に参戦。1989年には中嶋企画の支援を受け渡英し、イギリスのジュニア・フォーミュラであるフォーミュラ・ヴォクソール・ロータス・ヨーロッパ選手権に参戦する。

1990年と1991年にはアラン・ドッキング・レーシングよりイギリスF3選手権に参戦し、日本人2番目のイギリスF3勝者となった。1992年(3001インターナショナル)から1993年(トムスGB)・1994年(フォルティ・コルセ)まで国際F3000に参戦し、日本人として初めての表彰台(1994年第4戦エンナ・ペルグーサでの3位)を獲得する。

1994年には、ラルースよりヨーロッパGP以降の3レースにスポット参戦しF1デビューを果たす。しかし、参戦したレースでは何れも後方グリッドからリタイアと芳しい結果は得られなかった。

1995年は一度はシムテックと全戦契約を結んだが、阪神淡路大震災の被害を受けたスポンサーが撤退したため、序盤戦はドメニコ・スキャッタレーラにシートを譲り、第6戦カナダGPから参戦する契約を結ぶこととなった。スポンサー・フィーは払い込んだものの、そのシムテックが資金難のために第5戦モナコGPを最後に撤退(事実上のチーム消滅)するという事態に陥る。パシフィックGP日本GPには古巣フォルティコルセからスポット参戦が決まっていたが、スーパーライセンスが発給されず直前になって断念。野田はこの年F1に出走することはかなわなかった。

1996年からはアメリカに活動の場は移して、ステップダウンを覚悟してインディ・ライツに参戦。1997年にはシリーズ第8戦で優勝するも、トップカテゴリーに昇格する夢は叶わなかった。

1998年より日本に戻り、フォーミュラ・ニッポン全日本GT選手権(現:SUPER GT)に参戦する。なお、1999年のGT選手権には当初舘信吾とコンビを組んで参戦するはずであったが、開幕前のテストで舘が事故死し急遽代役となったワイン・ガードナーとともに参戦している。

2003年には自らのチーム「Team MOHN」を立ち上げ、フォーミュラ・ニッポンに2005年まで参戦した。また、2005年には福田良とコンビを組み、この年からスタートした2005-2006A1グランプリに日本チームとして第2戦ドイツのみに参戦した(スプリントレース10位、フィーチャーレース9位・チーム総合順位21位)。

2006年は新たに始まった全日本スポーツカー耐久選手権一ツ山レーシングからLMP1クラスよりザイテックをドライブし参戦している。

2007年は前年に引き続き参加した全日本スポーツカー耐久選手権にて、一ツ山レーシングからLMP1クラスよりザイテックをドライブし参戦し、優勝を飾る。

2010年のル・マン24時間レースを最後に現役を引退、今後は後進の指導などに務めることを表明したが、2012年一ツ山レーシングからSUPER GTに参戦するため、一時的に現役復帰した。

現在は2013年4月に開校した「NODAレーシングアカデミー高等学院」の校長を務める。同校は星槎国際高等学校との提携により「モータースポーツを学びながら高校卒業資格が得られる」ことを売りとしており、野田自身も講師として指導に当たっている。同校は当初、栃木県茂木町ツインリンクもてぎ)を本拠としていたが、2015年4月に岡山県美作市に移転し、以後は岡山国際サーキットを拠点としている[1]

2014年、SARD RACING PROJECTのGMに就任。

2015年、スーパーGT 500クラスに参戦するLEXUS TEAM SARDの監督に就任。サード(企業)と組みFIA-F4のスカラシップも創設。

エピソード[編集]

所属チームについて[編集]

中嶋企画は1991年にイギリスF3を終えた野田を、1992年は帰国させて全日本F3000の自チームに起用する方針を持っていたが、早期のF1進出を目指す野田はヨーロッパでのレース活動を希望。野田は中嶋企画を離れ、自力での国際F3000ステップアップを果たした。

2003年に自らのチーム「Team MOHN」を立ち上げ、オーナードライバーとしてフォーミュラ・ニッポンに参戦したが、本人曰く、「マネージャーとドライバーの二足のわらじを履くのは本当に大変なことだった」と語り、2006年からは純粋にドライバー業に専念することとなった。

THE ALFEEとの関係[編集]

スポンサーだったティノラス社長の野崎が、THE ALFEEの所属事務所"PROJECT III"社長の関口と、かつて同じアパレル会社で上司と部下の関係で親友でもあるという事で、国際F3000参戦中に関口に紹介され、それ以来THE ALFEEとの交友関係が始まる。1995年リリースされたアルバム『夢幻の果てに』収録されている"WILD BAHN!"は、野田のために書き下ろされた応援歌である(曲中のエグゾーストノートも実際に野田のF3000マシンの音)。1994年にMM21臨港パークで開催された野外コンサート"KING'S NIGHT DREAM"では、コンサート開演前のイベントの一環でサイン会が行われ、1997年に稲毛海浜公園で開催された夏の野外イベント"Emotional Field"では、スクリーンにインディライツ・ポートランド戦で優勝を飾った映像を流しながら"WILD BAHN!"を演奏、ステージに登場した野田がメンバーに花束を渡す演出があった。その他、F1にスポット参戦した際などに、マシンやヘルメット・レーシングスーツなどにTHE ALFEEのロゴが貼られることがあった。

家族[編集]

娘のJuju(野田樹潤)もレーシングドライバーの道に進み、2017年4月には11歳ながら岡山国際サーキットで行われたフォーミュラU17戦で優勝[2]。同年6月にはミキハウスなどが中心となり後援会も発足した[3]

レース戦績[編集]

フォーミュラ[編集]

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1992年 3001インターナショナル SIL
Ret
PAU
DNQ
CAT
Ret
PER
Ret
HOC
DNS
NÜR
14
SPA
17
ALB
12
NOG
Ret
MAG
8
NC 0
1993年 TOM'S DON
Ret
SIL
11
PAU
9
PER
HOC
Ret
NÜR
19
SPA
15
MAG
Ret
NOG
11
NC 0
1994年 フォルティ・コルセ SIL
5
PAU
Ret
CAT
Ret
PER
3
HOC
Ret
SPA
7
EST
16
MAG
11
10位 6

(key)

全日本F3000選手権/フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1993年 TOM'S SUZ FSW MIN SUZ AUT SUG FSW FSW SUZ FSW
19
SUZ
Ret
NC 0
1998年 COSMO OIL RACING TEAM CERUMO SUZ
5
MIN
Ret
FSW
5
TRM
6
SUZ
Ret
SUG
3
FSW
C
MIN
Ret
FSW
9
SUZ
Ret
10位 9
1999年 BE BRIDES IMPUL SUZ
Ret
TRM
16
MIN
13
FSW
14
SUZ
6
SUG
Ret
FSW
Ret
MIN
2
TRM
9
SUZ
11
11位 7
2000年 Team Le Mans SUZ
Ret
TRM
10
MIN
3
FSW
15
SUZ
2
SUG
Ret
TRM
5
FSW
6
MIN
17
SUZ
5
5位 15
2001年 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
Ret
TRM
Ret
MIN
Ret
FSW
13
SUZ
12
SUG
Ret
FSW
13
MIN
Ret
TRM
Ret
SUZ
11
NC 0
2003年 CARROZZERIA Team MOHN SUZ
6
FSW
10
MIN
8
TRM
Ret
SUZ
12
SUG
Ret
FSW
Ret
MIN
10
TRM
Ret
SUZ
10
13位 1
2004年 SUZ
9
SUG
8
TRM
11
SUZ
Ret
SUG
12
MIN
Ret
SEP
Ret
TRM
11
SUZ
14
NC 0
2005年 TRM
Ret
SUZ
Ret
SUG
10
FSW
Ret
SUZ
9
MIN
Ret
FSW
10
TRM
8
SUZ
13
NC 0

F1[編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1994年 ラルース LH94 BRA PAC SMR MON ESP CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR EUR
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
NC 0

(key)

アメリカン・オープンホイール[編集]

インディ・ライツ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
1996年 インディ・レージェンシー・レーシング MIA
11
LBH
16
NAZ
7
MIS
13
MIL
12
DET
16
POR
20
CLE
5
TOR
3
TRO
12
VAN
13
LGA
15
14位 34
1997年 MIA
18
LBH
19
NZR
16
SAV
6
STL
16
MIL
14
DET
14
POR
1
TOR
15
TRO
6
VAN
3
LGA
12
FON
9位 51

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 順位 ポイント
2002年 コンヴァージェント・レーシング Gフォース シボレー HMS
23
PHX
10
FON
25
NZR
INDY
TXS
PPIR
RIR
KAN
NSH
MIS
KTY
32位 54
インディ・レージェンシー・レーシング STL
17
CHI
24
TXS
27

(key)

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1998年 TOYOTA TEAM CERUMO トヨタ・スープラ GT500 SUZ
9
FSW
C
SEN
Ret
FSW
Ret
TRM
5
MIN
12
SUG
3
11位 22
1999年 エッソウルトロン トヨタ チーム ル・マン GT500 SUZ FSW
8
SUG
16
MIN
5
FSW
1
TAI
9
TRM
13
12位 33
2000年 GT500 TRM
8
FSW
4
SUG
7
FSW
15
TAI
7
MIN
5
SUZ
6
9位 35
2001年 ESSO TOYOTA Team LeMans GT500 TAI
Ret
FSW
1
SUG
5
FSW
3
TRM
13
SUZ
Ret
MIN
14
7位 40
2002年 TOYOTA TEAM TOM'S GT500 TAI FSW SUG SEP FSW TRM MIN SUZ
16
NC 0
2003年 TEAM ADVAN・ツチヤ GT500 TAI FSW
Ret
SUG FSW FSW TRM AUT SUZ NC 0
2005年 GT500 OKA FSW SEP SUG TRM FSW
Ret
AUT SUZ 20位 1
2006年 TOYOTA TEAM TSUCHIYA GT500 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
Ret
TRM AUT FSW 28位 5
2012年 HITOTSUYAMA RACING アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 OKA
18
FSW
16
SEP
SUG SUZ FSW AUT TRM NC 0

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]