フィリップ・ストレイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ・ストレイフ
Philippe Streiff and marshals at Monaco GP 2010.jpg
中央の車椅子の人物がストレイフ
(2010年モナコGP)
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ラ・トロンシュ
生年月日 (1955-06-26) 1955年6月26日(65歳)
F1での経歴
活動時期 1984-1988
所属チーム '84 ルノー
'85 リジェ
'85,'86-'87 ティレル
'88-'89 AGS
出走回数 55 (53スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 11
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1984年ポルトガルGP
最終戦 1988年オーストラリアGP
テンプレートを表示

フィリップ・ストレイフPhilippe Streiff, 1955年6月26日 - )は、フランス人の元レーシングドライバー。1984年にF1デビューし、1988年最終戦までF1に参戦。1989年はAGSからF1参戦の予定だったが、開幕直前の合同テストでのクラッシュ時に脊髄損傷を負い現役を引退。

プロフィール[編集]

フォーミュラ・ルノーでレースキャリアを開始。

1981年のル・マン24時間レースで総合2位を獲得、同年のフランス・フォーミュラ3選手権チャンピオンにも輝き、フランス期待の若手として注目される。

その後はヨーロッパF2選手権と1985年の国際F3000選手権に参戦した。ヨーロッパF2の最後のレースとなった1984年のブランズハッチにおいて、ヨーロッパF2で自身唯一の勝利を挙げた。

1984年のルマン24時間レースでもポルシェ・956Bを駆り3位を獲得するなど活躍し、同年F1最終戦のポルトガルGPで母国のルノーよりF1デビューを飾る。

1985年はルノー・ターボエンジンを搭載するリジェティレルより終盤の5戦(ティレルは第15戦のみスポット)に参戦し、最終戦である第16戦オーストラリアGPで初入賞となる3位表彰台を獲得。

1986年はティレル・ルノーのレギュラーシートを得る。初のフル参戦で2度の6位以内入賞を果たし、3ポイントを獲得。

1987年もティレルより参戦。しかしティレルはルノー・ターボを失い、ターボエンジン全盛期のF1界の中でノン・ターボエンジンであるフォード・DFZエンジンを使用することとなる。エンジンパワーで非力となったティレル・DG016で2度の6位以内入賞を果たし4ポイントを獲得。同僚のジョナサン・パーマージム・クラークカップを争う(結局、パーマーが獲得)。

1988年はF2/F3000時代に所属しており、その後F1にステップアップしてきたフランスの小規模チームAGSに移籍するも、1カーエントリーゆえにセッティングデータ収集もままならずマシンの戦闘力の無さから、ポイント獲得には至らず。

1989年はAGSに残留したが、開幕直前にジャカレパグア(ネルソン・ピケ・サーキット)で行われたテスト中のクラッシュにより脊髄を損傷する重傷を負い、引退した。下半身の麻痺が残り、以後車椅子での生活を余儀なくされる。

その後はカートチームなどを運営していた。

2015年、ジュール・ビアンキの事故の調査に関して「侮辱的な発言」を行ったとして(ストレイフが「ビアンキの事故についての調査委員会はFIAが非難を免れるために設立されたに過ぎない」とラジオインタビューで発言)、このストレイフの発言を知ったFIA会長ジャン・トッドの怒りを買い、名誉毀損で国際自動車連盟(FIA)に告訴された[1]。一連の流れを受け、ストレイフはFIAに謝罪し自らの発言を取り消した。

毎年パリで開かれるプロドライバーによるインドアカート大会主催者、BMWアンバサダーを務めている。

エピソード[編集]

  • 身長185cmと、現役当時はスリムな体型であった。
  • 物静かな性格と言われていたが、F2時代のエピソードとして後ろから追突された際、誰が自分のマシンに接触したか分からなかったためライバルのマシンを一台一台チェック、ボディに凹みがあったマシンを発見しそのマシンを思いっきり蹴飛ばしたことがあった。
  • AGS在籍当時「ブーイグ」というスポンサーが一時期ついていたが、これは飛行機内でストレイフが意気投合し仲良くなった建築屋である。

レース戦績[編集]

ヨーロッパF2/国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
1982年 Motul GPA SIL
10
HOC
Ret
THR
5
NUR
Ret
MUG
Ret
VAL
2
PAU
Ret
SPA
4
HOC
Ret
DON
5
MAN
2
PER
4
MIS
Ret
6位 22
1983年 Écurie Armagnac Bigorre SIL
5
THR
8
HOC
Ret
NUR VAL
5
PAU
8
JAR
4
DON
3
MIS
Ret
PER
2
ZOL
3
MUG
3
4位 25
1984年 AGS SIL
Ret
HOC
5
THR
3
VAL
Ret
MUG
11
PAU
2
HOC
Ret
MIS
2
PER
Ret
DON
7
BRH
1
4位 27
1985年 SIL
Ret
THR
Ret
EST
10
NUR
C
VAL
5
PAU
5
SPA
Ret
DIJ
9
OST
5
ZAN
3
DON
5
8位 12
ローラ・モータースポーツ PER
Ret

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1984年 ルノー RE50 BRA RSA BEL SMR FRA MON CAN DET DAL GBR GER AUT NED ITA EUR POR
Ret
NC
(33位)
0
1985年 リジェ JS25 BRA POR SMR MON CAN DET FRA GBR GER AUT NED ITA
10
BEL
9
EUR
8
AUS
3
15位 4
ティレル 014 RSA
Ret
1986年 BRA
7
ESP
Ret
SMR
Ret
CAN
11
14位 3
015 MON
11
BEL
12
DET
9
FRA
Ret
GBR
6
GER
Ret
HUN
8
AUT
Ret
ITA
9
POR
Ret
MEX
Ret
AUS
5
1987年 DG016 BRA
11
SMR
8
BEL
9
MON
Ret
DET
14
FRA
6
GBR
Ret
GER
4
HUN
9
AUT
Ret
ITA
12
POR
12
ESP
7
MEX
8
JPN
12
AUS
Ret
15位 4
1988年 AGS JH23 BRA
Ret
SMR
10
MON
DNS
MEX
12
CAN
Ret
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
10
ITA
Ret
POR
9
ESP
Ret
JPN
8
AUS
11
NC
(21位)
0
1989年 JH23B BRA
DNA
SMR MON MEX USA CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS NC 0

(key)

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1978年 フランスの旗 チーム プロニプシア フランスの旗 ミシェル・エルコビ
フランスの旗 ピエール・イベール
ローラ・T296 S
2.0
232 NC(22位) NC(6位)
1981年 フランスの旗 ジャン・ロンドー フランスの旗 ジャッキー・ハラン
フランスの旗 ジャン=ルイ・シュレッサー
ロンドー・M379 GTP
3.0
340 2位 1位
1983年 フランスの旗 フォード フランス フランスの旗 ジャン=ピエール・ジョッソー ロンドー・M482 C 12 DNF FNF
1984年 イギリスの旗 スコアル・バンディットポルシェチーム
イギリスの旗 ジョン・フィッツパトリック・レーシング
イギリスの旗 デヴィッド・ホブス
南アフリカの旗 サレル・ヴァン・デル・メルヴェ
ポルシェ・956B C1 351 3位 3位

脚注[編集]

  1. ^ FIA、名誉棄損で元F1ドライバー ストレイフを告訴。ビアンキ事故調に関する発言で - AUTOSPORT web (2015年1月23日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]