1996年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1996年のル・マン24時間レース
前年: 1995 翌年: 1997
1996年のルマン

1996年ル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1996 )は、64回目のル・マン24時間レースであり、1996年6月15と16日に行われた。

デイビ―・ジョーンズマニュエル・ロイター、ル・マンのルーキー アレクサンダー・ヴルツにより354周を完走したヨースト・レーシングが運営するTWRポルシェのプロトタイプ(TWRポルシェ・WSC95)が優勝した。最初の1時間でトップに立ち、いくつかのピットストップでの順位変動を除けば、レース中に他のチームがメカニカルトラブルに見舞われたため、トップを譲らなかった。 これはロイターのルマンでの2度目の勝利であり、ジョーンズ(1991年にジャガーで準優勝した後)と、ル・マン史上最年少総合優勝記録の22歳4カ月と1日のヴルツにとって初めての勝利だった(2021年時点)[1]

規制とエントリー[編集]

フランス西部自動車クラブ(ACO)は、プロトタイプとGTの間の同等性にまだ満足しているため、エンジンボリュームとターボブーストを計算に含めることで、規制をわずかに調整。 LMP1とLMP2は、新しく更新されたボディワーク寸法により、 IMSA -WSCカテゴリに近づいた。

  • LM WSC(P1)最大5.1Lまたは3.0L(ターボ)、燃料タンク80L、最大タイヤ幅16 インチ、最小重量875 kg
  • LM P2:最大3.4Lまたは2.0L(ターボ)、燃料タンク62L、最大タイヤ幅14インチ、最小重量650 kg
  • LM GT1:最大8.0Lまたは4.0L(ターボ)、燃料タンク100L、最大タイヤ幅14インチ(フロント)および12インチ(リア)
  • GT1では、エンジンの変更が許可された。GT2では量産エンジンを使用する必要がある。

1992年のシーズン後に世界スポーツカー選手権が終了した為、エントリーはプロトタイプは14台しか無かった。予想通り、エントリーの大部分はGTカーだった。GT1で27台、GT2で12台。多くのチームがBPRグローバルGTシリーズにもエントリーしていた。

プロトタイプでは、クレマークラージュがエントリー。今回はヨースト・レーシングTWRと共同で開発した新しいポルシェ・プロトタイプに挑戦した。TWR-ポルシェWSC-95は、TWRが設計したジャガーXJR-14レーシングカーのシェルから生まれ、TWRによってオープントップデザインに変更され、ポルシェ・962エンジンが搭載されている。

3台のIMSA-WSC車が登場した。スカンディアレーシングが運営する2台のフェラーリ333SPと、大幅に改良されたライリーアンドスコットデイトナセブリングの勝者)。4台の車からなるLMP2クラスでは、ウェルターとボンネットにクッズ-マツダが加わり、マツダスピードが運営している。

GT1では、ディフェンディングチャンピオンのマクラーレン-BMWが1996年仕様の車を更新し、より厳しいエアリストリクターが出力をわずかに低下させた。日産トヨタリスターが再び加わった。クライスラーは、大排気量8リッターエンジンを搭載した4台のバイパーを持って戻ってきた。1つはBPRオレカがエントリーする2台で、もう1つはIMSAのCanaska-Southwindがエントリーする2台。

しかし、大きなニュースはポルシェと新しい911GT1に関するものだった。これは、事実上、名前だけがポルシェ911であり、911の視覚的な類似性を備えていたが、専用に設計された水冷式(ポルシェ初)エンジン3.2Lフラット6ツインターボを使用した、ミッドシップエンジンカー。最初のシャーシは3月に準備が整い、2台のロードゴーイングカーだけでEU GT1ホモロゲーションを取得した(これも、'94年のダウアー-ポルシェのように、「約束された生産車数」条項を使用している)。

予選[編集]

今年の最初の練習時間はプロトタイプによって行われた。最初に、スカンディアフェラーリのエリック・ヴァンデ・ポールが最初のペースを設定した。しかし、ジェローム・ポリカンクラージュよりもわずか0.1秒早く、ヨースト・TWRポルシェでポールを獲得したのは、ピエル・ルイジ・マティーニだった。は、ヴァンデ・ポールカール・ウェンドリガーボブ・ウォレック911 GT1、およびライリーアンドスコットウェイン・テイラーに続く3番目だった。

ACOは今年の大きな変更で、グリッド上の最初の12台の車を、各カテゴリの最速の6台の車(左側にプロトタイプ、右側にGT車)と並べることにした。最初の5台のタイム差がわずか1秒しかなかったので、これは見た目ほど変わっていない。最速のマクラーレンは8位のビガッツィのスティーブ・ソパーだった(しかし、GT1クラス3位として6位からスタートした)。LMP2では、WR・プジョーが最後(1997年のACO規則は2シーターの車両を定めた)。グリッドの最前列でスタートした1995年の再現は繰り返すことができなかった。今年は#14が12番目、昨年のポールタイムから4秒以上遅れていた。他のWR・プジョー#15はさらに3秒遅かった。クッズ・マツダはグリッド23位で、デボラは予選での電子機器の問題の後、朝のウォームアップでエンジンブローし、スタートを切れなかった。

GT2では、予想通りのポルシェ911(993 GT2)チーム国光ホンダNSXに対抗した。キャロウェイ・コルベットは1台だけで、イギリスからはマーコスが出場。最速だったのは、ドイツのGTシリーズからの新しいチームであるロックレーシングのポルシェで、今年のBPRGTシリーズのペースを維持した。ニュージーランドのPARRモータースポーツチームのポルシェ911GT2に対してマージンがあった(このチームは3人のNZドライバーであるブルース・マクラーレンクリス・エイモンデニス・ハルムがフォードの最初のルマン優勝と2位にから30周年を祝っている)。

スタート[編集]

イングランドとスコットランドのサッカーの試合を観戦する、何千人もの英国のファンに対応するために、スタートは午後3時になった。昨年の大雨とは異なり、レースは日差しの中で始まった。ダルマスとウォレックのポルシェGT1は、最初の4ラップでトップに躍り出たが、2台のヨーストTWRポルシェのジョーンズ、テイズに追い抜かれた。タイヤの幅が広く、重量が軽く、エアロダイナミクスが優れているため、TWRポルシェはコース上で有利だったが、他チームは問題を抱えていた。911GT1のブーツェンとダルマスはどちらもコースから外れ、数分を失った。クラージュのコッタズは、最初はトップ4に追いついていたが、2時間後には電子機器の問題で時間を失った。同様に、クレマーはトップ10に入っていた。ガルフチームとビガッツィチームのマクラーレンF1がトップ10の下半分を埋めた。

[編集]

ヨーストのマシンは、夜に入っても1–2のリードを維持した。#25のチームはポルシェGT1で追撃し、ついにヨーストTWRポルシェからレース半分の時間で2位を奪取。クラージュは#3のクラージュがアリオーが夜明けにテルトルルージュでクラッシュさせるまで、4番と5番だった。#17のフェラーリプロトタイプ(1001人のベルギーの王族、有名人、市民の慈善団体が後援)は最初はタイヤの問題を抱えていましたが、着実に5位になった。

アメリカのエンデューロチャンピオンであるライリーアンドスコットは、日中は快走したが、午前2時30分にミュルザンヌでレースを終えた。

午前4時30分、7位で走っている#38ビガッツィマクラーレンをギアをピットで交換。翌日、2回目ギアボックス交換の後、最終的に11位でフィニッシュした。フェラーリF40は前年ほど競争力がなく、夜明けまでに4台すべてがリタイアした。これには、ピットでの突然の燃料火災が含まれる。

[編集]

ポルシェGT1はトリプルスティントを前面に押し出したが、トップのヨーストTWR/ポルシェは常に十分な余裕があった。9:20に、#8マルティ二は、ミュルザンヌシケインの砂利に2位のTWRポルシェを落とし、修理に費やした時間はレイ・ベルムのガルフ・マクラーレンに次ぐ4番目に落ちた。しかしその後、ガルフ・マクラーレンは正午にギアボックスの交換のために停止され、90分かかり、順位を10位まで落とた。夜にウェンドリンガーとグッドイヤーが数回コースオフした後、#26ポルシェGT1は12位に落ちたが、早朝までに5位に戻った。元F1チャンピオンのBigazziマクラーレンのネルソン・ピケも、他のマクラーレンF1と同じように、ギアボックスの交換で1時間停止し、7位だった。レースの終盤、彼らはフィニッシュまでに#33ガルフ・マクラーレンの前で、8位に戻ることができた。

夜明け直後、#17フェラーリはギアボックスを交換する必要があり、30分かかり10位に後退。その後、エリック・ヴァン・デ・ポールが、レースのファステストラップを数回記録し、午前7時に5位に戻ったとき、エリック・バシュラールがエッセでクラッシュした。

GT2では、首位のロックレーシングポルシェは正午にドライブシャフトを交換する必要があったが、リードを維持するのに十分タイム差があった。

ゴール[編集]

ジョーンズ/ロイター/ヴルツの#7ヨーストレーシングはミスを出さず、首位を守った。結局、彼らは#25ポルシェ911GT1からの1ラップ差で勝利した。わずか22歳のアレクサンダー・ブルツは、ル・マン史上最年少の優勝者となり、ちょうど1年後、カナダグランプリでベネトンと共にF1キャリアをスタートさせた。ヨーストのポルシェとの契約は、レースの勝者であれば車を維持できると述べており、1997年のレースで再び登場することになった。

残りわずか40分で、#8ヨーストレーシングのドライブシャフトが壊れた。3位は#26ポルシェ911GT1で、1位から13周遅れてフィニッシュした。マクラーレンはDPRチーム(4位、6位)とガルフレーシング(5位、9位)。ドライバーのデレック・ベルは、54歳で輝かしいル・マンのキャリアに幕を閉じた。25年以上のキャリアの中で、ル・マン5回の優勝と2回の2位のほか、デイトナ24時間レースで3回、世界スポーツカー選手権で2回優勝した。

7番目はラフィリエールチーム(ルマンサーキットのモータースポーツアカデミー)のペスカロロ/ラゴース/コラードのクラージュであり、プロトタイプクラス2位だった。夜間にクラッチ交換に1時間かかり27周差だった。

Roock Racing ポルシェはGT2クラスで優勝し、PARR Motorsport Porscheを4周上回り、総合12位でフィニッシュした。トラブルのないレースで、優勝した#7ヨーストを除いてピットでも最も少ない時間を過ごした。日本のGTカーはポルシェとマクラーレンに対して競争力が劣ってしまい、下位になった。クッズ・マツダは唯一のLMP2完走車だった。

ルマンの後、ポルシェワークスチームはBPRグローバルシリーズの3つのレースで911GT1で参戦し、3戦すべて勝利した。翌年には、ポルシェは多くのプライベーターに911GT1を販売し、マクラーレンに変わるGTレースの新しい勢力にした。

またフェラーリのプロトタイプを走らせたスカンディアチームのオーナーであるアンディ・エバンスとロベルト・ミュラー(リーボックの元CEO )がアメリカのIMSAの支配権を購入した。

公式結果[編集]

Pos Class No Team Drivers Chassis Tyre Laps
Engine
1 LMP1 7 ドイツの旗 ヨースト・レーシング TWR ポルシェ・WSC-95 G 354
ポルシェ Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
2 LMGT1 25 ドイツの旗 ポルシェ AG ポルシェ・911 GT1 M 353
ポルシェ 3.2 L Turbo Flat-6
3 LMGT1 26 ドイツの旗 ポルシェ AG ポルシェ・911 GT1 M 341
ポルシェ 3.2 L Turbo Flat-6
4 LMGT1 30 イギリスの旗 ウェスト コンペティション マクラーレン・F1 GTR G 338
BMW S70 6.1 L V12
5 LMGT1 34 イギリスの旗 ガルフ レーシング マクラーレン・F1 GTR M 335
BMW S70 6.1 L V12
6 LMGT1 29 イギリスの旗 ハロッズ ワッハ ワン レーシング マクラーレン・F1 GTR G 328
BMW S70 6.1 L V12
7 LMP1 5 フランスの旗 ラ・フィリエール クラージュ・C36 M 327
ポルシェ Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
8 LMGT1 39 イタリアの旗 チーム ビガッツィ SRL マクラーレン・F1 GTR M 324
BMW S70 6.1 L V12
9 LMGT1 33 イギリスの旗 ガルフ レーシング マクラーレン・F1 GTR M 323
BMW S70 6.1 L V12
10 LMGT1 48 アメリカ合衆国の旗 カナスカ サウスウィンド モータースポーツ クライスラー・バイパー GTS-R M 320
クライスラー 356-T6 8.0 L V10
11 LMGT1 38 イタリアの旗 チーム・ビガッツィ SRL McLaren F1 GTR M 318
BMW S70 6.1 L V12
12 LMGT2 79 ドイツの旗 ロック・レーシング・チーム
ポルシェ 911 GT2 M 317
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
13 LMP1 4 フランスの旗 クラージュ・コンペティション Courage C36 M 315
Porsche Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
14 LMGT2 71 ニュージーランドの旗 ニュー・ハードウェア・レーシング/パー・モータースポーツ
Porsche 911 GT2 P 313
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
15 LMGT1 23 日本の旗 ニスモ 日産 ニスモ GT-R LM B 307
日産 2.8 L Turbo I6
16 LMGT2 75 日本の旗 チーム国光 ホンダ NSX Y 305
ホンダ 3.0 L V6
17 LMGT2 83 ニュージーランドの旗 ニュー・ハードウェア・レーシング/パー・モータースポーツ Porsche 911 GT2 P 299
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
18 LMGT2 77 ドイツの旗 ザイケル・モータースポーツ
  • フランスの旗 ギ・フュステ
  • オーストリアの旗 マンフレート・ユラシュ
  • 日本の旗 鈴木隆司
Porsche 911 GT2 P 297
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
19 LMGT1 28 イギリスの旗 ニューカッスル・ユナイテッド・リスター Lister Storm GTS M 295
Jaguar 7.0 L V12
20 LMGT2 82 フランスの旗 ソシエテ・ラルブル・コンペティション Porsche 911 GT2 M 284
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
21 LMGT1 50 フランスの旗 ソシエテ・バイパー・チーム・オレカ Chrysler Viper GTS-R M 283
Chrysler 356-T6 8.0 L V10
22 LMGT1 27 フランスの旗 ソシエテ・シェロー・スポーツ
  • フランスの旗 ジャン=リュック・シェロー
  • フランスの旗 ピエール・イヴェ
  • フランスの旗 ジャック・ルコント
Porsche 911 GT2 Evo M 279
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
23 LMGT1 49 アメリカ合衆国の旗 カナスカ・サウスウィンド・モータースポーツ Chrysler Viper GTS-R M 269
Chrysler 356-T6 8.0 L V10
24 LMGT1 46 日本の旗 チーム・メニコン・サード サード MC8-R D 256
Toyota 4.0 L Turbo V8
25 LMP2 20 日本の旗 マツダスピード Co. Ltd. Kudzu DLM G 251
マツダ R20B 2.0 L 3-Rotor
DNF LMP1 8 ドイツの旗 ヨースト・レーシング TWS Porsche WSC-95 G 300
Porsche Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
DNF LMP2 14 フランスの旗 ヴェルテール・レーシング SARL
WR LM96 M 221
Peugeot 2.0 L Turbo I4
DNF LMP1 3 フランスの旗 クラージュ・コンペティション Courage C36 M 215
Porsche Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
DNF LMGT1 22 日本の旗 ニスモ 日産 ニスモ GT-R LM B 209
日産 2.8 L Turbo I6
DNF WSC 17 ベルギーの旗 レーシング・フォー・ベルジャム・チーム・スカンディア Ferrari 333 SP P 208
Ferrari F310E 4.0 L V12
DNF LMGT1 57 日本の旗 トヨタ・チーム・サード トヨタ スープラ LM-GT D 205
トヨタ 3S-GTE 2.1 L Turbo I4
DNF LMP2 15 フランスの旗 ヴェルテール・レーシング SARL
  • フランスの旗 ウィリアム・デビッド
  • フランスの旗 セバスチャン・アンジョルラス
  • フランスの旗 アルノー・トレヴィジオル
WR LM96 M 162
Peugeot 2.0 L Turbo I4
DNF WSC 19 アメリカ合衆国の旗 ライリー&スコット・カーズ Inc. ライリー&スコット・Mk III P 157
オールズモビル Aurora 4.0 L V8
DNF LMGT1 53 イギリスの旗 国際開発レーシング McLaren F1 GTR M 146
BMW S70 6.1 L V12
DNF LMGT1 59 イタリアの旗 エンネア SRL
  • イギリスの旗 ロビン・ドノヴァン
  • イタリアの旗 ピエロ・ナッピ
  • 日本の旗 太田哲也
Ferrari F40 GTE P 129
Ferrari F120B 3.5 L Turbo V8
DNF LMGT2 74 イギリスの旗 アグスタ・レーシング・チーム
  • イタリアの旗 ロッキー・アグスタ
  • イタリアの旗 アルモ・コッペリ
  • フランスの旗 パトリック・カミュ
Callaway Corvette LM600 D 114
Chevrolet LT1 6.2 L V8
DNF LMP1 1 ドイツの旗 クレマー・レーシング クレマー K8 スパイダー G 110
Porsche Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
DNF LMGT1 37 ドイツの旗 コンラッド・モータースポーツ
Porsche 911 GT2 Evo M 107
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
DNF LMGT1 44 イタリアの旗 エンネア・SRL・イゴール Ferrari F40 GTE P 98
Ferrari F120B 3.5 L Turbo V8
DNF LMGT1 51 フランスの旗 ソシエテ・バイパー・チーム・オレカ Chrysler Viper GTS-R M 96
Chrysler 356-T6 8.0 L V10
DNF LMGT1 55 ドイツの旗 ロック・レーシング・チーム Porsche 911 GT2 Evo M 93
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
DNF LMGT1 56 フランスの旗 パイロット・レーシング
Ferrari F40 LM M 93
Ferrari F120B 3.5 L Turbo V8
DNF LMP1 2 ドイツの旗 クレマー・レーシング クレマー K8 スパイダー G 58
Porsche Type-935 3.0 L Turbo Flat-6
DNF LMGT2 73 スイスの旗 エルフ・ハーベルトゥール・レーシング
Porsche 911 GT2 D 46
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
DNF LMGT2 81 イギリスの旗 チーム・マーコス Marcos Mantara LM600 D 40
Chevrolet 6.1 L V8
DNF LMGT1 45 イタリアの旗 エンネア・SRL・イゴール Ferrari F40 GTE P 40
Ferrari F120B 3.5 L Turbo V8
DNF LMGT2 70 イギリスの旗 スティーブ・オルーク
  • イギリスの旗 スティーブ・オルーク
  • イギリスの旗 ガイ・ホームズ
  • イギリスの旗 ソームズ・ラングストン
Porsche 911 GT2 D 32
Porsche 3.6 L Turbo Flat-6
DNF WSC 18 アメリカ合衆国の旗 ロケットスポーツ Inc. Ferrari 333 SP P 31
Ferrari F130E 4.0 L V12

統計[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 数字で見るル・マン24時間”. TOYOTA GAZOO Racing. 2021年8月13日閲覧。

ノート[編集]

  • Spurring、Quentin(2014)Le Mans 1990-99 Sherborne、Dorset:Evro Publishing ISBN   978-0-9928209-1-6
  • ラバン、ブライアン(2001)ルマン24時間ロンドン:ヴァージンブックスISBN 1-85227-971-0

外部リンク[編集]

参考文献[編集]