1939年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1939年のル・マン24時間レース
前年: 1938 翌年: 1949
1939年のコース

1939年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1939 )は、16回目[1]ル・マン24時間レースであり、1939年6月17日から6月18日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

概要[編集]

出走したのは42台[1][2][3]。フランス車が主役の傾向はこの年も続いた[4]。完走したのは20台[1][3]

ジャン=ピエール・ウィミーユ(Jean-Pierre Wimille )/ピエール・ヴェイロン(Pierre Veyron )組のブガッティタイプ57C[1]の1号車が24時間で3354.760km[1][2][3]を平均速度139.781km/h[1][2]で走って優勝した[1][2]

ラゴンダが優勝を狙って出場[2]し、3位と4位の好成績を収めた。

2ヶ月後の1939年9月に第二次世界大戦が始まり、1949年のル・マン24時間レースまで10年開催されなかった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ a b c d e 『ル・マンの英国車』p.36「1939」。
  3. ^ a b c 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  4. ^ 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。

参考文献[編集]