1958年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1958年のル・マン24時間レース
前年: 1957 翌年: 1959
1958年のコース

1958年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1958 )は、26回目[1]ル・マン24時間レースであり、1958年6月21日から6月22日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

概要[編集]

出走したのは55台[2][1][注釈 1]

ジャガー・Dタイプ11号車が7時間目47周目37位で走行中、雨でスリップしてサーキットから飛び出し、運転していた「マリー」こと本名ピエール・ブロースレが死亡した[3]

完走は20台[2][1]

フィル・ヒル/オリヴィエ・ジャンドビアン[3][2]フェラーリ・250TR[1]58、14号車が24時間で4101.926km[2][1][3]を平均速度170.914km/h[1][3]で走って優勝し、フェラーリの時代が幕を開けた[3]

ポルシェが3位にわずか1.6リットルの718RSスパイダー、4位に1.5リットルの718RS、5位に1.5リットルの550A RSと小排気量車で上位に食い込み注目された[3]

注釈[編集]

  1. ^ 『ル・マンの英国車』p.68には「参加は50台」とあるが、:en:を見ても具体的詳細な記述を伴い55台参加したことになっている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  3. ^ a b c d e f 『ル・マンの英国車』pp.68-73「1958」。

参考文献[編集]