日沖宗弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日沖宗弘(ひおき むねひろ)は日本のカメラ評論家、写真家、美術史家である。

人物[編集]

自分の研究のために絵巻物や仏教遺跡を撮影したり、友人の仏像研究調査のカメラマンを引き受けたりしている中で[1]、日本製一眼レフカメラでは艶、凹凸、木目、丸み、品位や風格が写らないことに失望していたところ、父が昔作成した自身のアルバムのある一定期間の写真のコントラストが高いことに気がつき、父に聞いてその時期使っていたというレチナを使用してその写真の美しさに感激したのがレンズにこだわる最初だったという[2]

ライカカール・ツァイスフォクトレンダーシュナイダー・クロイツナッハなど古い欧米製機材を高く評価している[3]

パナール・ディナZを高く評価し、真空管アンプを自作して販売するなど自動車やオーディオに関しても造詣が深い。

略歴[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

  • ドミニク・パスカル『アルピーヌ』ネコ・パブリッシング
  • ドミニク・パスカル『ル・マンの英国車』ネコ・パブリッシング ISBN 4-87366-068-8

脚注[編集]

  1. ^ 『プロ並みに撮る写真術II』p.9。
  2. ^ 『クラシックカメラ専科No.23、名レンズを探せ!トプコン35mmレンズシャッター一眼レフの系譜』p.24。
  3. ^ 『プロ並みに撮る写真術II』p.173。
  4. ^ a b c 『プロ並みに撮る写真術I』p.281。
  5. ^ a b c 『プロ並みに撮る写真術II』p.6。
  6. ^ 『プロ並みに撮る写真術II』p.7。
  7. ^ a b c 『プロ並みに撮る写真術II』p.345。

参考文献[編集]