1994年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1994年のル・マン24時間レース
前年: 1993 翌年: 1995
1994年のコース

1994年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1994 )は、62回目[1]ル・マン24時間レースであり、1994年6月18日[2]から6月19日[2]にかけてフランスル・マンサルト・サーキットで行われた。

概要[編集]

当時のル・マン24時間レースは規定の変遷期にあり、グループCのNA車は姿を消した[3]

エントリー台数を確保するためにプロトタイプカーとGTカーを両方受け入れることにした[1]

LMP1[編集]

1990年までのグループCである[4]。プロトタイプカーの性能を制限するため[1]の規定が設けられ、実際グループCのプロトタイプカーは全盛期との比較で20秒以上遅くなった[1]ダウンフォースを小さくするためフラットボトムが義務づけられ[4]、カーボンブレーキ禁止[4]、最低車両重量950kg[4]、スキッドブロックの装着により空力性能を抑制[1]、燃料タンクを80リットルに制限[1][4]吸気リストリクター採用[1][4]により500-550PS[4]に出力抑制された[1][4]

トヨタワークス参加ではなかった[3]が、グループCカーが出場できる最終の機会[3]であり、トヨタ・94C-V[1]サードとトラストに1台ずつ貸与[4]され、参戦した。ル・マン24時間レースに勝利する絶好の機会でもあり[3]、勝利に期待するトヨタ首脳も姿を見せた[3]。吸気リストリクターを装着されエンジン出力は抑えられた[3]が、熟成を進め[3]て信頼性の心配はなかった[4]

この他ポルシェ・962Cやその改造車など7台、計9台が参戦した[4]

LMP2[編集]

フランス西部自動車クラブが設定したコンストラクター製ローコスト軽量車で、エンジンはフランス西部自動車クラブ公認の6気筒以下生産車エンジンに限定され、カーボンチタンの使用が制限されるなど細かい規定がある[4]。出場は3台に留まり将来の成長は見込めなかった[4]

GT1[編集]

量産されている車両が原則[4]で、同一メーカーのものならエンジン自由[4]、サスペンションも同一形式内での改造自由[4]、最低重量1,000kg[4]、燃料タンク120リットル以下[4]である。エンジン排気量や過給器の有無によりリストリクターの直径が決定され、出力は600-650PSに抑えられた[4]

ポルシェは当時ポルシェ・962Cを公道向けに改造していたダウアー・シュポルトワーゲンに目をつけ、所有していたシャシを提供してダウアー・962LMを製作させた。GT1として参戦するには1台でもいいので公道走行可能なナンバー取得車両があればよく、ダウアー・962LMは何の問題もなくGT1カーとして認められた[1]。ポルシェのシャシ提供と要請を受けさらに2台が製作され、再度レーシングカーに仕立て直され、実質ポルシェワークスのル・マン・ポルシェ・チーム/ヨースト・レーシングチームで出場した[1]

この他ベンチュリー・500LM、ベンチュリー・600LM、ブガッティ・EB110フェラーリ・F40ポルシェ・911RSRなど計12台が参戦した[4]

GT2[編集]

GT1より制約が厳しく、これまでのGTカークラスに似ていた[4]。エンジンの換装は許されず、最低車両重量は1,050kg、タイヤサイズも制約があった[4]

ポルシェ・911ホンダ・NSXロータス・エスプリフェラーリ・348LMなど21台が出場した[4]

特に注目されたのはホンダ・NSXで、ホンダでチューニングされ、マシン製作はイギリスのTCプロトタイプ、レース運営はクレマー・レーシングと国際的なチームで、GT2クラス優勝を目標としていた[4]。クレマー・ホンダ・レーシングからアルミン・ハーネ/ベルトラン・ガショー/クリストフ・ブシュー組[4]清水和夫/フィリップ・ファブル/岡田秀樹[4]。もう1台はチーム国光とのジョイントチームであるクレマー・ホンダ・チーム国光からのエントリーで、高橋国光/土屋圭市/飯田章[4]であった。

IMSA GTS[編集]

74号車 Mazda RX-7 GTO

スペースフレームのシルエットフォーミュラである。GT1と同一の吸気リストリクター装着が義務づけられ、エンジン出力は650PS以下に抑えられ、最低重量は1,000kg、燃料タンク100リットルとなっている[4]

日産・300ZXマツダ・RX-7の3台が出場した[4]

予選[編集]

ポルシェ・962Cを改造したクラージュ・C32LMが3分51秒05で1位となった[4]。これは前年プジョー・905が出した記録より30秒近くも遅い[4]。8位までのタイム差は4秒しかなく、性能の拮抗には成功しているように思われた[4]

優勝を争うと思われていたサードトヨタ・94C-Vはダウンフォースが減少したため走りやすいセッティングにする調整に専念して4位[4]ダウアー・962LMは5位と7位であった[4]

決勝[編集]

48台が出走した[2]

レース序盤は連続周回数の多いダウアーが優勢で1、2位を占めた[1]。トヨタはグループCに認められる幅広のリアタイヤ1セットで2スティント走り時間短縮して追い上げる作戦を取り、事前の大方の予想通りポルシェとトヨタの一騎討ちとなった[1]。ダウアー35号車のタイヤ破裂、36号車にドライブシャフトトラブルが発生し、日付が変わる頃にはサード、トラストがレースをリードするようになっていた。3時30分頃[4]トラストがトランスミッショントラブル[1][4]でトランスミッション交換に1時間を費やし[4]優勝争いから脱落したものの、それに代わって1位になったサードは順位を保ち、トヨタ初の優勝は確実と思われた[4][1]が、レース終了38分前[1][注釈 1]にシフトリンケージトラブル[1][3]が発生した。乗っていたジェフ・クロスノフ[1]は機転を利かせてエンジンカウルを外し[1]手で3速に押し込んで[1]ピット生還を果たした[3][1]が、このタイムロス18分[3][4]でダウアー2台に抜かれた[1]。追い上げで1台を抜き返した[3][1]もののそこまででレースが終了[1]、トヨタのグループCによるル・マン挑戦はようやく優勝争いをする実力をつけた段階で終了することになった[3]

結果[編集]

18台が完走した[2]

ダウアー・962LMの36号車[2]ヤニック・ダルマス/ハーレイ・ヘイウッド/マウロ・バルディ[1][2]が24時間で4678[2].4kmを平均速度195.265km/h[2]で走り優勝、1987年のル・マン24時間レース以来久しぶりのポルシェ勝利[4]となった。2位はトヨタ・94C-Vの1号車[2][1]エディ・アーバイン/マウロ・マルティニ/ジェフ・クロスノフ[2][1]。3位はダウアー・962LMの35号車[2][1]ハンス=ヨアヒム・スタック/ダニー・サリバン/ティエリー・ブーツェン[2][1]

期待されたホンダ・NSXはドライブシャフト破損、シフトリンケージ不調、トランスミッショントラブル等で総合14位、クラス6位がベストで注目された割には予選・決勝とも見るべきもののない結果だった[4]

注釈[編集]

  1. ^ 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.147は「残り2時間のところ」とする。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 『Racing On』466号 pp.63-67。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.224-231「資料2」。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.155-220「ルマン24時間レース挑戦 日本チーム」。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。

参考文献[編集]