アンデルス・オロフソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンデルス・オロフソンAnders Olofsson, 1952年3月31日 - 2008年1月22日)はスウェーデン人のレーシングドライバーである。アンダース・オロフソン等と記述される場合もある。

来歴[編集]

F3/ツーリングカー[編集]

1977年にヨーロッパF3ピエルカルロ・ギンザーニに次ぐランキング2位を獲得し、同年のスウェーデンF3ではチャンピオンを獲得した、また、翌1978年にもスウェーデンF3のチャンピオンを獲得した。

1986年の11月に富士スピードウェイで開催されたインターTECボルボのワークスドライバーとして来日し、「空飛ぶレンガ(Flying Brick)」の異名をとる240ターボで勝利を挙げた。

日産ワークス[編集]

翌1987年には日産のワークスチームに加入し、主に長谷見昌弘とのコンビでスカイラインGTS-R/GT-R全日本ツーリングカー選手権(グループA)にエントリーした。1989年、1991年とチャンピオンに輝いている。

グループCにはチームルマンより参戦を開始したが、1989年よりワークスチームのマシンをドライブした。1991年のスパ24時間レースでは、デビッド・ブラバム服部尚貴とともにスカイラインGT-Rで優勝した。

また、翌1992年にはデイトナ24時間レース長谷見昌弘星野一義鈴木利男の3人とともに日産・R91CPでエントリーし総合優勝を果たしたが、オロフソンが決勝でドライブすることはなかった。

JGTCなど[編集]

その後は一度海外に渡り、BPR GTシリーズ及びFIA GT選手権に参戦した。また1994年から1997年までル・マン24時間レースにも参戦している。特に1997年ではマクラーレン・F1GTRを駆り総合2位GT1クラス優勝を果たした。1997年からは活動の場を主に日本に移し、「TEAM FCJ FERRARI」(チーム・フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパン)からエントリー、太田哲也と組み全日本GT選手権を戦った。しかし翌年の1998年富士スピードウェイで開催された全日本GT選手権第2戦で、ペアを組んでいた太田が瀕死の重傷を負う大事故に見舞われた事からチームの参戦継続が困難となった。1999年はNISMOから本山哲の代わりとして第2戦富士に参戦した。この年をもって帰国、現役を去った。

引退後[編集]

現役引退後は母国でレーシングドライバーの育成やマネージメントに尽力した。2008年1月22日、自宅で就寝中に死去した[1]

レース戦績[編集]

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1997年 TEAM FERRARI CULB of JAPAN フェラーリ・F355 GT300 SUZ
11
FSW
4
SEN
FSW
2
MIN
SUG
Ret
9位 25
1998年 GT300 SUZ
Ret
FSW
SEN FSW TRM MIN SUG NC 0
1999年 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
FSW
5
SUG
MIN
FSW
TAI
TRM
21位 8

脚注[編集]

  1. ^ Anders Olofsson dies aged 55” (英語) (2008年1月24日). 2008年11月25日閲覧。