ペリー・マッカーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペリー・マッカーシー
2003 pq paddocks-perry-mccarthy.jpg
2003年
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
生年月日 (1961-03-03) 1961年3月3日(56歳)
F1での経歴
活動時期 1992
所属チーム アンドレア・モーダ
出走回数 6 (0 starts)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1992年ブラジルGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1992年ベルギーGP
テンプレートを表示

ペリー・マッカーシーPerry McCarthy1961年3月3日 - )は、イギリスレーシングドライバーロンドン出身。

略歴[編集]

F1以前[編集]

レーシングドライバーとして「フォーミュラ・フォード」でデビューした後、「イギリスF3」にステップアップした。その後「イギリスF3000選手権」及び「国際F3000選手権」にステップアップする。

F1[編集]

1992年に、イタリアの新興チームの「アンドレア・モーダ」と契約してF1にステップアップを果たす。しかしアンドレア・モーダは、前年までのコローニチームを母体としているとはいえチーム体制が極めて脆弱で、デビュー戦となった第3戦・ブラジルGPではチームの手続き不備により、F1参戦に必要なスーパーライセンスが発給されず予備予選にすら参加できないという事態に陥る。

スーパーライセンスが正式に発給された次戦から予備予選参加が実現したものの、当時のアンドレア・モーダはNo.1ドライバーのロベルト・モレノにチームの全リソースを注ぎこむ体制を取っていたため、マッカーシーは予備予選をわずか1周しか走れないということが珍しくなく、結局一度も予備予選を通過することなく、チームが第12戦・ベルギーGPを最後に国際自動車連盟(FIA)からF1参戦を禁止されたことに伴いF1からの撤退を余儀なくされた。

従ってマッカーシーは、走行したのは公式プラクティスと予備予選のみであり、公式には一度もF1の決勝を走っておらず、厳密には「F1デビュー」は果たしていない。

その後[編集]

マッカーシーはその後ウィリアムズベネトンといったF1チームでテストドライバーを務めたほか、1999年にはアウディと契約し、アウディ・R8Cをドライブするなど、スポーツカーレースを中心にレース活動を続けている。

初代スティグ[編集]

また2002年には、同年に再スタートを切ったBBCの自動車番組『トップ・ギア』に、番組名物の覆面ドライバーの「ザ・スティグ(初代、通称「ブラックスティグ」)」として登場し、翌年の第2シリーズ終了まで出演を続けた。

当時はスティグの正体がマッカーシーであることは伏せられていたが、2010年にマッカーシーが初代スティグであることがBBCにより明らかにされた(詳細はザ・スティグ#正体を参照)。

関連項目[編集]