フランク・ビエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Frank Biela
Frank Biela 2006 EMS.jpg
Biela in 2006
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出生 (1964-08-02) 1964年8月2日(55歳)
ノイス, 西ドイツ
ル・マン24時間での経歴
1999–2008
チーム アウディ スポーツ ヨースト, アウディ スポーツ UK, チャンピオン レーシング
最高位 1位 (2000, 2001, 2002, 2006, 2007)
クラス優勝 5 (2000, 2001, 2002, 2006, 2007)

フランク・ビエラ(Flank Biela、1964年8月2日 - )は、ドイツのレーシングドライバー。同国のノイス出身。ル・マン24時間レースにおいて、5回の総合優勝を記録したドライバーであり、ツーリングカーレースでもアウディのドライバーとして、チャンピオンを獲得した。主にツーリングカーとスポーツカーレースで競っている自動車レースドライバー。

彼は1990年以来 アウディのドライバーとしてレース活動を行ってきた。

経歴[編集]

デビュー[編集]

カートレースで1983年よりレースを始めた。1987年からは旧ドイツツーリングカー選手権にフォード・シエラで参戦を開始。マヌエル・ロイターベルント・シュナイダーと共にフォード ヤングスターチームプログラムに参加。 初年度ながらアヴスのレースで優勝した。シエラを3年間ドライブの他フォーミュラ・フォードのチームとドイチェ・トゥーレンヴァーゲン・マイスターシャフト(DTM、ドイツのツーリングカー選手権)でドライブし、1987年にAVUSでレースに勝つ。 ビエラは1988年もDTMで競い続け、メルセデスベンツ・190Eで優勝しシリーズ10位となった。

1987年はドイツフォーミュラ3の限定シーズンにも出場し2勝を挙げた。

2006年のルマン24時間レースで アウディR10を運転するビエラ。

アウディでのツーリングカー[編集]

1990年にビエラはアウディに移籍。1991年にニュルブルクリンクでのDTMレースとタイトルを獲得した。1992年の半ばにアウディがDTMを去るがビエラはアウディに残る。

ヨーロッパの他のシリーズで2リットルのクラス2(スーパーツーリング)ルールが台頭するが、その後数シーズンにわたってさまざまなヨーロッパツーリングカーシリーズに参加した。アウディ・80(彼が優勝した)を運転して、アウディがマーク・サウドと並んでチャンピオンシップペアに入る。1993年にはフランスツーリングカー選手権にも参戦しタイトルを獲得した。以来、彼は唯一の非フランス人ドライバーチャンピオンである。

1995年、彼は新しいアウディ・A4ポールリカールでのツーリングカーワールドカップレースで優勝し、1990年代半ばで代表的なツーリングカーレーサーのひとりとなる。

ビエラはまた、1994年と1995年に母国ドイツでドイツツーリングカー選手権スーパートゥーレンワーゲンカップに出場した。しかし、彼のホームチャンピオンシップは両方の年でシーズン前半は支配していたが、シーズン後半の不幸がタイトルチャレンジを狂わせる。2リットルクラスのセダンのレースによるSTWカップに切り替えられ、ビエラもこのレースに参戦を開始したが、タイトルを獲得はならず、それぞれBMWドライバーのジョニー・チェコットヨアヒム・ウィンケルホックに栄冠を奪われたため、彼のホームチャンピオンシップはフラストレーションのみをもたらした。また1995年にレース中に後記述する事故を起こしてしまった。

1996年、アウディは2人のドライバーにマシンを託し、ワークスチームとしてイギリスツーリングカー選手権(BTCC)に参戦を決め、チームをリードするためにビエラが選ばれた。こうしてアウディ・A4クワトロでBTCCに参戦を開始し、この年圧倒的なレース運びで8勝し、シリーズチャンピオンを獲得。チームメイトのジョン・ビンストクリフと並んで、初参戦ながら選手権を席巻した。この年のビエラは快適にタイトルを獲得し、すべてのシングルレースをフィニッシュし、2レースを除くすべてのレースでトップ10に入った。(11位のフィニッシュと失格)。 彼はまた、マカオのギアレースで 1位になり、驚くべきシーズンを締めくくった。

しかし、その速さからBTCCの主催者から疑問符を突き付けられ、翌年はハンディを背負い苦しんだ。

1996年のアウディの優位性により、BTCCの主催者は1997年のシーズンで、すべての4輪駆動車にバラスト重量の「ペナルティ」を課した。 アウディはペナルティでかなり不自由な状態にあったためにビエラは当初深刻な影響を与えられ苦労したが 重量のペナルティはシーズンの半ばで半分になり、結果はすぐに改善され、アラン・メニュのルノーに次ぐ2位でこの年も5勝を収めた。またチームメイトのジョン・ビンストクリフも2勝を挙げている。 その後、ビエラは1998年にドイツスーパートゥーレンワーゲンカップに戻るためにイギリスを離れたが、ほとんど成果がなかった。 A4(新しい2輪駆動のレース構成)がライバルメーカーに対し、優位性がなくなり、ビエラはこの年のランキングで14位になる[1]

ルマン24時間レースとセブリング12時間レース[編集]

1999年、ビエラはツーリングカーレースに参戦せず、 アウディ・R8スポーツカープロジェクトに参加し、アウディ・スポーツ・チーム・ヨーストの名前でレースを行いました。 それは良い試合であり、ビエラは今後数シーズンにわたってスポーツカーレースで卓越し、R8のホイールでいくつかのクラシックイベントと3つのアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)で優勝。

R8チームでのビエラの時間のハイライトは、ル・マン24時間レースにも1999年から参戦を開始し、エマニュエル・ピロ、ディディエ・エスとともにアウディ・R8Rで総合3位を獲得。2000年から2002年までピロとトム・クリステンセンと3年間総合優勝した。その後も継続参戦し、2006年と2007年にもル・マンを制した。アウディは2002年シーズン以降、R8プログラムのサポートを縮小し始めた。 2003年にALMSで優勝した後、ビエラはドイツのツーリングカーシリーズに戻り、ヨースト・レーシング(ルマン3回の勝利でビエラのR8を走らせていたチーム)のアウディをドライブしたがこのシーズンは成果は上がらなかった。

ビエラは毎年ルマンでR8レースを続ける。結果はまちまち。 2003年、彼はわずか15周後にピットレーンを逃し、燃料を使い果たした[2]。彼は2004年と2005年にそれぞれ5位と3位に終わった。 2005年12月、彼はR8の後継車である新しいアウディ・R10ディーゼルスポーツカーの最初の走行に参加。 2006年のルマン24時間レースで R10(チーム・ヨースト)をドライブし、ピロと新しいチームメイトのマルコ・ヴェルナーとともに、このクラシックレースでこれまでに4度目の勝利を収めた。 彼は2007年に同じ車のチームで勝利を繰り返した[3]

またセブリング12時間レースでも2000年にも、ピロ、クリステンセンと総合優勝。2003年と2004年、2007年にも優勝を収めるなど活躍を見せた。

アヴスでの事故[編集]

STWカップでも1994年に2位に入り、翌年もシリーズ前半で5勝を挙げたものの、シリーズ後半でビエラは失速し、成績は低迷していたが、アヴスで行われた第2レースでBMWのヨハヒム・ヴィンケルホックとピーター・コックスに次いで3位を走っていた、キース・オドールのマシンがサスペンショントラブルにより、コントロール不能に陥りコンクリートの壁に激突し、停止した。後続車はどうにか避けていたが中団グループに付けていた、ビエラは避けれずオドールのマシンの運転席側に突っ込んでしまった。ビエラはどうにかクラッシュしたマシンから出ることができたが、オードルはマシンから自力では出られず、救助され、ヘリでベルリンの病院に搬送されたが、亡くなってしまった。オドールはBTCCでも右ハンドルのマシンを長年ドライブしていたため、このレースで運転席がある右側に衝突され、致命傷を負ってしまったと考えられる。またこのレースの第1レースをオドールは制していた。ビエラにとっても初優勝を記録した、アヴスでの悪夢となってしまった。

栄誉と賞[編集]

彼の最大の功績は勝利です。

  • 1991 Deutsche Tourenwagen Meisterschaft German Touring Car Championship with Audi V8 (彼はDTMでも2位と3位に入賞)
  • 1993年フランスツーリングカー選手権
  • 1995短命のツーリングカーワールドカップ1回限りのレース
  • 1996年BTCC 1996年(翌年準優勝として終了)
  • 1996 マカオグランプリ ギアレース
  • 2000、2001、2002 24時間のルマンアウディR8
  • 2006年 、 2007年 、 アウディR10を搭載した24時間のルマン
  • Motorsport Magazineが実施した2005年の世論調査で、ビエラは史上19番目のツーリングカードライバーに選ばれた[4]
ル・マンでのウォーク・オブ・フェイムのフランク・ビエラ-受賞者2002

レース記録[編集]

ツーリングカー[編集]

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 順位 ポイント
1987年 ウルフ・レーシング フォード・シエラ XR4 TI HOC
12
ZOL
18
NÜR
6
AVU
1
MFA
5
NOR
Ret
NÜR WUN
DNS
DIE
15
SAL 14位 59
1988年 フォード・グラブ・モータースポーツ フォード・シエラ RS500 コスワース ZOL
1
ZOL
2
HOC
1
HOC
2
NÜR
1

11
NÜR
2

7
BRN
1

10
BRN
2

4
AVU
1
AVU
2
MFA
1

Ret
MFA
1

17
NÜR
1

7
NÜR
2

Ret
NOR
1
NOR
2
WUN
1

3
WUN
2

3
SAL
1
SAL
2
HUN
1

12
HUN
2

7
HOC
1

13
HOC
2

9
16位 25
1989年 ZOL
1

19
ZOL
2

Ret
HOC
1

13
HOC
2

10
NÜR
1

16
NÜR
2

Ret
MFA
1

14
MFA
1

7
AVU
1

Ret
AVU
2

16
NÜR
1

Ret
NÜR
2

DNS
NOR
1

14
NOR
2

10
HOC
1

7
HOC
2

2
DIE
1

10
DIE
2

6
NÜR
1

Ret
NÜR
2

Ret
HOC
1

2
HOC
2

6
13位 135
1990年 MSジェット・レーシング メルセデス・190E 2.5-16 Evo ZOL
1

10
ZOL
2

5
HOC
1

11
HOC
2

Ret
NÜR
1

7
NÜR
2

5
AVU
1

20
AVU
2

Ret
MFA
1

3
MFA
1

3
WUN
1

11
WUN
2

9
NÜR
1

4
NÜR
2

1
NOR
1

16
NOR
2

9
DIE
1

10
DIE
2

15
NÜR
1

20
NÜR
2

Ret
HOC
1

27
HOC
2

DNS
10位 80
1991年 アウディ・ツェントラム・ロートリンゲン アウディ・V8 クアトロ Evo ZOL
1

15
ZOL
2

3
HOC
1

19
HOC
2

3
NÜR
1

6
NÜR
2

7
AVU
1

2
AVU
2

1
WUN
1

5
WUN
2

4
NOR
1

5
NOR
2

11
DIE
1

4
DIE
2

6
NÜR
1

8
NÜR
2

11
ALE
1

1
ALE
1

DSQ
HOC
1

1
HOC
2

1
BRN
1

11
BRN
2

7
DON
1

1
DON
2

1
1位 174
1992年 ZOL
1

3
ZOL
2

Ret
NÜR
1

1
NÜR
2

18
WUN
1

DSQ
WUN
2

DSQ
AVU
1

Ret
AVU
2

8
HOC
1

21
HOC
2

14
NÜR
1

14
NÜR
2

15
NOR
1
NOR
2
BRN
1
BRN
2
DIE
1
DIE
2
ALE
1
ALE
2
NÜR
1
NÜR
2
HOC
1
HOC
2
15位 35
2004年 アウディ・スポーツ・ヨースト・レーシング アウディ・A4 DTM 2004 HOC
16
EST
15
ADR
Ret
LAU
12
NOR
11
SHA
13
NÜR
Ret
OSC
13
ZAN
9
BRN
14
HOC
11
17位 0
2007年 アプト・スポーツライン アウディ・A4 DTM 2007 HOC OSC
18†
LAU BRH NOR MUG ZAN NÜR CAT HOC 23位 0
  • 太字ポールポジション斜字ファステストラップ。(key)
  • †—リタイヤしましたが、勝者のレース距離の90%を完了したと分類されました。
  • 2004年、中国の上海の通りで、非チャンピオンの1回限りのレースが開催されました。

ドイツ・スーパーツーリング選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1994年 レーシング・オーガナイゼーション・コース アウディ・80 クアトロコンペティション AVU
1
WUN
1
ZOL
2
ZAN
1
ÖST
10
SAL
15
SPA
4
NÜR
3
2位 98
1995年 アウディ・A4 クアトロ ZOL
1

1
ZOL
2

1
SPA
1

3
SPA
2

Ret
ÖST
1

2
ÖST
2

1
HOC
1

1
HOC
2

1
NÜR
1

3
NÜR
2

3
SAL
1

17
SAL
2

10
AVU
1

7
AVU
2

Ret
NÜR
1

Ret
NÜR
2

5
3位 391
1998年 アプト・スポーツライン・チーム・アウディ アウディ・A4 HOC
1

13
HOC
2

Ret
NÜR
1

14
NÜR
2

12
SAC
1

Ret
SAC
2

11
NOR
1

20
NOR
2

Ret
LAH
1

10
LAH
2

5
WUN
1

8
WUN
2

Ret
ZWE
1

13
ZWE
2

11
SAL
1

14
SAL
2

9
OSC
1

11
OSC
2

8
NÜR
1

6
NÜR
2

11
14位 242

イギリスツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1996年 アウディ・スポーツUK アウディ・A4 クアトロ DON
1

1
DON
2

1
BRH
1

1
BRH
2

4
THR
1

1
THR
2

3
SIL
1

11
SIL
2

1
OUL
1

2
OUL
2

2
SNE
1

2
SNE
2

DSQ
BRH
1

2
BRH
2

8
SIL
1

3
SIL
2

2
KNO
1

1
KNO
2

2
OUL
1

2
OUL
2

1
THR
1

2
THR
2

3
DON
1

4
DON
2

3
BRH
1

4
BRH
2

1
1位 289
1997年 DON
1

Ret
DON
2

3
SIL
1

7
SIL
2

Ret
THR
1

1
THR
2

Ret
BRH
1

9
BRH
2

6
OUL
1

3
OUL
2

Ret
DON
1

1
DON
2

3
CRO
1

4
CRO
2

17
KNO
1

2
KNO
2

1
SNE
1

3
SNE
2

9
THR
1

2
THR
2

1
BRH
1

1
BRH
2

5
SIL
1

8
SIL
2

15
2位 171

バサースト1000[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス ラップ 総合順位 クラス順位
1989年 オーストラリアの旗 アラン・モファット・エンタープライズ ドイツの旗 クラウス・ニーツヴィエズ フォード・シエラ RS500 A 161 2位 2位
1990年 オーストラリアの旗 アラン・モファット・エンタープライズ ドイツの旗 クラウス・ニーツヴィエズ
ベルギーの旗 ピエール・デュドネ
フォード・シエラ RS500 1 151 10位 10位
1997年 オーストラリアの旗 オリックス・アウディ・スポーツ・オーストラリア オーストラリアの旗 ブラッド・ジョーンズ アウディ・A4 クワトロ 161 2位 2位

スポーツカー[編集]

アメリカン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1999年 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト アウディ・R8R LMP SEB
5
ATL MOS SNM POR PET LGA LSV 52位 20
2000年 アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R8 LMP SEB
1
NÜR
3
SNM
2
MOS
Ret
TEX
1
POR
4
PET
2
LGA
2
LSV
1
ADE
5
4位 231
アウディ・R8R CHA
6
SIL
5
2001年 アウディ・R8 LMP900 TEX
2
SEB
2
DON
2
JAR
2
SNM
2
POR
2
MOS
1
LGA
4
MIA
1
PET
1
2位 198
2002年 LMP900 SEB
5
SNM
8
MDO
1
ROA
2
WAS
3
TRO
2
MOS
Ret
LGA
1
MIA
1
PET
6
3位 209
2003年 インフィニオン・チーム・ヨースト LMP900 SEB
1
ATL
2
SNM
1
TRO
1
MOS
1
ROA
3
LGA
1
MIA
2
PET
3
1位 170
2004年 アウディ・スポーツ UK ヴェロックス LMP1 SEB
1
MDO LIM SNM POR MOS ROA PET LGA 7位 26
2005年 ADT チャンピオン・レーシング LMP1 SEB
2
ATL
3
MDO
3
LIM
2
SNM
1
POR
1
ROA
1
MOS
3
PET
1
LGA
2
1位 182
2006年 アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R10 TDI LMP1 SEB
Ret
HOU MDO LIM UTA
1
POR
2
ROA
1
MOS
4
PET
5
LGA
5
4位 99
2007年 LMP1 SEB
1
STP LBH HOU UTA LIM MDO ROA MOS DET PET LGA 12位 26
2008年 LMP1 SEB
STP
2
LBH
2
UTA
3
LIM MDO ROA MOS DET PET LGA 8位 42

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1999年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
ベルギーの旗 ディディアー・セイス
アウディ・R8R LMP 360 3位 2位
2000年 デンマークの旗 トム・クリステンセン
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
アウディ・R8 LMP900 368 1位 1位
2001年 デンマークの旗 トム・クリステンセン
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
LMP900 321 1位 1位
2002年 デンマークの旗 トム・クリステンセン
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
LMP900 375 1位 1位
2003年 イギリスの旗 アウディ・スポーツ UK
イギリスの旗 アリーナ・モータースポーツ
フィンランドの旗 ミカ・サロ
イギリスの旗 ペリー・マッカーシー
LMP900 28 DNF DNF
2004年 イギリスの旗 アウディ・スポーツ UK ヴェロックス イギリスの旗 アラン・マクニッシュ
ドイツの旗 ピエール・カッファー
LMP1 350 5位 5位
2005年 アメリカ合衆国の旗 ADT チャンピオン・レーシング イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
イギリスの旗 アラン・マクニッシュ
LMP1 364 3位 3位
2006年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
アウディ・R10 TDI LMP1 380 1位 1位
2007年 イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
LMP1 369 1位 1位
2008年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・ノースアメリカ イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
LMP1 367 8位 8位

セブリング12時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1999年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト イギリスの旗 ペリー・マッカーシー
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
アウディ・R8R LMP 304 5位 5位
2000年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・ノースアメリカ デンマークの旗 トム・クリステンセン
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
アウディ・R8 LMP 360 1位 1位
2001年 デンマークの旗 トム・クリステンセン
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
LMP900 370 2位 2位
2002年 デンマークの旗 トム・クリステンセン
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
LMP900 327 5位 5位
2003年 ドイツの旗 インフィニオン・チーム・ヨースト ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
オーストリアの旗 フィリップ・ペーター
LMP900 367 1位 1位
2004年 イギリスの旗 アウディ・スポーツ UK ヴェロックス イギリスの旗 アラン・マクニッシュ
ドイツの旗 ピエール・カッファー
LMP1 350 1位 1位
2005年 アメリカ合衆国の旗 ADT チャンピオン・レーシング イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
イギリスの旗 アラン・マクニッシュ
LMP1 361 2位 2位
2006年 アメリカ合衆国の旗 アウディ・スポーツ・ノースアメリカ イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
アウディ・R10 TDI LMP1 117 DNF DNF
2007年 イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
LMP1 364 1位 1位

ポルシェスーパーカップ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 DC ポイント
2007年 ポルシェAG BHR BHR ESP MON FRA GBR GER
18
HUN TUR BEL MNZ NC‡ 0‡
  • ‡ゲストドライバーであるため、ポイントの対象外。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Frank Biela | Motor Sport Magazine Database” (英語). Motor Sport Magazine (2017年6月12日). 2020年5月19日閲覧。
  2. ^ Le Mans 2003”. Channel 4 (2003年6月18日). 2008年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月16日閲覧。
  3. ^ Frank Biela: out of gas...” (英語). lemans.org. 2020年5月19日閲覧。
  4. ^ Top 20 tin-top drivers” (英語). Motor Sport Magazine. 2020年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]