ポール・ディ・レスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ディ・レスタ
Paul di resta 2009.jpg
ポール・ディ・レスタ (2009年)
基本情報
略称表記 DIR
国籍 イギリスの旗 イギリス
スコットランドの旗 スコットランド
出身地 同・ウェスト・ロージアン州
アップホール
生年月日 1986年4月16日(30歳)
F1での経歴
活動時期 2011-2013
過去の所属チーム '11-13 フォース・インディア
出走回数 58
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 121
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2011年オーストラリアGP
最終戦 2013年ブラジルGP
テンプレートを表示

ポール・ディ・レスタPaul di Resta, 1986年4月16日 - )はイギリススコットランド出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

メルセデスの育成ドライバーで2011年にフォースインディアの正ドライバーとしてF1デビュー。2010年はフォースインディアでサードドライバーを務めながらDTMにフル参戦しシリーズチャンピオンに輝いた。 趣味はモータースポーツフィットネストレーニング、友達と外出。 インディカーで4度チャンピオンを獲得のダリオ・フランキッティ、耐久レースを中心に活動するマリノ・フランキッティ従兄弟にあたる。

経歴[編集]

ポール・ディ・レスタは1994年からレーシングカートを始めた。

2003年はイギリスフォーミュラルノーでシリーズ5位。

2004年も同じくフォーミュラルノーに参戦し3位。また、イギリスF3にも参戦し5位。

2005年、2006年とユーロF3に参戦し、2006年にチャンピオンを獲得。2005年は10位。

2007年よりDTMに参戦し、初年度5位。

2008年も同じくDTMに参戦し2位。

2009年も同シリーズに参戦し3位。

2010年も同シリーズに参戦し、チャンピオンを獲得。

2011年から2013年の間、F1に参戦。

2014年よりDTMに復帰。

F1[編集]

2010年2月2日、フォース・インディアのサードドライバーになることを発表した[1]。 断続的に金曜日のフリー走行に出走する。

2011年より正ドライバーに昇格し、エイドリアン・スーティルと共に参戦する。開幕戦オーストラリアGPではザウバーチームの失格にも助けられ10位入賞を果たし、続く第2戦マレーシアGPでも新人離れした堅実な走りにより再び10位入賞を果たす。第3戦中国GPでも小林可夢偉と終盤まで10位争いを繰り広げていたが、小林にオーバーテイクされてしまい惜しくも11位に終わった。第9戦イギリスGPの予選では自己ベストの6位グリッドを獲得したが、決勝ではピットストップで大幅にタイムロスがあり入賞争いから脱落し15位に終わった。デビューから2戦連続で入賞した後も、いくつかのレースで入賞圏内を走行する場面があったもののなかなかポイントに手が届かなかったが、第11戦ハンガリーGPで7位でフィニッシュし第2戦マレーシアGP以来となるポイントを獲得した。その後のレースでも安定してポイントを稼ぎ、ポイントランキング13位を記録した。またルーキーながらリタイアしたレースは僅か1戦のみと、安定したパフォーマンスを見せた。

2012年もフォースインディアから参戦。チームメイトはチームを離脱したスーティルにかわり、ニコ・ヒュルケンベルグと組むこととなった。開幕戦オーストラリアGP、第2戦マレーシアGPと連続入賞でポイントを獲得。シーズン序盤はチームを引っ張るパフォーマンスで、シーズン半分を過ぎずして昨年のポイントを上回った。第14戦シンガポールGPでは終盤に3番手のフェルナンド・アロンソに対しプレッシャーをかけ続け自己最高位となる4位入賞を果たす。だが以降のレースではヒュルケンベルグに対して後れを取り、最終戦ブラジルGPでは、ヒュルケンベルグが優勝争いに絡む好走を見せた一方で、ディ・レスタは終盤に単独クラッシュを喫してしまいポイントを取りこぼすなど、後味の悪いシーズンの締めくくりとなった。ディ・レスタ自身の成長は見られる場面もあったものの、混戦のシーズンの中で埋もれる形となり、ポイントランキングでは前年より1つ落として14位に終わった。

2013年の前半戦は8戦中7戦でポイントを獲得する順調な出足だった。特に第4戦バーレーンGPでは表彰台にあと少しのレースだった。しかしピレリタイヤが変更された第9戦から歯車が狂いだす。後半戦は11戦中2戦でのみのポイント獲得に留まり、特に第11戦からの4戦連続リタイア(第13戦は周回数の関係で完走扱い)が低迷を際だたせた。結果、翌年のF1のシートを得ることは出来ずDTMに戻ることになった。

2016年にウィリアムズの公式リザーブドライバーに就任した[2]

エピソード[編集]

レース戦績[編集]

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2007年 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス 2005 HOC1
5
OSC
2
LAU
2
BRA
Ret
NOR
15
MUG
3
ZAN
14
NÜR
6
CAT
3
HOC2
8
5位 32
2008年 HWAチーム メルセデス・ベンツ・C-クラス 2008 HOC1
13
OSC
4
MUG
2
LAU
1
NOR
5
ZAN
7
NÜR
2
BRA
2
CAT
1
BUG
2
HOC2
2
2位 71
2009年 HWAチーム メルセデス・ベンツ・C-クラス 2009 HOC1
5
LAU
4
NOR
7
ZAN
6
OSC
4
NÜR
Ret
BRH
1
CAT
7
DIJ
2
HOC2
3
3位 45
2010年 HWAチーム メルセデス・ベンツ・C-クラス 2009 HOC1
4
VAL
5
LAU
2
NOR
10
NÜR
2
ZAN
2
BRH
1
OSC
1
HOC2
1
ADR
9
SHA
2
1位 71
2014年 HWAチーム メルセデス・ベンツ・C-クーペ HOC1
14
OSC
4
HUN
18
NOR
15
MOS
Ret
SPL
18
NÜR
4
LAU
Ret
ZAN
Ret
HOC2
4
15位 36
2015年 HWAチーム メルセデス・ベンツ・C-クーペ HOC1
3
HOC2
22
LAU1
14
LAU2
15
NOR1
Ret
NOR2
6
ZAN1
Ret
ZAN2
14
SPL1
3
SPL2
9
MSC1
14
MSC2
15
OSC1
13
OSC2
6
NÜR1
12
NÜR2
2
HOC1
4
HOC2
4
8位 90
2016年 HWAチーム メルセデス・ベンツ・C-クーペ HOC1
4
HOC2
1
SPL1
7
SPL2
15
LAU1
13
LAU2
21
NOR1
3
NOR2
4
ZAN1
15
ZAN2
8
MSC1
2
MSC2
20
NÜR1
NÜR2
HUN1
HUN2
HOC1
HOC2
5位* 92*

F1[編集]

所属チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2011年 フォース・インディア VJM04 AUS
10
MAL
10
CHN
11
TUR
Ret
ESP
12
MON
12
CAN
18
EUR
14
GBR
15
GER
13
HUN
7
BEL
11
ITA
8
SIN
6
JPN
12
KOR
10
IND
13
ABU
9
BRA
8
13位 27
2012年 VJM05 AUS
10
MAL
7
CHN
12
BHR
6
ESP
14
MON
7
CAN
11
EUR
7
GBR
Ret
GER
11
HUN
12
BEL
10
ITA
8
SIN
4
JPN
12
KOR
12
IND
12
ABU
9
USA
15
BRA
19
14位 46
2013年 VJM06 AUS
8
MAL
Ret
CHN
8
BHR
4
ESP
7
MON
9
CAN
7
GBR
9
GER
11
HUN
18
BEL
Ret
ITA
Ret
SIN
20
KOR
Ret
JPN
11
IND
8
ABU
6
USA
15
BRA
11
11位 48

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]