ウィリアムズ・FW19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィリアムズ・FW19
Williams FW19 Autosport.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー イギリスの旗 パトリック・ヘッド(テクニカルディレクター)
イギリスの旗 エイドリアン・ニューウェイ(チーフデザイナー)
先代 ウィリアムズ・FW18
後継 ウィリアムズ・FW20
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ウィリアムズ製 インボード・トーションバー, ダブルウィッシュボーン, プッシュボード・ベルクランク
サスペンション(後) ウィリアムズ製 インボード・コイルスプリング/ダブルウィッシュボーン, プッシュボード・ベルクランク
エンジン ルノー RS9, RS9A, RS9B V10 (71度) 自然吸気
トランスミッション ウィリアムズ/コマツ製 6速 横置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー
ドライバー 3. ジャック・ヴィルヌーヴ
4. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
コンストラクターズ
タイトル
1 (1997年)
ドライバーズタイトル 1 (1997年)
初戦 1997年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 8 11 9
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW19 (Williams FW19) はウィリアムズ1997年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはパトリック・ヘッドエイドリアン・ニューウェイ

1997年[編集]

ドライバー陣は、昨年から残留のジャック・ヴィルヌーヴと、前年度チャンピオンに輝きながらも契約延長やエンジンをめぐる問題から解雇されたデイモン・ヒルの後任としてハインツ=ハラルド・フレンツェンが加入。若手2人でのダブルタイトル防衛に臨むこととなった。

今までルノーエンジンはオイルメーカーとしてエルフがセットになっていたが、この年のウィリアムズはカストロールが担当している。

しかし、ヒルに信頼を寄せていたニューウェイがその解雇劇に激怒するなどして前年11月にウィリアムズを離脱、マクラーレンに移籍を決断、法廷闘争にまで至った。

ニューウェイとマシン開発能力に定評のあったヒルが離脱した結果、前年ほどの安定感は見られなくなり、更にミハエル・シューマッハが移籍して2年目のフェラーリのチーム力も向上、前年のチーム内のチャンピオン争いから一転して、ヴィルヌーヴとM・シューマッハとのマッチレース状態となった。

最終戦でヴィルヌーヴがデビュー2年目でチャンピオンに輝くという快挙を成し遂げた。フレンツェンもサンマリノグランプリでF1初優勝を達成。彼の優勝はこの1勝にとどまったが6度表彰台を獲得しコンストラクターズタイトルに貢献。フェラーリの追撃を辛うじてかわして2年連続ダブルタイトルを獲得することに成功した。

スペック[編集]

  • シャシー名 FW19
  • トレッド(前/後) 1670mm/1600mm
  • ホイールベース 2890mm
  • 全長 4150mm
  • 全高 950mm
  • 全幅 2000mm
  • 材質 カーボンファイバーアルミハニカム・コンポジット
  • クラッチ AP
  • ギアボックス 6速セミオートマチック
  • エンジン ルノーRS9/RS9A/RS9B
  • 気筒数・バンク角 V型10気筒・71度
  • 燃料・潤滑油 エルフ・カストロール
  • タイヤ グッドイヤー

成績[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
AUT
オーストリアの旗
LUX
ルクセンブルクの旗
JPN
日本の旗
EUR
欧州連合の旗
1997 3 カナダの旗 ヴィルヌーヴ Ret 1 1 Ret Ret 1 Ret 4 1 Ret 1 5 5 1 1 DSQ 3 123 1位
4 ドイツの旗 フレンツェン 8 9 Ret 1 Ret Ret 4 2 Ret Ret Ret 3 3 3 3 2 6