ジャック・ラフィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. フランスのF1ドライバー。本稿で記載。
  2. 19世紀フランスの銀行家・政治家。彼についてはジャック・ラフィット (政治家)を参照。

ジャック・ラフィット
Laffite.jpg
ファン達にサインをねだられるラフィット
(※:写真左から2人目の人物。1988年)
基本情報
フルネーム ジャック=アンリ・マリー・サバン・ラフィット
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・パリ
生年月日 (1943-11-21) 1943年11月21日(76歳)
F1での経歴
活動時期 1974-1986
所属チーム '74-'75,'83-'84 ウィリアムズ[1]
'76-'82,'85-'86 リジェ
出走回数 180 (176スタート)
タイトル 0
優勝回数 6
表彰台(3位以内)回数 32
通算獲得ポイント 228
ポールポジション 7
ファステストラップ 7
初戦 1974年ドイツGP
初勝利 1977年スウェーデンGP
最終勝利 1981年カナダGP
最終戦 1986年イギリスGP
テンプレートを表示

ジャック=アンリ・マリー・サバン・ラフィットJacques-Henri Marie Sabin Laffite, 1943年11月21日 - )は、フランス生まれの元F1ドライバー。フランス語読みで「ジャック・ラフィー」と呼ばれることもある。

プロフィール[編集]

モータースポーツのドライバーとしてはスタートが極めて遅く、1973年に30歳でフランスF3チャンピオンを獲得。翌年に30歳を超えてからのF1デビューであった。1974年・1975年とF1に参戦初期の弱小チームだったウィリアムズから参戦。

1976年、F1に新規参戦したリジェのエースドライバーなる。1977年スウェーデングランプリで自身にとってもリジェにとっても初となるF1勝利を挙げる。

1979年パトリック・デパイユが加入し、リジェは2カーエントリーとなった。ニューマシン、リジェ・JS11の戦闘力は高く、ラフィットは開幕から2連勝を挙げてチャンピオン争いに絡んだ。年間ドライバーズランキングは4位、コンストラクターズランキングでは3位と躍進のシーズンとなった。

1980年、移籍したデパイユに変わりディディエ・ピローニが加入しチームメイトとなる。改良型のJS11/15をドライブしドイツGPで優勝、年間ランキング4位を獲得。コンストラクターズ選手権では2位とリジェの最高順位となる結果を残した。

1981年リジェ・JS17でも1勝を挙げ、同年は最終戦で優勝すればワールドチャンピオンを獲得できるポジションに付けていたが、ランキング4位で終了。3年連続でドライバーズランキング4位につけるなど安定した年間成績を残した。同年のスペインGPでは、予選終了時刻前に自身のタイムアタックを終えると最終結果を確認せずに切り上げてゴルフに出かけてしまった。結果はポールポジションを獲得し、決勝ではわずか0.211秒差及ばず2位となっている(このレースの優勝者はフェラーリジル・ヴィルヌーヴであるが、1位から5位までがわずか1.231秒の差でフィニッシュする接戦であった。3位はジョン・ワトソン、4位はカルロス・ロイテマン、5位はエリオ・デ・アンジェリス[2]。1982年オフに7年過ごしたリジェからウイリアムズに復帰。

1983年ケケ・ロズベルグと共にFW08Cを駆り、最終戦南アフリカGPでは同年にF1復帰していたホンダV6ターボエンジンをウィリアムズに供給開始時のドライバーとなった。

1984年アメリカグランプリの際にはサーキットにパジャマ姿で現れるというエピソードを残した。このレースは猛暑とアメリカ国内でのテレビ中継、ヨーロッパとの時差を考慮し通常より3時間早い午前11時スタートと設定され、その関係でウォームアップランが午前7時開始となったため、それに対する皮肉を込めたラフィットのジョークであった。その姿を見たチーム関係者たちは皆爆笑したという。元F1メカニックの津川哲夫は著書「F1グランプリボーイズ」の中でラフィットを「サーキットのコメディアン」と称している。

1985年、リジェに復帰。チームメイトはアンドレア・デ・チェザリス。ラフィットは3度表彰台に登壇するなどランキング9位を得る。

1986年もリジェに残留し、ルネ・アルヌーとフランス人コンビを組み、ルノー・ターボエンジンを搭載するリジェ・JS27をドライブとオール・フレンチ体制となった。開幕戦ブラジルGPで3位表彰台に立つ滑り出しを見せる。第9戦イギリスGPでは、当時のF1最多出走記録であったグラハム・ヒルの出走数176に並んだ。しかし、決勝レースがスタートしタイ記録が達成された直後、多重事故によりラフィットはコース右側のグリーンに押し出され、カードレールに突っ込んでしまい両足の複雑骨折を負った[3]。以後F1への復帰を目指しリハビリテーションに励み、「松葉杖も要らなくなったし、あと2年はグランプリで走る自信がある」とF1復帰を望んでいたが[4]、この86年イギリスGPが最後のF1出走となった。

30歳以上でF1デビューしたドライバーの中でもっとも決勝出走回数が多いドライバーで、前述のヒルの記録に並んだ時には既に42歳になっていた。F1決勝出走176GPのレコードは、1989年リカルド・パトレーゼが更新するまで(ヒルと並んで)F1最多出走記録であった。

1987年ディジョンで開催されたWTC第3戦でレース復帰。アレッサンドロ・ナニーニとのコンビでアルファロメオ・A75ターボの第2ワークスカーを駆って予選14位・決勝9位でレースを終えた[5]

以後、フランステレビ局のF1レース中継解説者としてサーキットを訪れている。

ラフィットのヘルメットデザインは、黒地の無地ヘルメットに、勝利したグランプリのウィナーズステッカーだけが貼られたシンプルなものがトレードマークとなっていた。 同時期にルノーなどで活躍したF1ドライバージャン=ピエール・ジャブイーユとは、義理の兄弟(互いの妻が姉妹)である。またゴルフ好きで知られ、同じくゴルフ好きだったナイジェル・マンセルと親交がある。

F1での主な記録[編集]

  • 1974年 ウィリアムズからF1初参戦。
  • 1975年 シーズンランキング12位。
  • 1976年 リジェに移籍、シーズンランキング8位。初ポールポジション。
  • 1977年 シーズンランキング10位。初優勝。
  • 1978年 シーズンランキング8位。
  • 1979年 シーズンランキング4位。2勝。
  • 1980年 シーズンランキング4位。1勝。
  • 1981年 シーズンランキング4位。2勝。
  • 1982年 シーズンランキング18位。
  • 1983年 ウィリアムズに移籍、シーズンランキング11位。
  • 1984年 シーズンランキング14位。
  • 1985年 リジェに移籍、シーズンランキング9位。
  • 1986年 イギリスグランプリで事故により負傷し、以後F1を欠場。シーズンランキング8位。

カーナンバー (F1)[編集]

  • 21 (1974年第11戦~1975年第3戦.5.6.8~14戦)
  • 26 (1976年~1982年第3戦.5~16戦.1985年~1986年第9戦)
  • 2 (1983年)
  • 5 (1984年)

レース戦績[編集]

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1974年 ウィリアムズ FW02 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE NED FRA GBR GER
Ret
AUT
NC
ITA
Ret
CAN
15
USA
Ret
NC
(44位)
0
1975年 ARG
Ret
BRA
11
RSA
NC
ESP 12位 6
FW04 MON
DNQ
BEL
Ret
SWE NED
Ret
FRA
11
GBR
Ret
GER
2
AUT
Ret
ITA
Ret
USA
DNS
1976年 リジェ JS5 BRA
Ret
RSA
Ret
USW
4
ESP
12
BEL
3
MON
12
SWE
4
FRA
14
GBR
DSQ
GER
Ret
AUT
2
NED
Ret
ITA
3
CAN
Ret
USA
Ret
JPN
7
7位 20
1977年 JS7 ARG
NC
BRA
Ret
RSA
Ret
USW
9
ESP
7
MON
7
BEL
Ret
SWE
1
FRA
8
GBR
6
GER
Ret
AUT
Ret
NED
2
ITA
8
USA
7
CAN
Ret
JPN
5
10位 18
1978年 ARG
16
BRA
9
RSA
5
USW
5
BEL
5
8位 19
JS9 MON
Ret
ESP
3
SWE
7
FRA
7
GBR
10
GER
3
AUT
5
NED
8
ITA
4
USA
11
CAN
Ret
1979年 JS11 ARG
1
BRA
1
RSA
Ret
USW
Ret
ESP
Ret
BEL
2
MON
Ret
FRA
8
GBR
Ret
GER
3
AUT
3
NED
3
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
4位 36
1980年 JS11/15 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
2
USW
Ret
BEL
11
MON
2
FRA
3
GBR
Ret
GER
1
AUT
4
NED
3
ITA
9
CAN
8
USA
5
4位 34
1981年 JS17 USW
Ret
BRA
6
ARG
Ret
SMR
Ret
BEL
2
MON
3
ESP
2
FRA
Ret
GBR
3
GER
3
AUT
1
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
1
CPL
6
4位 44
1982年 RSA
Ret
BRA
Ret
USW
Ret
SMR BEL
9
DET
6
CAN
Ret
17位 5
JS19 MON
Ret
NED
Ret
GBR
Ret
FRA
14
GER
Ret
AUT
3
SUI
Ret
ITA
Ret
CPL
Ret
1983年 ウィリアムズ FW08C BRA
4
USW
4
FRA
6
SMR
7
MON
Ret
BEL
6
DET
5
CAN
Ret
GBR
12
GER
6
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
DNQ
EUR
DNQ
11位 11
FW09 RSA
Ret
1984年 BRA
Ret
RSA
Ret
BEL
Ret
SMR
Ret
FRA
8
MON
8
CAN
Ret
DET
5
DAL
4
14位 5
FW09B GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
EUR
Ret
POR
14
1985年 リジェ JS25 BRA
6
POR
Ret
SMR
Ret
MON
6
CAN
8
DET
12
FRA
Ret
GBR
3
GER
3
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
BEL
11
EUR
Ret
RSA AUS
2
9位 16
1986年 JS27 BRA
3
ESP
Ret
SMR
Ret
MON
6
BEL
5
CAN
7
DET
2
FRA
6
GBR
Ret
GER HUN AUT ITA POR MEX AUS 8位 17

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1972年 フランスの旗 オートモビルス・リジェ フランスの旗 ピア・モブラン リジェ・JS2-マセラティ S
3.0
195 DNF DNF
1973年 フランスの旗 ギ・リジェ S
3.0
24 DSQ DSQ
1974年 フランスの旗 アラン・セルパッジ S
3.0
310 8位 5位
1977年 フランスの旗 エクィップ ルノー エルフ フランスの旗 パトリック・デパイユ ルノー・アルピーヌ・A442 S
+2.0
289 DNF DNF
1978年 アメリカ合衆国の旗 グランド・ツーリング・カーズ Inc. オーストラリアの旗 ヴァーン・シュパン
アメリカ合衆国の旗 サム・ポージー
ミラージュ・GR9-ルノー S
+2.0
293 10位 5位
1990年 ドイツの旗 ヨースト・ポルシェ・レーシング フランスの旗 アンリ・ペスカロロ
フランスの旗 ジーン・ルイス・リッチ
ポルシェ・962C C1 328 14位 14位
1993年 フランスの旗 ジャカディ レーシング フランスの旗 ミシェル・メゾンヌーブ
フランスの旗 クリストフ・デチャバンネ
ベンチュリ・500LM-ルノー GT 210 DNF DNF
1994年 フランスの旗 ラルブル コンペティション フランスの旗 ジャックス・アルメラ
フランスの旗 ジーン・マリエ・アルメラ
ポルシェ・911 Carrera RSR GT2 94 DNF DNF
1996年 イタリアの旗 チーム・ビガッツィ SRL イギリスの旗 スティーブ・ソパー
ベルギーの旗 マルク・デュエツ
マクラーレン・F1 GTR GT1 318 11位 9位

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1974-1975年は前身のフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
  2. ^ スポーツ・グラフィック「ナンバー」編 文藝春秋文春文庫ビジュアル版『激走!F1』 54~71頁。
  3. ^ さらば愛しきブランズハッチ 金子博 Racing On No.010 1987年2月号 44頁 武集書房
  4. ^ 復帰を目指しリハビリを開始したラフィット 元気に自転車トレーニング Racing on No.010 1987年2月号 38頁 武集書房
  5. ^ ラフィーがレースに復帰 ディジョンWTC第3戦 オートスポーツ No.475 1987年7月1日号 140頁 三栄書房

関連項目[編集]