ピアス・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピアス・カレッジ
Piers Courage 1968 Nürburgring.JPG
基本情報
フルネーム ピアス・レイモンド・カレッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・エセックス州コルチェスター
生年月日 (1942-05-27) 1942年5月27日
没年月日 (1970-06-21) 1970年6月21日(満28歳没)
F1での経歴
活動時期 1967-1970
所属チーム '66,'67 ロータス
'67,'68 BRM
'69 ブラバム
'70 デ・トマソ
出走回数 27
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 2
通算獲得ポイント 20
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1970年オランダGP
テンプレートを表示

ピアス・レイモンド・カレッジPiers Raymond Courage, 1942年5月27日 - 1970年6月21日)はイギリスF1ドライバー。エセックス州コルチェスター出身。

経歴[編集]

イギリスのビール醸造メーカー、カレッジ・ブルワリー英語版の経営者一族の出身[1]イートン・カレッジ卒業後、会計事務所で働く[1]が、1963年に退職し、友人のジョナサン・ウィリアムズと本格的にレース活動を始める[2]

1967年1月2日の南アフリカグランプリで、ロータスとBRMのシャシーを使用するプライベートチーム、レッグパーネルからF1デビュー。

1969年ドイツグランプリでブラバムをドライブするカレッジ

2年間在籍した後、1969年にはブラバムのシャシーを使用するフランク・ウイリアムズのチームに移籍、二度の2位表彰台を獲得する活躍を見せた。この活躍にフェラーリも誘いをかけるほどであったが、結局翌年も残留することとなった。

1970年にチームは、デ・トマソのシャシーを使用していたが前年に比べ予選順位も奮わず、決勝レースでも完走を果たせずにいた。こうして迎えたザントフォールト・サーキットでの第5戦オランダグランプリにおいて彼の乗った車はイースト・トンネル手前の右コーナーでスピンし、外側ガードレールに衝突してコースアウト(このサーキットをよく知るジャッキー・イクスは、このコーナーでのカレッジのシフトワークが危険であるとカレッジ自身に注意を促していた)。さらにその先のイースト・トンネルの橋の欄干に激突し、コース横の草地に転落し炎上、カレッジは死亡した(車が炎上した時点で即死していた)。28歳没。フランク・ウイリアムズや特に親しかったヨッヘン・リントは彼の死により大きなショックを受けることとなった。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 WDC ポイント
1966年 ロータス/ロン・ハリス 44 F2 MON BEL FRA GBR NED GER
Ret
ITA USA MEX NC 0
1967年 ロータスレグ・パーネル 25 RSA
Ret
NC
(30位)
0
BRM P261 MON
Ret
NED
BEL
FRA
GBR
DNS
GER
CAN
ITA
USA
MEX
1968年 P126 RSA
ESP
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
6
GBR
8
GER
8
ITA
4
CAN
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
20位 4
1969年 ブラバムウィリアムズ BT26A RSA ESP
Ret
MON
2
NED
Ret
FRA
Ret
GBR
5
GER
Ret
ITA
5
CAN
Ret
USA
2
MEX
10
8位 16
1970年 デ・トマソウィリアムズ 505 RSA
Ret
ESP
DNS
MON
NC
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
MEX
NC
(33位)
0

脚注[編集]

  1. ^ a b オートスポーツ三栄書房、1974. 2/1号、122頁。
  2. ^ 『オートスポーツ』 1970. 8月号、149頁。

関連項目[編集]