シャルル・ルクレール (レーシングドライバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル・ルクレール
Charles Leclerc
2019 Formula One tests Barcelona, Leclerc (32309896557).jpg
シャルル・ルクレール (2019年)
基本情報
フルネーム シャルル・マルク・エルヴェ・ペルスヴァル・ルクレール
Charles Marc Hervé Perceval Leclerc
略称表記 LEC
国籍 モナコの旗 モナコ
出身地 同・モンテカルロ
生年月日 (1997-10-16) 1997年10月16日(23歳)
F1での経歴
活動時期 2018-
過去の所属チーム '18 ザウバー
所属チーム フェラーリ '19-
車番 16
出走回数 56
タイトル 0
優勝回数 2
表彰台(3位以内)回数 12
通算獲得ポイント 400
ポールポジション 7
ファステストラップ 4
初戦 2018年オーストラリアGP
初勝利 2019年ベルギーGP
2019年順位 4位 (264ポイント)
(記録は2020年第14戦トルコGP終了時)
テンプレートを表示

シャルル・マルク・エルヴェ・ペルスヴァル・ルクレールCharles Marc Hervé Perceval Leclerc, 1997年10月16日 - )は、モナコ出身のレーシングドライバー

マスメディアによっては、「チャールズ・レクラーク」(英語読み[1])と表記する場合もある[2]

初期の経歴[編集]

元レーシングドライバーのエルヴェ・ルクレールの次男として生まれた。エルヴェには1980年代から1990年代にかけてF3のレースに参加した経験があり、キャリアの初期から息子のレースに帯同してアドバイスを与え続けていた[3][4]。また、ルクレールは父の影響からアイルトン・セナを英雄視するようになった[5]。ルクレールには兄であるロレンゾと弟であるアルトゥールという2人の兄弟がおり、アルトゥールは2018年にフランスF4選手権にデビューしたレーシングドライバーである[3][6]

初めてレーシングカートを体験したのは4歳の時であり、場所はジュール・ビアンキの父親が所有するフランスブリニョールのカート場だった。後にF1ドライバーとなるビアンキはルクレールの幼馴染であると同時に、良き指導者のような存在でもあった[7]。ビアンキと同様に、ルクレールはニコラス・トッド英語版率いる「オール・ロード・マネージメント」(ARM)のメンバーとなった[8]

カート[編集]

2005年からカートレースの大会に参加し始めた。2005年・2006年2008年と「フランス・PACA・チャンピオンシップ」で3度のタイトルを獲得した。2009年はフランスのカデットチャンピオンとなり、翌年のKF3KF3)クラス「ジュニア・モナコ・カート・カップ英語版」でタイトルを獲得した。ルクレールによれば、レース活動のための資金は2010年末には尽きており、彼は2010年をもってレースを止める予定だったが、ビアンキがルクレールをニコラス・トッドに紹介したことにより、ARMに加入して活動を続けることができたという[9]

2011年までKF3クラスに参戦し、「CIK-FIA KF3・ワールドカップ」、「CIK-FIA カーティング・アカデミー・トロフィー」、「ERDF・ジュニア・カート・マスターズ」においてそれぞれタイトルを獲得した。2012年は、KF2KF2)クラスへステップアップし、ワークスチームARTグランプリから参戦した「WSK・ユーロシリーズ」で年間タイトルを獲得した。その他では「CIK-FIA ヨーロピアン・KF2・チャンピオンシップ」、「CIK-FIA U18・ワールド・カーティング・チャンピオンシップ」などで総合2位の成績を残した。

2013年は、「CIK-FIA ヨーロピアン・チャンピオンシップ KZKZ)」にて総合6位に入った。「CIK-FIA ワールド・KZ・チャンピオンシップ」では2015年にF1デビューを果たすマックス・フェルスタッペンに次ぐ総合2位となった。

フォーミュラ・ルノー2.0[編集]

ルクレールは、2014年よりイギリスのチームであるフォーテック・モータースポーツ英語版からフォーミュラ・ルノー2.0 アルプス・シリーズへ参戦し、シングル・シーターのレースに初参戦した。2014年シーズンは優勝2回、表彰台圏内7回の成績を残し、コイラネンGP英語版から出走しているニック・デ・ブリーズに続く総合2位となった。同シリーズのルーキーが毎戦獲得したポイントで争うジュニア・チャンピオンシップでは1位を獲得した。

その後フォーテック・モータースポーツからユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 2.0へゲストドライバーとして参加し、3度の2位表彰台を獲得した。

一方でこの年のF1日本GPではビアンキが大事故で昏睡状態となり、翌年に亡くなった[8]

フォーミュラ3[編集]

2015年は、オランダファン・アメルスフォールト・レーシング英語版からヨーロッパ・フォーミュラ3選手権に参戦した。前半戦から中盤戦にかけてはコンスタントに表彰台に上る走りを見せたが、終盤戦は入賞圏内で終えるレースが続いた。優勝4回・表彰台圏内13回という成績で、総合4位に入った。同シリーズのルーキーズ・チャンピオンシップでは、2位に123.5ポイントの差をつけて1位となった。

マカオグランプリにも同チームから初参戦し、予選では3番グリッドを獲得した。決勝レースではトップと0.503秒差でチェッカーを受け、2位表彰台を獲得した[10]

GP3シリーズ[編集]

2015年12月、ARTグランプリアーデン・インターナショナル英語版のポストシーズンテストに参加した。その後、ARTグランプリから2016年シーズンのGP3シリーズに参戦する事が決定した。 2016年シーズンはデビューレースとなった開幕戦でいきなり優勝し、その後も2勝を挙げる。シーズンを通して表彰台に登り続け、4勝を挙げたチームメイトのアレクサンダー・アルボンを上回って2016年シーズンのシリーズチャンピオンとなった。

F2[編集]

モンツァ・サーキットでプレマのF2マシンを走らせるシャルル・ルクレール

2017年はGP2シリーズから新たに名称変更されたF2に参戦した。チームはプレマ・パワーチームで、同じくフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるアントニオ・フォーコのチームメイトとなった。

開幕戦バーレーンではデビュー戦でのポールポジションを獲得した。先頭からスタートしたレース1は優勝したマルケロフから13.7秒差の3位で終えた[11]。翌日のレース2では1位を走行中にピットストップしてタイヤ交換を行うという(レース2においては)珍しい戦略をとり、ピットアウト後には14位まで順位を落としたが、その後8周で13台のマシンを追い抜いて最終周にトップに立ち、初優勝を果たした[12]。第2戦バルセロナのレース1ではポールトゥーウィンを果たし、バーレーンのレース2に引き続き連勝した[13]

地元での開催となる第3戦モナコでは3戦連続でのポールポジションを獲得し、レース1では後続に7秒の差をつけて1位を走っていたが、セーフティカー出動中にフロントサスペンションが故障してリタイヤした[14]

F2第4戦を前にした2017年6月20日、父エルヴェが長期にわたる闘病の末に死去した[3]。6月24-25日に行われた第4戦アゼルバイジャンのレース1ではポールトゥーウィンで3勝目を挙げ、翌日のレース2でもトップでチェッカーフラッグを受けたが、黄旗中に減速を怠ったとして10秒加算のペナルティを受けた結果2位となった[15]

第7戦ハンガリーの予選では7戦連続となるポールポジションを獲得したかに見えたが、予選後の車検でデフに使用されていたシムの材質が規定違反であるのが見つかり、ポールを剥奪された[16]。最後尾グリッドからスタートしたレース1では多くのマシンを追い抜き4位まで順位を上げた[17]スパ・フランコルシャンで行われた第8戦ベルギーでもポールポジションを獲得し、レース1をポールトゥウィンで勝利したが、レース後にフロアの板の厚さが規定違反であるとして失格となった[18]。失格によりレース2では再び最後方からのスタートとなったが5位に入賞した[19]

第10戦へレスでもポールポジションを獲得してレース1で勝利し、3レースを残してF2のドライバーズタイトルを獲得した[20]。シーズン最終レースとなったアブダビでのレース2、ルクレールは7番グリッドからスタートし、最終周に首位のアレクサンダー・アルボンを接触しつつも追い抜いて優勝した[21]

最終的にルクレールは優勝7回、ポールポジション8回という成績で2017年のF2チャンピオンとなった。F1直下のカテゴリにおけるデビューシーズンでのチャンピオン獲得は、GP2時代の2009年のニコ・ヒュルケンベルグ以来だった。

F1[編集]

2016年イギリスGPのFP1でF1初走行を行うルクレール(手前)

2016年3月には、ジャン・アレジの息子であるジュリアーノ・アレジと共にフェラーリ・ドライバー・アカデミー (FDA) の一員に加わった[22]。同時にルクレールは、スクーデリア・フェラーリハースF1チームの開発ドライバーに就任した[22]第10戦イギリスGPの金曜フリー走行1回目(FP1)にハースのドライバーとして出走することが決まり[23]、全体の18番手タイムをマークした[24]

ザウバー時代[編集]

2017年マレーシアグランプリのFP1で走行するルクレール

2017年ザウバーのリザーブドライバーに就任し[25]、計4戦においてFP1に出走した[26]

2018年オーストリアグランプリで走行するルクレール

2018年は31年ぶりにF1復帰のアルファロメオをタイトルスポンサーとして迎え、フェラーリとのパートナーシップを強化した「アルファロメオ・ザウバーF1チーム」からデビューすることが発表され[27]1994年オリビエ・ベレッタ以来、24年ぶりの生まれながらのモナコ人F1ドライバーとなる。GP2時代から通算すると、2010年にチャンピオンを獲得し翌年ウィリアムズからデビューしたパストール・マルドナド以来7年ぶりに直下カテゴリーから直接のフル参戦デビューが決まった。カーナンバーは「16」を選択した。

序盤はチームメイトのマーカス・エリクソンに対して苦戦が続いたが、第4戦アゼルバイジャンGPで初のQ2進出を果たすと、波乱のレースをかいくぐり6位入賞を果たした。その後もQ2進出を続け、第8戦フランスGPでは初めてQ3に進出し、8番手からスタートした決勝レースでは10位に入った。その後も入賞を重ね、最終的に39ポイントのドライバーズランキング13位に入った。さらに、ペナルティポイントを一切受けずにシーズンを終了するなど、ルーキーとは思えない走りを見せた。

シーズン半ばから将来性を考慮して早くもキミ・ライコネンの後任ドライバーとしてフェラーリに移籍するという情報が流れていたが[28]、そのルクレールを推していた当時フェラーリCEOを務めていたセルジオ・マルキオンネが急逝した。フェラーリ首脳陣はライコネン続投を推していたため、来季のフェラーリ入りの可能性は消滅したかと思われたが、Auto Motor und Sportは「フェラーリはマルキオンネの遺志通りにルクレール抜擢」予定という内容をいち早く報道した。9月11日に翌年からのフェラーリ加入が発表され[29]、ほぼ同時にザウバーがライコネンと契約を結んだことが発表され[30]、事実上フェラーリとザウバーの間でのドライバートレードとなった。これによりフェラーリ・ドライバー・アカデミーのドライバーとして初、かつモナコ人初のフェラーリ正ドライバーとなる。フェラーリF1代表のマウリツィオ・アリバベーネは、ルクレールが「少なくとも2022年までは確かに」フェラーリに在籍すると語っており、長期の契約が存在することを示唆した[31]

この年のベルギーGPのスタート直後、ルクレールは多重クラッシュに巻き込まれたが、マシンのHaloが損傷を受けながらも無傷でマシンを降りた。2016年チャンピオンのニコ・ロズベルグは、この事故によってこの年から義務化されたHaloの効果が実証されたと述べた[32]FIAによる事故調査の最終報告書は、Haloが無かった場合アロンソ車のフロントウィング翼端板(エンドプレート)がルクレールのヘルメットのバイザー部分に直撃していたと結論付けた[33]

フェラーリ時代[編集]

2019年[編集]

2018年シーズン終了直後に、ヤス・マリーナ・サーキットで行われたタイヤテストでフェラーリのドライバーとして初走行し、テスト2日目のトップタイムを記録した[34]2019年、カタロニアサーキットでのプレシーズンテスト2日目担当を任され、暫定でのトップタイムを記録した。

第2戦バーレーンGPで今季のチーム及び自身初のポールポジション(PP)を獲得[35]。決勝ではスタートでベッテルの先行を許すも抜き返し、トップを快走していたが、PUトラブルでスローダウンを余儀なくされてメルセデス勢の先行を許し、後方を走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にも抜かれるのは時間の問題とされたが、ルノー勢のマシントラブルによりセーフティカー導入でそのまま3位でチェッカーを受け、自身初の表彰台に立った[36]

第8戦フランスGP以降は、予選成績に関してはベッテルを上回り[37]、第9戦オーストリアGPでは今季2度目のPPを獲得。決勝も快走し、メルセデス勢の不調により初優勝目前であったが、フェルスタッペンの猛追により2位でのチェッカーとなった。それでも、第8戦から4戦連続の表彰台獲得など、マシン特性に苦しみながらも気を吐いていた。

そして、第13戦ベルギーGPでは今季3度目のPPを獲得。決勝の終盤でメルセデスに追いつかれたものの、見事抑えきりキャリア初優勝を飾った。だが、サポートレースのF2ベルギー戦で彼のカート時代からの友人であるアントワーヌ・ユベールの死亡事故[38]が発生。そのため、この勝利はユベールに捧げるものであるコメントした[39]。ベルギーGPで優勝した勢いは止まらず、続くフェラーリのお膝元である第14戦イタリアGPでもPPを獲得すると決勝では後ろから猛追するメルセデス勢を振り切って2戦連続のポールトゥウィン。フェラーリに9年ぶりのイタリアGP優勝をもたらしティフォシを沸かせた。 また、第15戦シンガポールGPだが、今季のマシン特性的には不利と見られていたが、ここで導入されたアップデートが予想以上の成果を発揮[40]。それも手伝い、3戦連続となるPPを獲得。決勝はベッテルのアンダーカットにより2位に終わったが、第16戦ロシアGPでもポールポジションを獲得。そのため、9月に開催された4戦すべてでポールポジション獲得する形となり、この時点でシーズン最多のポールポジションを獲得。後半戦のマシン開発の成功も手伝い、一時的にメルセデス勢を圧倒した。

最終的に2019年シーズンの最多ポールポジション取得者になり、最終戦アブダビGPでもボッタスの猛追をかわして3位表彰台を獲得。全体的にベッテルを上回る活躍を見せるなど、期待以上の活躍を見せた。その一方でベッテルがマシンとのマッチングに失敗し精彩を欠いたドライビングが目立ったことも手伝い、メディアはルクレールを事実上のエースとして扱う言動が目立った[41]。これに比例して、シーズンが進むにつれルクレールを軸にしたチーム内の問題[42]や後半戦の第17戦でキャリア初のペナルティポイント[43]を受けたように、少なからず荒いドライビングが目立つようになる[44]。そのため、開幕前に抱かれていた不安要素を払拭した反面、チーム側のドライバー管理の問題[45]が直因だが、チーム内の緊張を引き起こす一因を作ったことや後半戦で野心をむき出しにしたドライビング[46]については評価が割れた。

元々フェラーリと長期契約を結んでいた噂は流れていたが、2019年12月23日にフェラーリからルクレールと複数年契約を結んでいることを発表[47]。契約内容の詳細は不明だが、2024年までフェラーリと契約を結んだことが正式に明らかとなった。

2020年[編集]

フェラーリ2年目となる。前年の活躍から期待される一人ではあったが、2020年プレシーズンテストの段階で、様々の要因が重なり、前年より戦闘力が低いマシンで戦うことが避けられないことが示唆され、シーズンに不安を残した[48]2019新型コロナウイルスの世界的流行の影響で7月からレッドブルリンクでの連戦という形でシーズンを迎えるが、開幕戦のフリー走行の段階で今季のマシンの戦闘力不足が明確化[49]され、予選も7番手と苦戦。その決勝こそサバイバルレースとなったこともあり、上位で走行していたことや自身の前のマシンのペナルティにより2位表彰台を獲得。シルバーストン・サーキットでの2連戦となった第4戦イギリスGPと第5戦70周年記念グランプリでは、前者は3位に入るものの、これは上位のバルテリ・ボッタスがトラブルで後方に沈んだことによって得た結果であり、開幕戦と同様、繰り上げ的な面があり、実際、同レースで前にいたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に対し、最終周でのファステストラップ(FL)狙いのタイヤ交換を許すほどの差がつけられていた。後者ではタイヤの設定変更を受け、2ストップ戦略が中心となる中、前戦と同じ1ストップ戦略でしのぎ切り4位入賞し、今季のチームにとっては貴重なポイントを持ち帰った。

評価[編集]

  • 2度のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、ルクレールがザウバーのマシンから「最大限のパフォーマンスを引き出す方法を知っている」と評価している[50]。なお、ハッキネンはルクレールをF2時代から知っており、取材を中断して彼と真剣に話し込んだこともあった[51]。2019年からチームメイトとなるセバスチャン・ベッテルも「ルクレールに対する"過大評価"は正しい」と主張している[52]。一方で、「彼がどれほど良いドライバーであるかを、僕らはまだ全然知らない[53]」といった意見もあった。
  • レッドブル首脳のヘルムート・マルコは、自チームであるレッドブル傘下のドライバー以外ではルクレールがルイス・ハミルトンやベッテル以上の最も優秀な現役ドライバーと高く評価している[54]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2014 フォーミュラ・ルノー2.0 アルプス フォーテック・モータースポーツ 14 2 1 0 7 199 2位
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 6 0 0 0 3 0 NC
2015 FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権 ファン・アメルスフォールト・レーシング 33 4 3 5 13 365.5 4位
マカオグランプリ 1 0 0 0 1 N/A 2位
2016 フォーミュラ1 スクーデリア・フェラーリ テストドライバー
ハースF1チーム
GP3シリーズ ARTグランプリ 18 3 4 4 8 202 1位
2017 フォーミュラ1 スクーデリア・フェラーリ テストドライバー
ハースF1チーム
FIA フォーミュラ2選手権 プレマ・レーシング 22 7 8 4 10 282 1位
2018 フォーミュラ1 アルファロメオ・ザウバーF1チーム 21 0 0 0 0 39 13位
2019 スクーデリア・フェラーリ
スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
21 2 7 4 10 264 4位
2020 スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ 14 0 0 0 2 97* 5位*
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権[編集]

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント
2015年 ファン・アメルスフォールト・レーシング フォルクスワーゲン SIL
1

12
SIL
2

2
SIL
3

1
HOC
1

3
HOC
2

2
HOC
3

1
PAU
1

3
PAU
2

2
PAU
3

3
MNZ
1

5
MNZ
2

Ret
MNZ
3

3
SPA
1

1
SPA
2

6
SPA
3

2
NOR
1

1
NOR
2

3
NOR
3

4
ZAN
1

5
ZAN
2

Ret
ZAN
3

10
RBR
1

6
RBR
2

4
RBR
3

6
ALG
1

6
ALG
2

7
ALG
3

7
NÜR
1

4
NÜR
2

5
NÜR
3

5
HOC
1

8
HOC
2

10
HOC
3

21
4位 363.5

GP3シリーズ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2016年 ARTグランプリ CAT
FEA

1
CAT
SPR

9
RBR
FEA

1
RBR
SPR

Ret
SIL
FEA

2
SIL
SPR

3
HUN
FEA

6
HUN
SPR

3
HOC
FEA

5
HOC
SPR

3
SPA
FEA

1
SPA
SPR

6
MNZ
FEA

4
MNZ
SPR

Ret
SEP
FEA

3
SEP
SPR

5
YMC
FEA

Ret
YMC
SPR

9
1位 202

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2017年 プレマ・レーシング BHR
FEA

3
BHR
SPR

1
CAT
FEA

1
CAT
SPR

4
MON
FEA

Ret
MON
SPR

Ret
AZE
FEA

1
AZE
SPR

2
RBR
FEA

1
RBR
SPR

Ret
SIL
FEA

1
SIL
SPR

5
HUN
FEA

4
HUN
SPR

4
SPA
FEA

DSQ
SPA
SPR

5
MNZ
FEA

17
MNZ
SPR

9
JER
FEA

1
JER
SPR

7
YMC
FEA

2
YMC
SPR

1
1位 282

F1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2016年 ハース VF-16 フェラーリ 061 1.6 V6 t AUS BHR CHN RUS ESP MON CAN EUR AUT GBR
TD
HUN
TD
GER
TD
BEL
ITA
SIN
MAL
JPN
USA
MEX
BRA
TD
ABU
- -
2017年 ザウバー C36 AUS CHN BHR RUS ESP MON CAN AZE AUT GBR HUN BEL ITA SIN MAL
TD
JPN USA
TD
MEX
TD
BRA
TD
ABU - -
2018年 C37 フェラーリ 062 EVO 1.6 V6 t AUS
13
BHR
12
CHN
19
AZE
6
ESP
10
MON
18
CAN
10
FRA
10
AUT
9
GBR
Ret
GER
15
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
11
SIN
9
RUS
7
JPN
Ret
USA
Ret
MEX
7
BRA
7
ABU
7
13位 39
2019年 フェラーリ SF90 フェラーリ 064 1.6 V6 t AUS
5
BHR
3
CHN
5
AZE
5
ESP
5
MON
Ret
CAN
3
FRA
3
AUT
2
GBR
3
GER
Ret
HUN
4
BEL
1
ITA
1
SIN
2
RUS
3
JPN
6
MEX
4
USA
4
BRA
18
ABU
3
4位 264
2020年 SF1000 フェラーリ 065 1.6 V6 t AUT
2
STY
Ret
HUN
11
GBR
3
70A
4
ESP
Ret
BEL
14
ITA
Ret
TUS
8
RUS
6
EIF
7
POR
4
EMI
5
TUR
4
BHR
-
SKH
-
ABU
-
5位* 97*

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ FORMULA 1 (2018-05-21), Charles Leclerc's Virtual Hot Lap of Monaco | 2018 Monaco Grand Prix, https://www.youtube.com/watch?v=Q2EG4f6_p50&t=17s 2019年6月2日閲覧。 
  2. ^ “F3マカオGP:決勝結果”. AUTOSPORT web. (2015年11月21日). https://www.as-web.jp/past/f3%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%82%aagp%ef%bc%9a%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e7%b5%90%e6%9e%9c?all 2019年9月30日閲覧。 
  3. ^ a b c CIKFIA. “Hervé Leclerc passes away : CIKFIA” (英語). www.cikfia.com. 2018年10月30日閲覧。
  4. ^ Kalinauckas, Valentin Khorounzhiy and Alex. “Charles Leclerc: Emotional Baku Formula 2 pole was for late father” (英語). Autosport.com. http://www.autosport.com/news/report.php/id/130319 2018年10月30日閲覧。 
  5. ^ Formula 1® - The Official F1® Website. “F1's next big thing? Getting to know Charles Leclerc” (英語). www.formula1.com. 2018年10月30日閲覧。
  6. ^ Wood, Elliot. “Leclerc’s brother Arthur and Todt protege Collet to race in French F4” (英語). www.formulascout.com. 2018年10月30日閲覧。
  7. ^ Associated Press News. “Leclerc carries memories of his father, Bianchi at Monaco” (英語). www.apnews.com. 2018年10月30日閲覧。
  8. ^ a b ルクレール、跳馬昇格を喜ぶ一方で強い決意を表明「亡き父やビアンキを失望させない、これまで以上に努力する」 FORMULA1-DATA 2018年9月11日。
  9. ^ David Tremayne (2018年5月25日). “Charles Leclerc on his father’s death: ‘It has changed me as a person, and also how I see things now’”. The Independent. https://www.independent.co.uk/sport/motor-racing/formula1/charles-leclerc-interview-monaco-gp-monte-carlo-fathers-death-it-has-changed-me-as-a-person-a8369231.html 2018年11月15日閲覧。 
  10. ^ F3マカオGP:決勝結果”. AUTO SPORT web (2015年11月22日). 2016年7月22日閲覧。
  11. ^ Alex Kalinauckas (2017年4月15日). “Bahrain Formula 2: Markelov beats Nato and Leclerc with late surge”. Autosport. 2018年12月3日閲覧。
  12. ^ Alex Kalinauckas (2017年4月16日). “Bahrain Formula 2: Ferrari junior Leclerc beats Ghiotto and Rowland”. 2018年12月3日閲覧。
  13. ^ Leclerc scorches to feature victory – Formula 2”. www.fiaformula2.com. 2018年12月3日閲覧。
  14. ^ 【F2】モナコ レース1:松下3位で連続表彰台。ローランド優勝”. jp.motorsport.com (2017年5月26日). 2018年12月3日閲覧。
  15. ^ Formula 2 – The Insider – Issue 4: So Close!”. fiaformula2.com. 2018年12月3日閲覧。
  16. ^ 【F2ハンガロリンク】ルクレール、車両違反で7戦連続PP剥奪”. jp.motorsport.com (2017年6月28日). 2018年12月3日閲覧。
  17. ^ 【F2ハンガロリンク】レース1:ローランドが2勝目。松下は5位入賞!”. jp.motorsport.com (2017年6月29日). 2018年12月3日閲覧。
  18. ^ 【F2】ルクレールとローランド、車両違反でレース1の結果を剥奪”. jp.motorsport.com (2017年8月27日). 2018年12月3日閲覧。
  19. ^ 【F2スパ】レース2:セッテ・カマラがF2初優勝。松下は大クラッシュ”. jp.motorsport.com (2017年8月27日). 2018年12月3日閲覧。
  20. ^ 第10戦へレスレース1:ルクレールがポール・トゥ・ウィンでF2王者獲得”. jp.motorsport.com (2017年10月7日). 2018年12月3日閲覧。
  21. ^ F2アブダビレース2:ルクレールが逆転優勝で7勝目。松下は4位で終える”. jp.motorsport.com (2017年11月26日). 2018年12月3日閲覧。
  22. ^ a b シャルル・ルクレールとジュリアーノ・アレジがFDA入り”. ESPN F1 (2016年3月2日). 2016年7月5日閲覧。
  23. ^ フェラーリ育成ドライバーがハースからFP1デビュー”. AUTO SPORT web (2016年6月27日). 2016年7月9日閲覧。
  24. ^ 【タイム結果】F1第10戦イギリスGP フリー走行1回目”. AUTO SPORT web (2016年7月8日). 2016年7月9日閲覧。
  25. ^ 【F1】シャルル・ルクレール、ザウバーのリザーブドライバーに就任”. motorsport.com (2017年3月9日). 2017年3月10日閲覧。
  26. ^ F1マレーシアGP:雨のFP1でレッドブルがワンツー、アロンソは3番手の好位置”. AUTOSPORTweb (2017年9月29日). 2017年9月30日閲覧。
  27. ^ アルファロメオ・ザウバーF1、ルクレール&エリクソンの起用を発表。2018年のカラーリングコンセプトも披露”. AUTOSPORTweb (2017年12月3日). 2017年12月4日閲覧。
  28. ^ シャルル・ルクレール、夏休み明けにフェラーリに移籍?ストーブリーグが加熱 2018年7月3日閲覧
  29. ^ Scott Mitchell (2018年9月11日). “Ferrari confirms Leclerc for 2019 F1 season”. Motorsport.com. 2018年11月15日閲覧。
  30. ^ “アリバベーネ、離脱のライコネンに感謝「いつまでもファミリーの一員」”. jp.motorsport.com. (2018年9月11日). https://jp.motorsport.com/f1/news/raikkonen-to-step-down-from-ferrari-role-after-2018/3174790/?nrt=54 2018年9月11日閲覧。 
  31. ^ Adam Cooper (2018年9月14日). “Ferrari signed Leclerc until at least 2022”. Motorsport.com. 2018年11月15日閲覧。
  32. ^ “「ヘイロー論争はこれにて終結」とロズベルグ”. ESPN. (2018年8月27日). http://ja.espnf1.com/belgium/motorsport/story/248378.html 2018年9月6日閲覧。 
  33. ^ Jonathan Noble (2018年12月6日). “Exclusive: Halo saved Leclerc from visor strike in Spa crash”. motorsport.com. 2018年12月7日閲覧。
  34. ^ アブダビテスト2日目:フェラーリ移籍のルクレール首位。ガスリー2番手”. jp.motorsport.com (2018年11月29日). 2018年12月3日閲覧。
  35. ^ F1バーレーンGP予選:跳ね馬復活、ルクレールが自身初のポールを獲得、レッドブル・ホンダのガスリー無念のQ2落ち autosport web 2018年3月31日
  36. ^ 痛恨のトラブルも前を向くルクレール ESPN 2019年4月1日
  37. ^ ただし、第9戦と第11戦はベッテルがマシントラブルにより予選を走行できなかったことによる不戦勝の回があることも考慮する必要がある。
  38. ^ 詳細は出典先を参照。FIA-F2第9戦ベルギー レース1:凍り付いたスパ、大クラッシュにより2周目でレース終了 www.as-web.jp (2019年9月1日)2019年9月1日閲覧
  39. ^ 100%喜ぶことはできない……ルクレール、F1初勝利を亡きユベールに捧げる jp.motorsport.com (2019年9月2日)2019年9月2日閲覧
  40. ^ 低速はもはや弱点に非ず…フェラーリはメルセデスに対し、どこでゲインしていたのか?formula1-data.com(2019年9月22日)2019年9月29日閲覧
  41. ^ ベッテルにフェラーリナンバー1ドライバー待遇喪失の危機?www.topnews.jp(2019年7月15日)2019年12月8日閲覧
  42. ^ ベッテルに対するフェラーリのチームオーダーに批判の声www.topnews.jp(2019年9月30日)2019年12月3日閲覧
  43. ^ シャルル・ルクレール、F1日本GPでのフェルスタッペンとの接触事故の責任認めるformula1-data.com(2019年10月13日)2019年12月3日閲覧
  44. ^ フェラーリ、意地の張り合いで同士討ち…怒れるボス、謝罪するベッテルとルクレール / F1ブラジルGP《決勝》formula1-data.com(2019年11月19日)2019年12月3日閲覧
  45. ^ ビルヌーブが指摘した2019年にフェラーリが犯した失敗とは?www.topnews.jp(2019年12月4日)2019年12月8日閲覧
  46. ^ 出典先の内容は第17戦でのペナルティに関するものである。違反内容:1周目のインシデント後、危険な状態で走行を継続、FIA F1スポーティングレギュレーション第22条11項に違反”. ja.espnf1.com (2019年10月16日). 2019年12月7日閲覧。
  47. ^ シャルル・ルクレール、少なくとも2024年末までフェラーリからF1に参戦…長期契約を発表formula1-data.com(2019年12月23日)2019年12月23日閲覧
  48. ^ 『ハイ・レーキ』採用のフェラーリSF1000、車体&PUに課題あり。大幅改善も必要か/全チーム戦力分析www.as-web.jp(2020年3月3日)2020年7月2日閲覧
  49. ^ フェラーリ、グリップとダウンフォースの両方が不足…ポール争い諦めムードformula1-data.com(2020年7月4日)2020年8月4日閲覧。
  50. ^ Phillip van Osten (2018年6月28日). “Hakkinen: 'Leclerc takes Sauber to a different level'”. F1i. 2018年11月15日閲覧。
  51. ^ 【あなたは何しに?】元F1王者ハッキネンの目に映るマクラーレン・ホンダの現状”. www.as-web.jp. 2018年11月15日閲覧。
  52. ^ “ベッテル、フェラーリ育成のルクレールへの”過大評価”は正しいと主張”. jp.motorsport.com. (2018年5月26日). https://jp.motorsport.com/f1/news/MonacoGP-Leclerc-Vettel-Hamilton-1041666/3102411/ 2018年9月11日閲覧。 
  53. ^ 「ルクレールの来季フェラーリF1昇格は双方にとってリスキー」とビルヌーブが主張”. f1sokuho.mopita.com (2018年7月4日). 2018年10月10日閲覧。
  54. ^ “レッドブルF1首脳、ルクレールをハミルトンより高く評価「レッドブル系ドライバー以外では最も優秀」”. auto sportweb. (2020年1月30日). https://www.as-web.jp/f1/561143?all 2020年5月1日閲覧。 

外部リンク[編集]