フランソワ・エスノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランソワ・エスノー
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・オー=ド=セーヌ県
ヌイイ=シュル=セーヌ
生年月日 (1956-12-30) 1956年12月30日(61歳)
F1での経歴
活動時期 1984-1985
所属チーム '84 リジェ
'85 ブラバム
'85 ルノー
出走回数 21 (19スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1984年ブラジルGP
最終戦 1985年ドイツGP
テンプレートを表示

フランソワ・エスノーFrançois Hesnault, 1956年12月30日 - )はフランス出身の元F1ドライバー。

プロフィール[編集]

レースキャリアをスタートさせる前はサラリーマンだったという経歴を持つ。

フランスで行われたヒルクライムのイベントで才能を見出し、ウィンフィールドレーシングスクールへ入学。卒業後、フォーミュラ・ルノーでレースデビューを果たす。

1982年にはフランスF3にステップアップし、ランキング3位に入る。翌年にはランキング2位に入る活躍を見せ、1984年にフランスチームのリジェからF1デビュー。

デビュー当初は注目度もそれほど高くなく、マシントラブルや自身のドライビングミスで第10戦まで完走は僅か1回(第5戦は不出走)と、このときまでに既に2度の入賞を記録していたチームメイトのアンドレア・デ・チェザリスに比べても大きく見劣りしていた。しかし第11戦からは3戦連続でシングルフィニッシュ(8位:2回、7位:1回)するなどポイント獲得寸前のレース運びを見せ、翌年のブラバムのシートを獲得した。

しかしブラバム移籍後は開幕から3戦連続でリタイアし、第4戦のモナコGPでは予選落ちを喫した。その後行われたテスト中の事故後、マルク・スレールに交代させられた。

その後ドイツGPに、ルノーより3台目のエントリーで出走した。エスノーのマシンは旧型のものだったが、このマシンにはF1の公式セッションで初めてテレビ放送用の車載カメラが搭載された。決勝にも車載カメラを搭載して出走したが、リタイアに終わった。エスノーはこのレースを最後にF1を引退した。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1984年 リジェ JS23 BRA
Ret
RSA
10
BEL
Ret
SMR
Ret
FRA
DNS
MON
Ret
CAN
Ret
DET
Ret
DAL
Ret
GBR
Ret
GER
8
AUT
8
NED
7
ITA
Ret
EUR
10
POR
Ret
NC
(23位)
0
1985年 ブラバム BT54 BRA
Ret
POR
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
CAN DET FRA GBR NC
(32位)
0
ルノー RE60 GER
Ret
AUT NED ITA BEL EUR RSA AUS

(key)

関連項目[編集]