ポルシェ・964

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルシェ・911 > ポルシェ・964
ポルシェ・911(3代目)
964型
Porsche 964 Turbo.jpg
販売期間 1989年 - 1993年
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 空冷 F6 SOHC 3,600cc
駆動方式 RR / 4WD
変速機 5速MT
4速AT(ティプトロニック)
サスペンション マクファーソンストラット+コイル
セミトレーリングアーム+コイル
全長 4,245mm
全幅 1,660mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,272mm
車両重量 1,350kg / 1,450kg
先代 930
後継 993
-自動車のスペック表-

ポルシェ・964は、ポルシェ・911の3代目モデルである。

解説[編集]

911は相変わらず北米市場での人気は高かったものの、顧客数の増大は新たな要求を生み、それに応えるためにはアップデートが必要な時期に来ていた。さらにその後継車は911シリーズのイメージを継承する必要があり、外観を大きく変えることが許されなかったため、1989年にデビューした964型は、930型のデザインを踏襲した外観をまとってはいるものの、80%ものパーツを新製するといった手の込んだ手法を採した。その結果、カレラボディの空気抗力係数Cd=0.32は当時としては優れた空力特性であり、空冷エンジン搭載の911シリーズでは最も低い値となっている。

エンジンは内径φ100mm×行程76.4mmで3,600ccに拡大され、圧縮比11.3でツインプラグ化され250馬力/6,100rpm、31.6kgm/4,800rpm。4WDに対応するためフロアセンターは高くなっているが巧みなボディワークにより見た目は分からない様になっている。リアスポイラーは電動格納式。ボディータイプは当初よりクーペタルガカブリオレの3種が提供された。特筆される変更点は、パワーステアリング及びABSの搭載、サスペンションをトーションバースプリングからコイルスプリングに変えたこと[1]である。これにより現代的なハンドリングを得ることに成功した。カレラ4の誕生は従来のRRの問題点を解決すべく959型で得た技術をフィードバックする形で導入した4WDであり、直進時や旋回時の安定性の向上に貢献している。カレラ2は911はRRというマニアの要望を満たすべく1年後に発売された2WDである。カレラ4よりも100kg軽い車重を活かし軽快に走ることができる。また、カレラ2にはティプトロニックATを搭載したモデルも存在し、その後の自動車産業に与えた影響や、ユーザー層を広めた功績は大きい。

1992年に大きめのマイナーチェンジを実施。サイドミラーがエアロタイプのミラー(通称「ターボミラー」)に変更され、ホイールもディッシュタイプのデザインから5本スポークのカップデザインホイールなどに変更された。ボディータイプとして1992年モデルからカブリオレターボルックが追加され、1993年にスピードスターが追加された。

グレード[編集]

NAモデル
  • カレラ41989年発売) - 964型になった最初のタイプ。遊星ギアによるセンターデフを持ち31:69に固定されたフルタイム4WD機構を持つ。
  • カレラ21990年発売) - カレラ4を2WDに簡略化したタイプ。マニュアルシフトモードを持つAT「ティプトロニック」が搭載された。
  • カレラRS1992年限定発売) - カレラ2のボディを補強した上で、後席、エアコン、セントラルロッキングシステム、パワーステアリング、オーディオを省略し、トリム、シート、エンジンフッド、マグネシウム合金製ホイール、フライホイールなどが軽量品に交換されて120kgに及ぶ軽量化を果たした。エンジンは260馬力/6,100rpm、32kgm/5,000rpm。
  • カレラRS3.81992年少数生産) - 空冷ポルシェ最大の排気量である3.8リットルエンジン(300馬力)を採用。エアコンレス・オーディオレスなどでカレラ2より120kgの軽量化は「カレラRS」と同一。
  • カレラRSR3.8
  • ジュビリー1993年発売) - カレラ4をベースに ターボルックボディーを換装。911誕生30周年記念車として日本では約20台が販売された。ブレーキシステムもターボ3.3に準じるものを装備した。また、前後のロアアームもターボ用の物が装備されている。
  • 964 ライトウェイト
  • カレラ CUP
ターボモデル
  • ターボ1991年発売) - 大掛かりなモデルチェンジとなった964型では当初ターボモデルの開発が追いつかず、カレラ2ベースのシャシに930型から流用した3.3リットルのM30エンジンの内、930ターボフラットノーズやターボSに使用されていた320馬力、45.9kgmの物を搭載しデビューした。
  • ターボ リミテッド - バルブタイミングの変更などにより出力を向上させたM30/69S型を搭載。内装もウッドパネルなどを装備した豪華仕様。
  • ターボS IMSA - ヘルムート・ボット博士(ヴァイザッハのレース部門)を中心に開発された限定車。カムとタービンの変更などにより出力を向上させたM30/69SL型を搭載。リアタイヤハウスの前に空けられたダクト、リアウィングの形状などが異なる。
  • ターボ3.61993年発売) - 3.6リットルのM64型エンジンをベースとし360馬力、53kgmのトルクを出力するM64/50型エンジンを搭載した。このエンジンの燃料供給はカレラなどのDMEとは異なり、機械式燃料噴射であるKEジェトロニックにより行われている。ターボSで用いた「赤色ブレーキキャリパー」「スピードライン製3ピース18インチホイール」などの装備の他、20mm程度低められた車高とRSと同タイプのリアセンターバンパーなどを新たに装備した。室内においてはターボ3.3と異なる所はほとんどなく、リアシートバックを倒した時に現れる刻印がTurbo3.6となるのが主な識別点となる。マフラーは左右2本出しとされたが助手席側マフラーエンドからのみ排気され運転席側マフラーエンドはウェイストゲートからの大気開放のラインとなっている。生産期間が短かった事などから、日本国内への正規輸入は60台弱とされ総生産台数も含めて、911シリーズの中で数の少ない車種のひとつである。

主なターボシリーズの生産台数とエンジン型式[編集]

Mシリーズ MY1991 区分 車体番号範囲 From 車体番号範囲 to 総生産台数 エンジン型式
ターボ LHD 964770 WP0ZZZ96ZMS470061 WP0ZZZ96ZMS472287 2031 M30/69
ターボ RHD 964771 WP0ZZZ96ZMS470061 WP0ZZZ96ZMS472287 174 M30/69
ターボ X33 LHD 964770 WP0ZZZ96ZMS470061 WP0ZZZ96ZMS472287 22 M30/69S
ターボ 北米仕様 964770 WP0AA296MS480061 WP0AA296NS480673 613 M30/69
Nシリーズ MY1992 区分 車体番号範囲 From 車体番号範囲 to 総生産台数 エンジン型式
ターボ LHD 964770 WP0ZZZ96ZNS470061 WP0ZZZ96ZNS470835 520 M30/69
ターボ RHD 964771 WP0ZZZ96ZNS470061 WP0ZZZ96ZNS470835 85 M30/69
ターボ X33 LHD 964770 WP0ZZZ96ZNS470061 WP0ZZZ96ZNS470835 169 M30/69S
ターボ X33 RHD 964771 WP0ZZZ96ZNS470061 WP0ZZZ96ZNS470835 1 M30/69S
ターボ 北米仕様 964770 WP0AA296NS480061 WP0AA296NS480308 248 M30/69
Pシリーズ MY1993 区分 車体番号範囲 From 車体番号範囲 to 総生産台数 エンジン型式
ターボ3.6 LHD 964770 WP0ZZZ96ZPS470061 WP0ZZZ96ZPS470650 513 M64/50
ターボ3.6 RHD 964771 WP0ZZZ96ZPS470061 WP0ZZZ96ZPS470650 77 M64/50
1992年式ターボS 964770 WP0ZZZ96ZPS479001 WP0ZZZ96ZPS479086 67 M30/69SL
1992年式ターボS RHD 964771 WP0ZZZ96ZPS479001 WP0ZZZ96ZPS479086 14 M30/69SL
1993年式ターボS RHD 964771 WP0ZZZ96ZPS479001 WP0ZZZ96ZPS479086 5 M30/69SL
1993年式ターボカブリオレ 964650 WP0ZZZ96ZPS451235 WP0ZZZ96ZPS451399 3 M30/69S
1993年式ターボカブリオレ RHD 964651 WP0ZZZ96ZPS451235 WP0ZZZ96ZPS451399 3 M30/69S
Rシリーズ MY1994 区分 車体番号範囲 From 車体番号範囲 to 総生産台数 エンジン型式
ターボ3.6 LHD 964770 WP0ZZZ96ZRS470061 WP0ZZZ96ZRS470471 329 M64/50
ターボ3.6 RHD 964771 WP0ZZZ96ZRS470061 WP0ZZZ96ZRS470471 82 M64/50
ターボ3.6 北米仕様 964770 WP0AC296RS480061 WP0AC296RS480466 406 M64/50
エンジン型式 M64/50 M30/69S M30/69SL M30/69
内径 100mm 97mm 97mm 97mm
行程 76.4mm 74.4mm 74.4mm 74.4mm
排気量 3,600cc 3,299cc 3,299ccc 3,299cc
馬力 360PS/5,500rpm 355PS/5,750rpm 381PS/6,000rpm 320PS/5,750rpm
トルク 520Nm 470Nm 490Nm 450Nm
圧縮比 7.5:1 7.0:1 7.0:1 7.0:1
エンジン重量 276kg 275kg 275kg 275kg

注釈[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サスペンションの構成方式そのものは、フロントのマクファーソンストラット、リアのセミトレーリングアームで、ともに従前のままである。

参考文献[編集]

ポルシェ A.G. 車両年表 1960年-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6
911 901 930 964 993 996 997 991
スポーツカー
356 928
スポーツカー 912 →E 924 924S 968 ケイマン(987) ケイマン(981)
914 944 ボクスター(986) ボクスター(987) ボクスター(981)
セダン パナメーラ(970)
クロスオーバーSUV カイエン(955) カイエン(957) カイエン(958)
マカン
高性能車 550 904 959 GT1 カレラGT 918
コンセプトカー: 356/1 | 114 | 695 | 901 | EA266 | 989 | パナメリカーナ | 918
モータースポーツ: 64 | 80 | 360 | 550 | 718 | 787 | 804 | 904 | 906 | 907 | 908 | 909 | 910 | 914-6 GT | 917 | 934 | 935 | 936 | 953 | 956 | 961 | 962 | GT1 | WSC95 | RSスパイダー | 919ハイブリッド
人物: フェルディナント・ポルシェ | フェリー・ポルシェ | ブッツィー・ポルシェ | フェルディナント・ピエヒ | エルンスト・フールマン | ヴェンデリン・ヴィーデキング
軍用車両: ヤークトヴァーゲン
トラクター: ユニオール | スーパー
機構: ティプトロニック | PDK | バリオカム | ポルシェのエンジン一覧
関連会社: ポルシェデザイン | ポルシェバイクス | フォルクスワーゲン | RUF | ヨースト
その他: オフィシャルウェブサイト