ポルシェ・912

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポルシェ912は、ポルシェ1965年4月に発売した2+2人乗り、リアエンジンレイアウトのスポーツカーである。

ポルシェのロワーレンジを受け持つモデルであったが、エンジンが4気筒で、内装などが簡略化されている他は基本的に同時期のポルシェ・911と同じ車であった。

ポルシェ・912
1969 Porsche 912
1969 Porsche 912 (3736528415).jpg
軽量コンパクトな4気筒エンジン
Motorruimte912.JPG
インテリア
Porsche 912 1968 Targa Cockpit FOSSP 7April2013 (14586989525).jpg
販売期間 1965年 - 1968年
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン F4 OHV 1,582cc
駆動方式 RR
変速機 4速MT
サスペンション 前 マクファーソン式ストラット
後 トレーリングAアーム+トーションバー
全長 4,163mm
全幅 1,610mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,211mm、Bシリーズ以降2,271mm
車両重量 995kg
先代 ポルシェ・356
後継 ポルシェ・914
-自動車のスペック表-

912[編集]

1964年に発売された911はそれまでの356に比べほとんどの面で長足の進歩を遂げていたが、一方で生産コストは大幅に上昇し、初期の911は356の最終型SCが16,450マルクであったのと比べて価格が約40%増しの22,900マルクになってしまった[1]。そのため356をそのまま生産中止にした場合、356が持っていた市場の一部を失うと考えたポルシェが356の市場を直接受け継ぐ車種として開発したのが911の廉価版である912である。

912の成り立ちを簡単にいえば、911のボディに356の最終型SC用水平対向4気筒OHV、内径φ82.5mm×行程74mmで1,582ccの空冷エンジンを積んだものである。ただし圧縮比を9.3とし、ソレックス製φ40mmキャブレター装備により90馬力/5,800rpm、12.4kgm/3,500rpm[1]としエンジン形式も616/36型となった。トランスミッションは当初911が5速であったのに対し912では4速が標準だったが5速もオプションで選択できた。

外観は当時の911とほぼ同じであったが、内装はステアリングホイールがプラスチック製になり、ダッシュボードはボディ色(鉄板むき出し)で、911では5連のメーターも356と同じ3連であるなど簡略化され、これらの簡略化により912の販売価格は16,000マルク[1]であった。 2+2で後部の二座席は完全なエマージェンシーシートであり、前部の二人が適切なシート位置を取った場合、後部にはとても大人が座れないほどの狭さだった。

動力性能は911に及ばなかったがエンジンが軽量であったため重量配分は911よりも良好であり、そのために操縦性に関してはむしろ優れていたといわれている。

912は、最初期の911たるOシリーズの時代に登場し、Aシリーズを経て、ホイールベースの延長されたBシリーズの時代まで存続した。マイナーチェンジ等は基本的に同時期の911に準じており、1967年[1]からはオープンボディのタルガも設定された。途中でメーターは5連化され、トランスミッションも5速が標準となった。

最終的に1969年7月まで生産され、914に後を託して生産中止となった。その間の生産台数は約3万台であった。日本への正規輸入はちょうど100台である。

912E[編集]

912E

北米市場では914が販売停止となった後924が導入されるまでに空白期間が生じたため、その間のつなぎとして911/2.7のボディに914にも用いられたフォルクスワーゲン製、空冷水平対向4気筒OHV1,971ccインジェクションエンジンを搭載した912Eが1975年[1]にのみ生産され、北米市場でのみ2,099台が販売された。なお「E」は電子式インジェクションシステムを用いていることを示している。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • ポルシェ博物館/松田コレクション資料

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ポルシェ博物館/松田コレクション資料』pp.109-111。