ポルシェ・パナメリカーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルシェ博物館に収蔵されているパナメリカーナ

パナメリカーナPanamericana )はポルシェ1989年第53回フランクフルト・ショーに出品したオープンボディーのコンセプトカーである。

デザイナーはハーム・ラガーイポルシェ・911の964型カレラ4をベースとし、サイドウィンドーを残してルーフ全体が取り外せるようになっている。サンドイッチ構造プラスチックやカーボンファイバーやグラスファイバーのパネルを多用して軽量化を図っている。

このモデルの反響が予想外に大きかったことがポルシェ911の次期モデルとなる993型の外観デザインに影響を与えた。