ポルシェ・RSスパイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RSスパイダー
ペンスキー・レーシングのポルシェ・RSスパイダー
Penske RS Spyders at Laguna.jpg
ボディタイプ LMP2
エンジン 3.4L V8 DOHC
最高出力 480PS以上
変速機 6速MT シーケンシャル
駆動方式 MR
サスペンション 前/後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,650mm
全幅 2,000mm
全高 1,068mm
車両重量 775kg
-自動車のスペック表-

RSスパイダーRS Spyder )は、ポルシェが製作した2座席プロトタイプレーシングカーである。プライベーター(個人参加者)への販売を前提にしているため、ル・マン24時間レースのカテゴリー「LMP2」のマシンレギュレーションに適合しており、アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)などに参戦している。

成り立ち[編集]

ポルシェは1998年ポルシェ・911 GT1で16回目のル・マン24時間レース制覇を達成した。この後プロトタイプレーシングカーによるレースはクローズドコックピットの「GT」からオープンコックピットの「LMP (ルマンプロトタイプ)」に変化したが、ポルシェはこの流れに乗らずにプロトタイプレーシングカーのレースから姿を消した。

2005年に「オープンコックピットマシンをALMSで走らせる」と発表。「GT1よりも洗練されたマシンを、911育ちのプライベーター達に提供したい」ということでLMP2レギュレーションに適合したマシンを開発した。このマシンは全てポルシェで設計・製造された。2005年のALMS最終戦にペンスキー・レーシングから参戦し、総合4位/クラス優勝を果たした。翌2006年もペンスキー・レーシングから2台参戦し、第3戦のミッドオハイオで総合優勝を獲得。2007年は、ペンスキー・レーシングとダイソン・レーシングから各2台ずつ参加。第3 - 10戦の間で8連勝(全12戦)を記録して、格上クラスのLMP1のアウディを下しシリーズチャンピオンを獲得。2008年はALMSの他、ル・マン24時間レースル・マン・シリーズへと参加は拡大されていった。

2007年シーズンには、2006年シーズンの結果を受けてエンジン・トランスミッション・シャーシ・ラジエタのエアインレットとアウトレット形状変更等の空力特性の一新と、ブレーキ・ギアボックス・トランスミッションの信頼性の向上を実施した第二世代に進化した。

マシン概要[編集]

エンジン[編集]

エンジン排気量は、LMP2規定でのリミットであるNAの3,397cc 90度V型8気筒DOHC4バルブ。規定で吸入空気量を制限するリストリクターが1個エアインレット部に装着している。燃料供給は、各シリンダーへのダイレクト・インジェクションシステムを採用して効率的に高出力と高燃費を獲得した。リストリクター径の規定により変化するが公称出力は約500馬力。

シャーシ[編集]

モノコックとギアボックスケーシングにカーボンファイバーを使用している。カーボンファイバー製部品は全てポルシェ製。モノコックにエンジンをダイレクトマウントしている。ポルシェの方針として、プライベーターへの負担低減のため、高価で非現実的な素材の使用が意図的に抑えられている。

戦績[編集]

  • 2005年
第10戦ラグナセカにペンスキー・レーシングから2台が来年度に向けての試験的参戦。総合4位、5位/クラス1位、2位を獲得
  • 2006年
ペンスキー・レーシングから2台が全10戦に本格参戦
    • 第1戦セブリング     総合8位、26位/クラス2位、6位
    • 第2戦ヒューストン    総合14位、17位/クラス3位、5位
    • 第3戦ミッドオハイオ   総合優勝、2位/クラス1位、2位
    • 第4戦ライムロック    総合2位、3位/クラス1位、2位
    • 第5戦ソルトレイクシティ 総合2位、16位/クラス1位、3位
    • 第6戦ポートランド    総合12位、22位/クラス2位、3位
    • 第7戦ロードアメリカ   総合4位、5位/クラス1位、2位
    • 第8戦モスポート     総合5位、6位/クラス1位、2位
    • 第9戦ロードアトランタ  総合5位、6位/クラス1位、2位
    • 第10戦ラグナセカ     総合4位、5位/クラス1位、2位
  • 2007年
ペンスキー・レーシング(以下PR)から2台とカスタマーとしてダイソン・レーシング(以下DR)から2台の合計4台が全12戦に参戦。ペンスキー・レーシングが第3戦 - 第10戦まで8連勝を飾り格上のLMP-1のアウディR10を下してチャンピオンを獲得。
    • 第1戦セブリング
PR;総合5位、23位/クラス3位、8位 DR;総合9位、10位/クラス5位、6位
    • 第2戦セントピーターズパーグ
PR;総合3位、4位/クラス1位、2位 DR;総合11位、18位/クラス5位、6位
    • 第3戦ロングビーチ
PR;総合優勝、2位/クラス1位、2位 DR;総合3位、5位/クラス3位、5位
    • 第4戦ヒューストン
PR;総合優勝、4位/クラス1位、3位 DR;総合6位、7位/クラス5位、6位
    • 第5戦ソルトレイクシティ
PR;総合優勝、3位/クラス1位、2位 DR;総合4位、5位/クラス3位、4位
    • 第6戦ライムロック
PR;総合優勝、2位/クラス1位、2位 DR;総合4位、6位/クラス4位、5位
    • 第7戦ミッドオハイオ
PR;総合優勝、2位/クラス1位、2位 DR;総合6位、7位/クラス4位、5位
    • 第8戦ロードアメリカ
PR;総合優勝、4位/クラス1位、4位 DR;総合6位、7位/クラス4位、5位    
    • 第9戦モスポート
PR;総合優勝、3位/クラス1位、2位 DR;総合7位、9位/クラス5位、7位
    • 第10戦デトロイト
PR;総合優勝、9位/クラス1位、7位 DR;総合4位、7位/クラス2位、5位
    • 第11戦プチ・ルマン
PR;総合2位、7位/クラス2位、5位 DR;総合3位、6位/クラス2位、4位
    • 第12戦ラグナセカ
PR;総合2位、4位/クラス1位、7位 DR;総合7位、8位/クラス5位、6位

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Racing On 2008年2月号 特集:ポルシェ モータースポーツ」 イデア 2008年
ポルシェ A.G. 車両年表 1960年-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
911 901 930 964 993 996 997 991
スポーツカー
356 928
スポーツカー 912 →E 924 924S 968 ケイマン(987) ケイマン(981)
914 944 ボクスター(986) ボクスター(987) ボクスター(981)
セダン パナメーラ(970)
SUV カイエン(955) カイエン(957) カイエン(958)
マカン
高性能車 550 904 959 GT1 カレラGT 918
コンセプトカー: 356/1 | 114 | 695 | 901 | EA266 | 989 | パナメリカーナ | 918
モータースポーツ: 64 | 80 | 360 | 550 | 718 | 787 | 804 | 904 | 906 | 907 | 908 | 909 | 910 | 914-6 GT | 917 | 934 | 935 | 936 | 953 | 956 | 961 | 962 | GT1 | WSC95 | RSスパイダー | 919ハイブリッド
人物: フェルディナント・ポルシェ | フェリー・ポルシェ | ブッツィー・ポルシェ | フェルディナント・ピエヒ | エルンスト・フールマン | ヴェンデリン・ヴィーデキング
軍用車両: ヤークトワーゲン
トラクター: ユニオール | スーパー
機構: ティプトロニック | バリオカム | ポルシェのエンジン一覧
関連会社: ポルシェデザイン | ポルシェバイクス | フォルクスワーゲン | RUF | ヨースト
その他: オフィシャルウェブサイト