フォルクスワーゲン・EA266

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VWのヴォルフスブルク本社のアウトシュタットに展示されているEA266のプロトタイプ

フォルクスワーゲン・EA266ドイツ語: Volkswagen EA266 )はフォルクスワーゲンによってポルシェに設計依頼され、製作された試作車である。

概要[編集]

1960年代後半当時のフォルクスワーゲン社長ハインリヒ・ノルトホフフォルクスワーゲン・タイプ1の後継車を考えていた。ビートルの改良以外に何もしない、という批判に対して39台もの試作車を公開したこともある。この時公開されなかったが、タイプ1後継試作車の1つとしてEA266は1965年ポルシェに開発を委託され、当時ポルシェにいたフェルディナント・ピエヒが設計し、1966年に製作された。

巨大なトランクルーム、高い衝突安全性、非常に良好なハンドリングなど利点は多く、膨大な開発費を投じて発売直前の段階まで煮詰めていた[1]が、ハインリヒ・ノルトホフ死去後後任となったルドルフ・ライディングは高コストで整備性が悪いなど大衆車としての弱点から開発中止を決定した[1]。その後ビートルの後継車としてEA266の代わりにアウディ・80のメカニカルコンポーネンツを流用したゴルフが発売され大ヒットを記録することとなる。

この試作車は1987年ヴォルフスブルクのフォルクスワーゲンミュージアム開館に当たり公開された。

機構[編集]

1.6リットル[1]直列4気筒水冷エンジン[1]を横に倒してリアシートの下にミッドシップで搭載していた。そのためシートは普通より少し高くなったが、5人乗りで、小型車として必要な居住性は確保されていた。前部が空洞であるため非常に衝突安全性能は高くなった。重心は低く、かつ重量が車両中心に集中していたため、ハンドリングはスポーツカーのレベルであった。

フロントノーズには400リットルに及ぶ巨大なトランクがあり、リアシートの後ろもカーペットを張った荷物置き場であった。

福野礼一郎1998年に発売された2代目ホンダ・Zとの類似性を指摘している。また2006年発売の三菱・iとの類似性を指摘する人もいる。エクステリアはフォルクスワーゲン・タイプ3を少しモダンにしたような感じである。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『ワールド・カー・ガイド5フォルクスワーゲン』p.113。

参考文献[編集]