E-25 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

E-25は、第二次世界大戦中、ドイツで計画された駆逐戦車

開発[編集]

E-100E-75E-50E-10の一連の戦車と同じく、戦車の各種構成品を共通化して生産性を高め、また重量ごとに戦車の標準化を行おうという E(Entwicklungstypen=開発タイプ)計画の一環として計画された。本車両においてはモックアップのみが実際に完成している。なお、E-100を除く一連のEシリーズ(本車含む)は、車体すら完成していない。

構造[編集]

E-25駆逐戦車

主砲には70口径75mm対戦車砲(7.5cm PAK42 L/70)を採用、砲塔は無く固定戦闘室に装備されている。また車体上部に、2cm機関砲を収納した小型砲塔を装備する案もあった。車体形状は軽駆逐戦車ヘッツァーと、後に西ドイツ陸軍が採用したカノーネンヤークトパンツァーの中間的なもので、全方位にわたって装甲版が傾斜し、避弾径始を考慮に入れている。航空機メーカーであるアルグス社による開発で、同社製のガソリンエンジンが搭載される予定であった。ドイツ戦車としては珍しく起動輪は車体後部にあり、戦後の戦車のような流体式操行装置と遊星歯車式変速機により、前進・後進ともに8段のギアチェンジが可能であった。実際の生産はアルケット社で予定され、試作車の組み立てが行われている途中で終戦、完成車輌は存在しない。

性能諸元(予定)[編集]

  • 外形寸法
    • 全長:8.5m
    • 車体長:-
    • 全幅:3.27m
    • 全高:2.3m
  • 主砲:PAK42 75mm対戦車砲
  • 副武装:-
  • 装甲:-
  • 乗員:4名
  • 重量:26.30t
  • 出力:700ps
  • 発動機:マイバッハHL101
  • 速度:65km/h

登場作品[編集]

World of Tanks
ドイツプレミアム駆逐戦車として販売されていたが、2015年1月15日をもって販売が終了した。[1]

脚注[編集]