ADGZ装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ADGZ装甲車(M35)
Bundesarchiv Bild 146-2005-0182, Anschluss sudetendeutscher Gebiete.jpg
基礎データ
全長 6.26 m
全幅 2.16 m
全高 2.56 m
重量 12 t
乗員数 6 名
装甲・武装
装甲 11 mm
主武装 20mm 機関砲 (2cm KwK35 L/45)×1 
副武装 7.92mm MG34機関銃×3
機動力
速度 70 km/h
エンジン Austro-Daimler M612
6気筒ガソリンエンジン
150 hp (111.9 kW)
懸架・駆動 装輪式
行動距離 450 km
データの出典 Encyclopedoa of German Tanks of World War Two (ISBN 4-499-20533-6)
テンプレートを表示

ADGZ装甲車(- そうこうしゃ、M35中型装甲車、M35 mittlerer Panzerwagen)は、第二次世界大戦前のオーストリア陸軍が開発した装輪装甲車である。

概要[編集]

1930年頃に警察国境警備隊向けとして開発が始められ、1933年オーストロ・ダイムラー・ブッフヴェルケ (Austro-Daimler) により最初の試作車が完成した。しかしこれは6輪トラックを改造した、後のADGZとは大きく異なるものであった。

1934年にM612水冷式ガソリンエンジンを搭載し、傾斜装甲で覆われた新しいデザインの試作車が完成、中央の4輪(ダブルタイヤ)が駆動し、前後の4輪は空転しステアリングを切るだけの8輪重装甲車となった。

1938年にオーストロ・ダイムラー・ブッフヴェルケにより27輌が生産され、オーストリア陸軍に引き渡された。これはその後、ダンツィヒ警察で使用された。

1941年に製造元のシュタイアー (Steyr Motors GmbH) 社はナチス親衛隊より25輌の発注を受け、1942年中に引渡した。これらは東部戦線の戦線後方での警備に使用された。

参考文献[編集]

  • Peter Chamberlain, Hilary L.Doyle, Thomas L. Jentz, Encyclopedoa of German Tanks of World War Two, ISBN 4-499-20533-6
  • Walter J. Spielberger: Kraftfahrzeuge und Panzer des österreichischen Heeres 1896 bis heute, Motorbuchverlag, ISBN 3-87943-455-7.

外部リンク[編集]