VK 1602 レオパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
VK 1602 レオパルト
性能諸元
車体長 6.45 m
全幅 3.1 m
全高 2.6 m
重量 21.9 t
懸架方式 ダブルトーションバー方式
速度 55 km/h(整地)
行動距離 165キロ km(整地)
主砲 60口径5cm KwK39/1(50発)
副武装 7.92mmMG42機銃(2,400発)
装甲 車体前面 50 mm
エンジン マイバッハ社 HL 157P
直列12気筒液冷ガソリンエンジン
550 馬力
乗員 4 名
テンプレートを表示

VK 1602 レオパルト (VK 1602 Leopard)は、第二次世界大戦期のドイツで試作された偵察用軽戦車である。

概要[編集]

1941年、II号戦車系列の16t級偵察用軽戦車として開発が始まり、車体はMIAG社、砲塔をダイムラー・ベンツ社が担当した。1943年4月からの量産を予定していたが、試作車が完成する前に開発は中止された。

車体は、今までのII号戦車系のものとは違い、V号戦車パンターのような避弾経始に有効な傾斜した装甲板を組み合わせたものとなった。また、重量21.9tと軽戦車としては重いが、550馬力という高出力と350mmの幅が広い履帯により、整地なら最大60km/hを予定していた。

懸架方式もリーフスプリング方式から、II号戦車L型ルクスと同じダブルトーションバー方式に変更された。

武装は、砲塔に60口径5cm KwK39/1戦車砲同軸機銃として7.92mmMG42機関銃を搭載した。この砲塔は、VK1602の開発中止後に8輪重装甲偵察車Sd.Kfz.234/2 "プーマ"に流用された。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

World of Tanks
ドイツ軽戦車「VK 16.02 Leopard」として開発可能。

参考文献[編集]

  • 「グランドパワー2005年11月号 ドイツ2号軽戦車」 ガリレオ出版
  • 「グランドパワー2010年8月号 ドイツ計画戦車」 ガリレオ出版
  • 「アハトゥンク・パンツァー第7集 I号戦車・II号戦車と派生型編」 大日本絵画
  • 「戦車ものしり大百科 ドイツ戦車発達史」 光人社

関連項目[編集]