ケッチェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケッチェン装甲兵員輸送車のイラスト

ケッチェンGep. MTW Kätzchen)は、第二次世界大戦末期にドイツで製作された装甲兵員輸送車

概要[編集]

1944年から45年にかけ、アウトウニオンは2両の試作車輌を製造した。車体形状はティーガーII戦車のそれと類似していたものの、よりずっと小型だった。この車輌は前方に起動輪を持ち、5個から6個の挟み込み式の転輪を装備し、生産されることのなかったE-25駆逐戦車とおそらく外観上は共通の緩衝装置を用いた。動力はマイバッハHL50エンジンから供給された。

アウトウニオンには、彼ら自身の設計による作業を中止するよう指示がなされ、替わりとしてBMWに、この任務に充てるため、ヘッツァー駆逐戦車の車体を改修する仕事が与えられた。これは(Vollkettenaufklärer 38(t) Kätzchen)と呼ばれている。

参考文献[編集]

  • Chamberlain, Peter; Hilary L. Doyle (1978). Encyclopedia of German Tanks of World War Two. p. 156.