Sd Kfz 221

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Sd Kfz 221とは、1935年から1940年の間に339輌が生産された、ドイツ軍の4輪駆動の軽偵察装甲車装輪装甲車)。ドイツ語では Leichter Panzerspähwagen (MG) Sd.Kfz.221 である。

概要[編集]

東部戦線北部におけるSd Kfz 221。

民間の自動車を改造した暫定的なKfz 13軽装甲車の後継となる、本格的軍用装甲車である。Sd Kfz 222の前身にあたり、これらはホルヒ8DI重兵員輸送車用のバリエーションであるI型シャーシを使用し、4輪または前輪駆動が可能であった。

武装はオープントップの小型銃塔に、初期には7.92mm MG13機関銃、後には7.92mm MG34機関銃1挺と、機関砲を装備したSd kfz 222と比べ非力であった。後に本車の武装を2.8cm sPzB41に換装したものもあり、生き残った車輌は大戦末期まで使用が続けられた。

無線は搭載しておらず、Sd Kfz 222や223とペアを組んで装甲偵察中隊に配備された。 二人乗り。

関連項目[編集]