I号戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
I号戦車
SdKfz101.jpg
I号戦車A型
ムンスター戦車博物館所蔵
性能諸元
全長 4.02 m
全幅 2.06 m
全高 1.72 m
重量 5.4 t
懸架方式 リーフスプリング方式
速度 37 km/h
行動距離 145 km
主砲 7.92 mm MG13k 機関銃×2(通常弾1,525 発+SmK弾625 発+即応弾100 発)
装甲 13 mm
エンジン クルップ M305
水平対向4気筒空冷ガソリン
57 HP/2500 rpm
乗員 2 名(車長兼機銃手、操縦手兼無線手)
テンプレートを表示

I号戦車(いちごうせんしゃ、Panzerkampfwagen I、パンツァーカンプ(フ)ヴァグン アイン(ツ))は、ドイツ第一次世界大戦後、初めて量産した豆戦車(5トン級)である。

訓練および生産技術の習得のための軽量・簡易な豆戦車として開発されたが、本来の実戦用戦車であるIII号IV号の数が揃わず、第二次世界大戦開戦直後のポーランド侵攻作戦など、II号と共に実戦に投入された。

後に、全く別設計の「新型(neuer Art、n.A.、ノイアー・アーチ)」(C型)や「強化型」(F型)も、少数生産された。

重量的に、本車を軽戦車に分類するのも可。当のドイツ自身は、I号戦車を基にした輸出用戦車を、「ライヒター・カンプ(フ)ヴァグン」(「軽戦車」の意)と呼称しているので、I号戦車のことも「軽戦車」と認識していたと考えられる。

開発と生産[編集]

ヴェルサイユ条約によって戦車の開発を禁じられていたドイツだが、戦間期、秘密裏に「WD シュレッパー」「重トラクター」「軽トラクター」などの名称で、自走砲や戦車の試作が行われ、ソビエト連邦カザンの実験場でテストが行われた。しかし、これらはどれも試作の域を出るものではなかった。

一方、軽トラクターの開発とは別に、1927年10月、クルップ社は、後に「L.S.K.」(leichte Selbstfahrkanone、ライヒト・ゼルプストファール・カノーネ、「軽自走砲」の意)と呼ばれる、自走砲のシャーシ(車台)の開発を開始した。リアエンジン・リアドライブ方式、操縦席は前部右側にあった。シャーシ中央に37 mm砲もしくは75 mm砲が置かれ、武装と装甲を含む重量は7.9 tになる予定であった。

1年半に及ぶL.S.K.のコンセプトの議論の後、クルップ社は2輌の試作車の開発製造契約を結んだ。この計画は、軽トラクターの約6ヶ月前に開始されたが、両車はほぼ同時に試験に達した。

L.S.K.の設計は、軽トラクターと同じく、サスペンションの問題に悩まされた。L.S.K.は失敗作に終わったが、リアエンジン方式の自走シャーシの概念は、次の「小型トラクター」(Kleinetraktor、クライネトラクトーア)=La.S.=I号戦車の基礎となった。

1928年、イギリスでカーデン・ロイド Mk.VI 豆戦車(機銃運搬車、牽引車)が開発され、各国に豆戦車ブームを起こした。各国は、従来の軽戦車の下位となる、それまでの兵器体系には無かった新たなカテゴリーである「豆戦車」の、購入・開発・整備に乗り出した。原型のMk.VI自体は1.5 t程度だが、実戦に耐えうるよう、改良を施すと、各国の豆戦車のように3 t程度になった。ドイツもこのブームを無視することはできなかった。

さらに、翌1929年には、「カーデン・ロイド Mk.VIII 試作軽戦車」=「ヴィッカース Mk.I 軽戦車」(実質は豆戦車。全長4.01 m、戦闘重量4.8 t、59馬力のメドウスエンジンを搭載し、路上最高速度48 km/h、武装は旋回銃塔に.303インチ(7.7 mm)重機関銃 1挺)が開発された。実際に完成したI号戦車はこちらに近いと言える。

軽量な車体に(重量に対し相対的に)高出力エンジンを搭載した(出力重量比が小さい)カーデン・ロイド豆戦車/ヴィッカース軽戦車は、クリスティー快速戦車と並んで、1930年代の戦車の高速化に大きな役割を果たしたと言える。

I号戦車の原型である小型トラクターは、そもそも3トン級の豆戦車相当として開発が始まったのであって、ここは重要な点である。I号戦車を軽戦車として捉えると、I号戦車の本質を見誤ってしまう。小型トラクターは豆戦車相当であるがゆえに、軽戦車である軽トラクター(9 t程度)と並行開発がされたのであって、両車はそもそもカテゴリーが異なる(棲み分けがなされている)のである。(フロントエンジン・リアドライブ方式の)小型トラクターは、軽トラクターを補完する、軽トラクターの小型化版として開発されていたと考えるべきであろう。故に、(フロントエンジン・リアドライブ方式の)小型トラクターは、豆戦車ではあるが、カーデン・ロイド系ではない。

また、I号戦車を軽戦車と捉えると、軽戦車であるII号戦車とカテゴリーが重複してしまうが、I号戦車の本質を豆戦車と捉え、II号戦車は開発中止となった軽トラクターの代替(そのポジション・ニッチを埋めるもの)だと考えれば、この両車もカテゴリーが異なる(棲み分けがなされている)わけである。

1930年2月14日、装甲車両の開発を担当する陸軍兵器局第6課は、軽トラクターより小型で製造コストの安い豆戦車を、「小型トラクター」(Kleinetraktor、クライネトラクトーア)の秘匿呼称で開発することを決定し、エッセンのクルップ社に対し開発を命じ、クルップ社ではエーリヒ・ヴォエルフェルト(Erich Wolfert)工学博士を中心に小型トラクターの設計を開始した。

1930年は小型トラクターの仕様の議論に費やされた。当初の仕様では、重量は3 t、60馬力のエンジンを搭載、2 cm機関砲(当時のドイツでは主武装の口径をmmではなくcmで表した)で武装する計画であった。

クルップ社は、1931年4月30日に砲塔の基本仕様書を、5月22日に車体の基本仕様書を、7月28日に戦闘室の基本仕様書を、陸軍兵器局第6課に提出した。

1931年6月24日に完成した小型トラクターのモックアップは、後のI号戦車とは著しく異なっていた。フロントエンジン・リアドライブ方式で(トランスミッションも前方配置)、全長は3460 mm、幅は1820 mm、重量は3.5 t(仕様書)、車体の装甲厚(仕様書)は、前/側面が13 mm、後面が10 mm、上/下面が6 mm、60馬力のクルップ社製水平対向4気筒空冷ガソリンエンジンで45 km/h(仕様書)、路上航続距離200 km(仕様書)。左右30度ずつの射角の2 cm機関砲はケースメイト前面右側に装備された。乗員は、車体後部の戦闘室に、左側前方に操縦手、右側後方に車長兼砲手の、2名であった。足回りは軽トラクターに似ていた。前後に長いことを除けば、後のポーランドTKS 20 mm機関砲搭載型に似ていたと想像される。

※蛇足だが、この小型トラクターのスペックは、後のヴィーゼル1 兵器運搬車(20 mm機関砲搭載型)と近似である。

しかし、L.S.K.と軽トラクターの試験により、フロントエンジン・リアドライブ方式の欠陥が実証され、1931年9月18日、陸軍兵器局第6課のハインリヒ・エルンスト・クニープカンプにより、フロントエンジン・リアドライブ方式での小型トラクターの開発は中止された。同日、リアエンジン・フロントドライブ方式での新しい小型トラクターの仕様が承認された。

ハインリヒ・エルンスト・クニープカンプ(Heinrich Ernst Kniepkamp、1895年3月5日-1977年7月30日)

この頃に、軽トラクターの発注が取り消されたのも、同様の理由だと考えられる。また、駆動方式の問題だけでなく、あたかも、戦艦ドレッドノートの登場のごとく、革新的なカーデン・ロイド豆戦車/ヴィッカース軽戦車の登場により、軽トラクターの設計(特に足回り。路上最高速度もわずか30 km/hと、1930年代の軽戦車としては、もはや遅過ぎる)が瞬く間に、そして既に、時代遅れになってしまっていたことも大きな原因であろう。

(ドイツは、もちろんカーデン・ロイド豆戦車/ヴィッカース軽戦車のことは知っていたが、自国の技術のみで、L.S.K.=軽自走砲や、軽トラクター=軽戦車や、小型トラクター=豆戦車を開発しようとしたものの、足回りの開発が巧くいかず、自国技術を疑っていたクニープカンプは、イギリスからの技術導入を早くから提案していた。数年間に及ぶ自国技術のみでの開発の試みが挫折して、ようやく開発方針が変更されたわけである。)

1931年交通兵監部総監のオズヴァルト・ルッツドイツ語版英語版)や、同兵監部主席参謀のハインツ・グデーリアンらによって将来の陸軍機械化構想がまとめられた。この構想では15トン級の主力戦車や、20トン級の支援戦車の2種が戦力の柱と位置づけられていたが、その開発にはなお長い時間が必要になると予想されたため、それまでの「繋ぎ」として、訓練用、生産技術習得を兼ね、軽戦車の開発が行われることとなった。そこで、クルップ社で開発中であった、小型トラクターに白羽の矢が立った。

クニープカンプのかねてよりの提案により、開発の参考用として、イギリスヴィッカース・アームストロング社に、同社製軽戦車(ホルストマン・サスペンション導入前の、ヴィッカース Mk.I 軽戦車)と類似の足回りを持つ、3輌の軽トラクターが、1輌目は1931年11月10日、2輌目は1932年9月12日、3輌目は同年10月11日に発注され、シリアルナンバー VAE 393・406・407 の各車が輸入された。1932年1月、VAE 393はクンマースドルフ試験場に到着した。

1932年5月5日、クルップ社は陸軍兵器局第6課に、新しい小型トラクターの基本仕様書を提出し、試作車1輌の製造契約が結ばれた。

1932年7月29日にクルップ社が完成させた、新しい小型トラクターの試作車台(試作1号車)は、イギリス製車両の設計(特にリーフスプリング・サスペンション)の影響を色濃く受け継いだものとなった。それは、イギリスの技術が混在した、小さなL.S.K.のような外見であった。

新しい小型トラクター(クライネトラクトーア)の最初の試作車台。上部支持輪が片側2個

ヴィッカース軽戦車系の足回りを模倣した新しい小型トラクターは、必然的にシャーシ(車台)も、足回りに適合したサイズとなった。

足回りに規定されることで、新しい小型トラクターの車体サイズは、それまでの豆戦車サイズから、軽戦車サイズへと、サイズアップすることになった。

具体例で示すと、ヴィッカース Mk.I 軽戦車の全長は4.01 m、I号戦車A型の全長は4.02 mである。この近似は偶然ではなく、Mk.Iの足回り(片側)の配置は、前方から、起動輪-転輪2個-転輪2個-誘導輪、の計6個(上部支持輪除く)なのに対し、I号戦車A型は、起動輪-独立制衝転輪1個-転輪2個-転輪1個-接地誘導輪、の計6個(同)と、(配置型式は異なれど)同数である。故に、各車輪の大きさや間隔が両車で同じくらいだとすると、シャーシの全長も同じくらいになるのは、当然のことであろう。

この車体サイズの拡大は、自走砲車台としての改造の余地を生み出し、I号戦車の兵器としての後々の延命を可能とした。

1932年8月15日から、クンマースドルフ試験場にて、小型トラクターの試作1号車の走行試験が開始された。

同年9月28日、小型トラクターの試作1号車と輸入軽トラクターとの比較走行試験が実施され、小型トラクターは路上最高速度40 km/hを発揮し、「カーデン・ロイド豆戦車よりも機動性が優れている」という評価を受けた。

試験の結果を基に、陸軍兵器局第6課は、1932年9月~1933年2月の間に、クルップ社に様々な改良を要求した。

1933年3月20日、陸軍兵器局第6課は、軟鋼製の増加試作車として、クルップ社に試作第2号車の、続いて同年5月10日、試作第3~6号車の、製造を発注した。

1933年7月1日、陸軍兵器局第6課から、主にクルップ社の他、技術習得のために、グルゾン製作所(クルップ社の子会社)、ヘンシェル社、MAN社、ラインメタル社、ダイムラー・ベンツ社の5社を含む、計6社に対し、小型トラクター150輌(1ゼーリエ)(Serie=英語でのシリーズ(series)にあたる)の生産が発注され、クルップ社が135両、他の5社が各3両ずつ、担当することになった。

小型トラクターの砲塔と戦闘室の設計は、クルップ社とダイムラー・ベンツ社の競作となり、ダイムラー・ベンツ社の設計案が採用され、2ゼーリエから搭載されることになった。

1933年12月から、車体上部構造物が無い車台のみの訓練用車輌(1ゼーリエ)の生産が始まり、続いて1934年7月から、戦闘室・砲塔を持つ戦車型(2ゼーリエ)の生産が開始された。なお、「1ゼーリエ」は「I号戦車A型」には含まれない。また、「2ゼーリエ」=「I号戦車A型」の生産は、上記5社によって行われ、開発メーカーであるクルップ社は加わっていなかった。

ヴェルサイユ条約によってドイツは戦車の生産を禁じられていたため、連合国に戦車であることを察知されないように、秘匿のため、「農業用トラクター」(Landwirtschaftlicher Schlepper、ラントヴィルトシャフトリッヒャー シュレッパー、略号:La.S.)の偽装名称が、生産期間中は使用され続けた。

当初は、「機関銃装甲車」(Maschinengewehr Panzerwagen、マシーネンゲヴェーア パンツァーヴァグン)と呼ばれたが、1936年4月の再軍備宣言後に、Sd.Kfz.101の特殊車輌番号とともに、「I号戦車A型」(Panzerkampfwagen I Ausf. A、パンツァーカンプ(フ)ヴァグン アイン(ツ) アウス(フ) ウンク アー)の制式名称が与えられた。

※ドイツ語の「Punkt」(プンクト)は「.」(点、ドット)を意味するが、繋げて読むと、前後の「p、プ」と「t、ト」をほとんど発音しないので、「ウンク」と聞こえる。

1936年6月までに、818輌のI号戦車A型が生産された。

I号戦車A型の各面装甲厚

I号戦車A型は、開発メーカーであるクルップ社製トラック用の改良型である空冷水平対向エンジン(57馬力)を搭載。

車体構造は当時の主流であったリベット接合ではなく、溶接で組み上げられていた。

MG13k機関銃(I号戦車の初期生産型は銃身長が短縮されていないMG13機関銃を装備)を左右並列に連装で装備する回転砲塔(砲は搭載されてないので、正確には銃塔である)は戦闘室の右寄りに搭載され、戦闘室左側に乗員乗降用の水平二分割式のハッチを設けていた。砲塔(銃塔)前面には左右並列に上開き式のバイザーがあった。

砲塔(銃塔)内部には、砲塔後部下端から吊り下げられた車長兼機銃手用の座席が設けられていた。右側に砲塔(銃塔)旋回ハンドル、左側に機関銃の俯仰ハンドルがあった。右手で操作する旋回ハンドルの回転円盤には、通常の棒状ハンドルの代わりに、ピストルグリップが付いており、トリガーガードとトリガーからなる、人差し指で引く方式の右側機関銃の撃発装置が付いていた。左手で操作する俯仰ハンドルの回転円盤には、通常の棒状ハンドルの代わりに、左拳で握るT字型ハンドルが付いており、人差し指で引く方式の左側機関銃の撃発装置が付いていた。これらにより、旋回・俯仰操作をしながらの、左右機関銃の、同時もしくは別々の射撃が可能であった。左右のMG13kは前後にずらされていた。左右のMG13kの間には望遠鏡式照準器があった。MG13kは、ベルト給弾方式ではなく、25発入りバナナ型マガジンによる給弾方式なので、継続射撃能力は劣っていた。各MG13kの左側面にはマガジンが、右側面には薬莢入れが付いていた。各MG13k自体にも通常のMG13と同じく、ピストルグリップが付いており、トリガーガードとトリガーからなる、人差し指で引く方式の撃発装置が付いていた。

弾薬は、7.92x57mmモーゼル弾で、通常弾が25発入りマガジン61個分の1,525発、SmK弾(鋼芯徹甲弾)が25発入りマガジン25個分の625発の、計2,150発を車内各部のマガジンラックに収納していた。他に機関銃に取り付けてある分など即応弾が100発、計2,250発を積載していた。

足回りは参考としたヴィッカース社製トラクターのリーフスプリングを用いたボギーを踏襲していたが、4つの転輪を持つヴィッカース・トラクター(最後尾転輪が誘導輪を兼ねる)に対し、負荷の掛かる最前部にコイル・スプリングで独立懸架した転輪を追加、最後尾の誘導輪を兼ねる転輪は大径化し、さらに2組のボギー外側に補強用のガーダービームを追加した。履帯は高マンガン鋼製、シングル・ドライピン式スケルトン・タイプで、形状はヴィッカース社製ほぼそのままのコピーだった。

I号戦車は、容積の問題から砲塔内に収容できなかったので、車体内戦闘室右前部(操縦手の斜め右前方、車長の足元前方)に、電撃戦の要である無線機(Fu.2受信機もしくはFu.5送受信機、通常はFu.2受信機)を、標準装備として備えていた。受信機は操縦手が無線手を兼任して操作した。各車は、戦闘指揮を専門とする「I号指揮戦車」の指示に従って、部隊全体で統一行動を行った。戦闘室の右前方に、起倒式の無線アンテナがあった。

車長と操縦手は車内では伝声管を通じてやり取りをした。

I号戦車B型。パリでのパレードに参加した武装親衛隊の車両

生産されたI号戦車A型は早速部隊配備され、再軍備宣言をしたナチス・ドイツの軍事力をアピールする役を果たしたが、運用上では、エンジンの出力不足や過熱問題、走行安定不良などの問題点が浮上した。これらを解決するため、小型指揮戦車用に開発された、マイバッハ製エンジンを搭載した延長車体が戦車型にも採用されることとなった。

クルップ社とダイムラー・ベンツ社によって開発された、延長車体のI号戦車は、当初、従来型の「クルップ型 1A 農業用トラクター(1A La.S. Krupp)」に対し、「マイバッハ型 1B 農業用トラクター(1B La.S. May)」の秘匿名称が与えられていたが、後に「I号戦車B型」(Panzerkampfwagen I Ausf. B、パンツァーカンプ(フ)ヴァグン アイン(ツ) アウス(フ) ウンク ベー)の制式名称となった。

I号戦車B型は、A型では接地していた誘導輪を独立させて持ち上げ、転輪を1つ追加、同型の転輪2つずつをボギーで支える形式となった。これに伴い、上部転輪も1つ追加された。マイバッハ製水冷エンジンNL38TR(100馬力)への変更に伴い、機関室は前後に延長され形状も変化したが、車体前部、戦闘室、砲塔はごく細部の仕様変更を除き、基本的にそのままとされた。I号戦車B型は、A型の最終シリーズと並行して、「5aゼーリエ」「6aゼーリエ」として生産に入り、1935年8月から1937年6月にかけて675輌が生産された。「I号戦車B型」の生産は、上記6社からクルップ社とラインメタル社を除いた、グルゾン製作所、ヘンシェル社、MAN社、ダイムラー・ベンツ社の4社によって行われた。

戦史[編集]

I号戦車は本来、訓練と戦車生産技術の習得を目的としたものだったが、その目的のためでさえ小型軽量に過ぎ、時をおかず II号戦車の開発が行われることとなった。

再軍備宣言後の軍事パレードや1938年オーストリア合邦で大々的に使用されたほか、1936年以降、実戦評価テストを兼ねて100輌がスペイン内戦に送られた。また、より本格的な戦車の数量不足から、第二次世界大戦においても特に緒戦時に多用された。開戦時にはドイツ陸軍の装備する戦車のおよそ半数が、I号戦車によって占められていた。

その脆弱さはスペイン内戦ですでに露呈しており、緒戦時の戦場であれ本格的な戦闘は無理だったが、ポーランドデンマーク・ノルウェー侵攻フランスバルカン戦線 (第二次世界大戦)バルバロッサ作戦北アフリカ戦線など、ドイツ軍の主だった戦場すべてで使用された。砲を持つ敵戦車や対戦車砲に対抗できず大きな損害を出したが、III号戦車やIV号戦車が充足されるまで前線で使われ続けた。後には後方警備や本来の訓練用途、弾薬運搬車などの改造車両のベースとなった。改造の際に撤去された銃塔は要塞のトーチカに流用されている。

中華民国に輸出されたA型(1937年6月に15輌が到着)は、訓練不十分なまま、一か月後に始まった日中戦争に投入され、南京防衛戦に使われた。この際、日本軍によって、4輌が鹵獲された。鹵獲された車体は、クルップ軽戦車または独国一号戦車の名称で陸軍技術本部に送られ、溶接車体や駆動部、機関銃の装備状態が調査された後、昭和14年頃に靖国神社で展示された。ただし、ドイツとの国交を考慮して、「ソビエト製の鹵獲戦車」として展示された[1]。その後、37 mm砲(形式不明)に対する抗堪性射撃試験の標的に用いられた。

中国国民党軍のI号戦車A型には、三色迷彩が施され、車体前面と背面に3桁の識別番号が、車体側面に中国国民党シンボルマークが、描かれた。内には、主武装をソ連のDT-29に換装した車両も存在した。

バリエーション[編集]

Technische Daten der Versionen des Panzer I
A型 B型 C型 (VK.6.01) F型 (VK.18.01)
0主な特徴
重量 5,4 t 6,0 t 8,0 t 20 t
全長 4,02 m 4,42 m 4,19 m 4,38 m
全幅 2,06 m 1,92 m 2,64 m
全高 1,72 m 1,94 m 2,05 m
乗員数 2
生産期間 1934-1936 1935-1937 07-12/1942 06-12/1942
生産数 818 675 40 30
武装 2 x MG 13k (7,92 mm) 1 x MK EW 141 (7,92 mm)
1 x MG 34 (7,92 mm)
2 x MG 34/3 (7,92 mm)
搭載弾薬 1,525発
装甲
前面 13 mm / 27-63° 30 mm / 20-80° 80 mm / 20-80°
側面 13 mm / 70-90° 20 mm / 82-90° 50 mm / ~ 90°
後面 13 mm / 50-75° 20 mm / 30-75° 50 mm / 14-75°
上面 6 mm / 0-50° 10 / 0° 25 mm / 0°
底面 6 mm / 0° 10 mm / 0° 25 mm / 0°
砲塔前面 13 mm / 80° 30 mm / 80-90° 80 mm / ~ 90°
砲塔防盾 13 mm / 曲面 30 mm / 曲面 80 mm / 曲面
砲塔側面 13 mm / 68° 20 mm / ~ 70° 50 mm / ~ 70°
砲塔後面 13 mm / 68° 20 mm / ~ 70° 50 mm
砲塔上面 8 mm / 0° 10 mm / 0° 25 mm / 0°
諸性能
エンジン クルップ M 305
水平対向4気筒
空冷
マイバッハ NL 38 TR
直列6気筒
水冷
マイバッハ HL 45 P
直列6気筒
水冷
出力/回転数 57 PS / 2,500 100 PS / 3,000 150 PS / 3,800 150 PS / 3,800
排気量 3,460 cm3 3,790 cm3 4,678 cm3 4,678 cm3
変速機 (前進/後進) 5 / 1 6 / 1 4 / 1
出力重量比 10,6 PS/t 16,7 PS/t 18,8 PS/t 7,1 PS/t
最高速度 37 km/h 40 km/h 65 km/h 25 km/h
燃料搭載量 144 l 146 l
航続距離 145 km (整地)
100 (不整地)
140 km (整地)
115 (不整地)
300 km (整地) 150 km (整地)
キャタピラ幅 28 cm 28 cm 39 cm 54 cm
接地圧 0,40 kg/cm2 0,42 kg/cm2 0,84 kg/cm2 0,46 kg/cm2
クリアランス 29 cm
I号戦車A型
Panzerkampfwagen I (MG) Ausf. A, (Sd.Kfz.101)
初期型。エンジンはクルップ社製のM305(空冷水平対向4気筒57馬力)を搭載。
I号戦車A型 ブレダ20 mm機関砲搭載型
Panzer I Breda
I号戦車A型は、スペイン内戦で実戦参加するが、共和国派の装備するT-26軽戦車やBT-5に歯が立たたず、4輌がイタリア製のブレダM35 20 mm対空機関砲を搭載するように、砲塔を嵩上げして、改造された。改装は1937年夏、セビリャのFábrica de Armas(兵器工廠)で行われた。
I号戦車B型
Panzerkampfwagen I (MG) Ausf. B, (Sd.Kfz.101)
出力不足であったクルップ社製空冷エンジンからマイバッハ製のMaybach NL38 TR(水冷直列6気筒100馬力)に換装、変速機も変更した型。これに伴い機関室が40 cm延長され、転輪もA型の4組から5組に増やされた。接地していた後方誘導輪の位置もこれ以降の戦車と同様に上方に移された。
I号戦車C型
I号戦車C型
Panzerkampfwagen I (MG) Ausf. C, VK.6.01
A・B型とは全く別設計の偵察型。開発はクラウス・マッファイ社。上部構造物はダイムラー・ベンツ社、砲塔はヴェクマン社が製造した。元々は3 tの車体に100馬力のエンジンを搭載した路上最高速度80 km/hの高速豆戦車(I号戦車の原型である小型トラクターへの先祖返りとも言える)として、1937年に開発が始まったが、最終的に8 tになってしまった。偵察の他、空挺戦車としての用途が考えられたが、時機を逸し(また、重量が増えすぎたからか)、空挺作戦に用いられる事は無かった。強力なエンジン、クロスドライブ式変速装置、トーションバー・サスペンション、オーバーラップ転輪、を持ち、増加試作車では路上最大速度65 km/hの高速を発揮した。一見、II号戦車同様の20mm機関砲を装備しているように見えるが、本車特有の7.92mm EW141半自動対戦車銃である。使用弾薬7.92x94 mm、銃身長1,085 mm、銃口初速1,170 m/sのEW141は、距離300 mで30 mm厚の均質圧延鋼板を貫徹可能であった。1941年7月に「I号戦車新型」(Panzerkampfwagen I n.A.、パンツァーカンプ(フ)ヴァグン アイン(ツ) ノイアー・アーチ)の公式呼称が与えられ、後に「I号戦車C型」(Panzerkampfwagen I Ausf. C、パンツァーカンプ(フ)ヴァグン アイン(ツ) アウス(フ) ウンク ツェー)の制式呼称が与えられた。1939年9月には既に開発は完了していたが、生産は後回しにされ、1942年7月~12月に40輌が生産され、1943年に部隊配備、実戦を経験した後、訓練用に回された。
I号戦車F型
I号戦車F型
Panzerkampfwagen I Ausf. F、パンツァーカンプ(フ)ヴァグン アイン(ツ) アウス(フ) ウンク エフ, VK.18.01
前面80mmの重装甲歩兵支援型。これもA・B・C型とは全くの別設計で、フランスマジノ線を攻略する際の、砲撃をひきつける囮役として開発された。開発は、C型と同じく、クラウス・マッファイ社。上部構造物と砲塔はダイムラー・ベンツ社が製造した。1939年11月に開発が始まり、1940年6月に試作車が完成。フランス戦には間に合わなかったが、1942年4~12月に30輌が生産され、半数はII号戦車J型(同時期に同目的で開発されたI号F型とII号J型は、部品を共用している)と共に、東部戦線で使用された。現在もセルビアベオグラード軍事博物館に実車が残っている。「Minenknacker、ミーネンクナカー」(「地雷破砕車」の意。意訳すれば「地雷処理車」)のニックネームがある。

派生型[編集]

I号戦車A型弾薬運搬車(ゲレート35)
I号戦車A型弾薬運搬車(ゲレート35)
Munitionsschlepper auf Panzerkampfwagen I Ausf. A (Sd.Kfz.111) , Gerät 35
戦車連隊の装備で、同じ部隊の戦車への弾薬補給を目的とする車両。砲塔の無いA型の開口部に大型のハッチが取り付けられており、後の改造型弾薬運搬車とは異なる補給専用に作られた新造車両である。開戦時から大戦中期まで用いられた。
I号a型/b型弾薬運搬車
Munitionsschlepper Ia , Ib、ムニッチオーンツシュレッパー
1942年春、部隊配備から外されたI号戦車の砲塔を撤去し、代わりに鋼製の箱型上部構造物を載せ、キャンバス製カバーで上面を覆った改造型装甲弾薬運搬車。翌年には残存するI号戦車全てをこのように改造する命令が出されたが、砲塔を外しただけで新造した構造物の無い物もあった。このような改造はその後、旧式化した戦車や鹵獲した軽戦車でも行われるようになり、余った砲塔は要塞陣地のトーチカに流用された。同様にA型から砲塔を撤去しタンカを載せた野戦救急車型もあった。
I号戦車A型架橋車
Brückenleger、ブルックンリーガー
A型ベースだが、サスペンションが貧弱なため実用性に劣り、後にII号戦車ベースのものに発展。
I号戦車B型爆薬設置車
Ladungsleger、ラドンツリーガー
車体後部にスロープを付けて後方に爆薬を落としていくタイプと、後方に突き出した車内からワイヤーで操作できるアームの先の箱から爆薬50 kgを投下できるものがあった。
I号整備作業車
Instandsetzungskraftwagen、インシュタントゼッツォンツクラフトヴァグン
上部構造物を撤去したI号戦車B型で、整備中隊用。
I号指揮戦車、フレームアンテナ付きに改修されたタイプ
I号指揮戦車
Kleiner Panzerbefehlswagen, (Sd.Kfz.265)、クライナー パンツァーベフィルツヴァグン
戦車隊の指揮用装甲車両。内部に余裕のないI号戦車A型の砲塔を撤去して小型の上部構造物を載せ、無線送信設備を追加した物が6両作られ、次いで車体上部全体を大型構造物に変更したB型が184両生産され、専任の無線手1名を搭乗させる内部空間ができたことで、乗員も計3名に増やされた。後にフレーム式アンテナを増設した物もある。戦車型のB型の延長型車台は、元々本車用に新規に開発されたものである。
砲塔を撤去したために武装がなくなったが、代わりに前面にボールマウント銃架を設けて自衛用の機銃を1挺装備している。
無線機はFu.6送受信機もしくはFu.8送受信機を装備。
主力が「III号戦車」に移ると、指揮戦車も「III号指揮戦車」にとって代わられた。不要となったI号指揮戦車は砲兵観測車両や連絡車両などに転用された。
I号自走重歩兵砲
I号自走重歩兵砲
15 cm sIG 33 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf. B
B型に15 cm sIG 33重歩兵砲を搭載したもの。
I号3.7 cm対戦車自走砲(PaK 35/36)
3,7 cm PaK 35/36 L/45 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf. A
砲塔を撤去したA型車台に、PaK 35/36 45口径 37 mm対戦車砲を、車輪と砲脚を除いて、シールドごと搭載したもの。ポーランド戦などで対戦車・対人攻撃に活躍。
I号対戦車自走砲
I号4.7 cm対戦車自走砲
4,7 cm PaK(t) (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf. B
砲塔を撤去したB型車台に、チェコのシュコダ社製43.4口径 1936年型 47 mm対戦車砲(47 mm K.P.U.V. vz.36)を、車輪と砲脚を除いて車載型に改造した物を、シールドごと搭載したもの。42口径50 mm戦車砲搭載のIII号戦車G型が登場するまでの繋ぎとして貴重な対戦車戦力として活躍。
I号5 cm対戦車自走砲(PaK 38)
5 cm PaK 38 L/60 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf. B もしくは Panzerjäger IB mit PaK 38 L/60
砲塔を撤去したB型車台に、PaK 38 60口径 50 mm対戦車砲を、車輪と砲脚を除いて、シールドごと搭載したもの。現地改造車両。
I号7.5 cm対戦車自走砲(PaK 40)
7,5 cm PAK 40 L/46 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf. B もしくは Panzerjäger IB mit PaK 40 L/46
砲塔を撤去したB型車台に、PaK 40 46口径 75 mm対戦車砲を、車輪と砲脚を除いて、シールドごと搭載したもの。現地改造車両。ベルリン戦に参加。
I号7.5 cm対戦車自走砲(StuK 40)
7,5 cm StuK 40 L/48 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf. B もしくは Panzerjäger IB mit StuK 40 L/48
砲塔を撤去したB型車台に、III号突撃砲用のStuK 40 48口径 75 mm突撃砲を剥き出しで搭載したもの。現地改造車両。ベルリン戦に参加。その外見は、I号戦車の原点であるL.S.K.を彷彿とさせる。
I号対空戦車
2 cm Flak38 auf Panzerkampfwagen I Ausf. A
アルケット社でA型の砲塔と車体上部を撤去し、操縦席を前進させるなど改造。開口部にH鋼で作った台座を置き、そこに2 cm Flak 38対空機関砲を搭載したもので、乗員は5名(または装填手2名と測的手を加え8名)。24両が生産され、やはりI号戦車A型から改造された同数の弾薬運搬車型(「ラウベ」と呼ばれた)、中隊本部のI号戦車と共に、3個中隊からなる第614対空大隊(自動車化)を編成した。
1941年9月から実戦配備されたが、当時の東部戦線では制空権がドイツ側にあったため、むしろ水平射撃による歩兵支援に活躍した。しかし1942年冬、スターリングラード方面で装備を全て失い、解隊された。
III号戦車砲塔並びに木材ガス発生装置搭載 I号戦車
Panzer I Ausf. A(もしくはAusf. B) mit Panzer III Türm und Holzgasgenerator
A型の車体にIII号戦車の車体上部と砲塔と燃料節約のための木材ガス発生装置を搭載した教育用戦車。B型ベースの車両も存在。1942~43年頃。
木材ガス発生装置搭載 I号火炎放射戦車
Pz.kpfw I Ausf. A Holzgas Flammenwerfer、(略)ホルツガース フラマンヴェアファー
A型の車体に火炎放射器と木材ガス発生装置を搭載した火炎放射戦車。木材ガスは、火炎放射器の燃料ではなく、エンジンの燃料である。ベルリン戦(1945年4月16日~5月2日)で、ドイツ軍が即興の車両を投入。武装は Flammenwerfer klein verbessert 40 (または 41) (最大12回放射可能)。車体側面に木板の簡易装甲が貼ってある。

輸出戦車計画[編集]

I号戦車の開発に成功したことで、クルップ社は、1930年代後半に、外国への販売を目的とした一連の軽戦車と中戦車を開発することが可能となった。1936年5月、L.K.A.-「外国向け軽戦車」-を開発するというアイディアが初めて表明された。

以下全て(M.K.A.は除く)、クルップ M311 空冷V8ガソリンエンジン(85 hp/2,500 rpm)を搭載。

L.K.A. 1(L.K.A.)
I号戦車を基にした輸出用戦車。L.K.A.は、「Leichter Kampfwagen (für) Ausland」(ライヒター・カンプ(フ)ヴァグン・アウスラン(ト)、外国向け軽戦車)の略。1938年2月に最初の試験車両「L.K.A. 1 Versuchsfahrzeug」(フェアズーフス・ファールツォイク、試作車両)が完成。I号戦車の原型・試作車(プロトタイプ)だと誤解されることがある。
I号戦車との大きな違いは足回りで、片側が、前方起動輪、中型転輪4個、上部支持輪2個、後方誘導輪からなっていた。転輪は、I号戦車の物よりわずかに大きく、2個ずつが一組となってリーフスプリングで繋がっていた。I号戦車にはあった転輪最前部の衝撃吸収用の独立した転輪は無かった。I号戦車にはあった転輪側面のガーダービームは、L.K.A.には無かった。後方誘導輪は、I号戦車と異なり、地面スレスレの低い位置に付いていたが、ギリギリ地面と接してはいなかった。これにより後方誘導輪付近では履帯下面が斜め上に持ち上がっていた。これは平坦な路上(良道)では地面と接することなく、履帯の接地面積を減らすことで、摩擦抵抗を小さくし、旋回性能や速度を上げる効果があった。起伏の大きい路外(悪路)では自然に地面と接することになり、履帯の接地面積が増えるので、機動力が向上した。
L.K.A. 2(2 cm L.K.A.)
L.K.A.に、砲塔を改修して、KwK30 2 cm機関砲を搭載したタイプ。1938年5月、唯一のプロトタイプが完成。II号戦車の原型・試作車(プロトタイプ)だと誤解されることがある。
2 cm K.A.v.
2 cm L.K.A.の装甲増厚タイプ。重量は最大7 t、正面装甲は最大30 mmまで増加可能。計画のみで放棄。
L.K.B. 1(L.K.B.)
I号戦車を基にしたブルガリア向け輸出用戦車。L.K.B.は、「Leichter Kampfwagen (für) Bulgarien」(ライヒター・カンプ(フ)ヴァグン・ブルガーリアン、ブルガリア向け軽戦車)の略。
L.K.B. 2
I号戦車を基にした輸出用戦車。1938年2月までにL.K.B.1を改造して製作。足回りを改良、後方誘導輪が少し持ち上がっている(路上では接地しない)。
L.K.B. 3
I号戦車B型を改造したスウェーデン向け訓練用戦車。1937年9月までに1両改造。上部構造の代わりにバラストが設置された。スウェーデンは取引を拒否。
2 cm L.K.B.
L.K.B.に、KwK30 2 cm機関砲を搭載したタイプ。砲塔は2 cm L.K.A.の物と同じ。計画のみ。
M.K.A.(4.5 cm K.A.v.)
Mittlerer Kampfwagen (für) Ausland(ミットラハー・カンプ(フ)ヴァグン・アウスラン(ト)、外国向け中戦車)の略。L.K.A.やL.K.B.と同じく、クルップ社が開発した輸出用中戦車。III号戦車あるいはIV号戦車の原型・試作車だと誤解されることがある。
1937年6月時点の仕様では、重量 12トン、エンジン出力 180~200馬力、最高速度 40 km/h、装甲厚 最大25 mm、武装 45 mm砲1門と機関銃2挺、乗員 4名。
1937年10月9日、陸軍兵器局は自軍の最新戦車と同じ技術が使われていることから本車を輸出しないことを決定したが、1938年2月、クルップ社は独断で開発を続行。1939年以前に、車体・砲塔・砲の、基本構成要素は完成し、1940年10月までに組み立てられて1輌が完成。試験において良好な結果を得た。
クルップ社が開発した50口径45 mm半自動戦車砲を搭載。初速750 m/s。距離1,000 mで、90度の角度の40 mm厚の装甲板を貫徹する。車体装甲厚は正面25 mm、側面18 mm、砲塔装甲厚は正面25 mm、側面16 mm。230馬力のマイバッハHL 98エンジンを搭載。車体前方機関銃と同機銃手は無い。

登場作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ 藤田昌雄『もう一つの陸軍兵器史 知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態』 光人社 2004年 ISBN 4-7698-1168-3

参考資料[編集]

  • 佐藤光一、「特集:ドイツI号軽戦車」、『月刊グランドパワー2000/4号』、ガリレオ出版
  • 尾藤満ほか、『アハトゥンク・パンツァー第7集 I号戦車・II号戦車と派生型編』、大日本絵画、2003
  • Peter Chamberlain, Hilary Doyle, 『ENCYCLOPEDIA OF GERMAN TANKS OF WORLD WAR TWO - 月刊モデルグラフィックス別冊・ジャーマンタンクス』、大日本絵画、1986

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

L.S.K.(ライヒト・ゼルプストファール・カノーネ)の完成想像図

I号戦車の開発の参考となった、VAE 393 軽トラクター。足回り(片側)の配置は、前方から、起動輪-転輪2個-転輪1個-接地誘導輪、の計5個。新しい小型トラクター(I号戦車A型)の足回りは、これに独立制衝転輪を1個足したものと言える。

I号戦車A型 ブレダ20 mm機関砲搭載型

I号7.5 cm対戦車自走砲(StuK40)

III号戦車砲塔並びに木材ガス発生装置搭載 I号戦車

木材ガス発生装置搭載 I号火炎放射戦車

L.K.A. 1(L.K.A.)

L.K.A. 2(2 cm L.K.A.)

L.K.B. 1(L.K.B.)

L.K.B. 2

L.K.B. 3

M.K.A.(4.5 cm K.A.v.)

I号戦車の砲塔内部